顎がカクカクする症状をスプリント療法で解決!

今回は、顎が痛い・顎がカクカクする方の治療法をご紹介します。

1.顎の症状セルフチェック
2.スプリント療法とは
3.スプリント療法の流れ

1.顎の症状セルフチェック

顎が下記のような症状に悩まされている方は、顎関節症の可能性が高いです。

・顎がカクカクする
・口が開きにくい
・咀嚼する時、顎がパキパキ音がする
・あくびをすると顎が外れることがある

顎関節症が現れることが多いのは、一般的に出っ歯といわれる、II級咬合の方です。

II級咬合の方は、奥歯で噛んだ時に、上の歯が下の歯を覆い、下の歯が見えなくなってしまいます。
前歯にもかかるはずの力が全部奥歯にいってしまうため、歯にヒビが入ったり、顎が痛くなってしまいます。

この場合の治療の選択肢は、2つあります。

1)矯正治療
2)スプリント療法

このうち、今回はスプリント療法について、詳しく説明します。

2.スプリント療法とは

スプリント療法とは、自分専用のマウスピース(スプリント)を作成し、装着する治療です。
顎の動きを測定して、一番安定する噛み合わせの位置でマウスピース(スプリント)を作成し、症状を改善していきます。
顎への負担軽減と、歯への直接的な負担を軽減します。

3.スプリント療法の流れ

キャディアックス療法は、次の流れで行います。

1)キャディアックス検査

現在の顎の位置と動き方、顎関節の症状を確認するために検査します。
キャディアックス検査を行うことで、治療のゴールが明確となり、適切な診査診断を行えるようになります。
これは、矯正を始める際にも行う検査です。

2)筋触診

顎の位置が正しい位置にない場合、顎を支えている筋肉に支障をきたしてしまうため、筋肉が痛くなることがあります。
筋触診では、筋肉の痛みの有無を確認する検査です。
スプリントを装着し、4分後→1日後→2日後→4日後…と日を追って筋触診を行い、痛みのチェックを行います。

3)型取り

自分専用のマウスピースを作成するため、型取りを行います。
検査データをもとにスプリントを作成します。
基本的に、マウスピース(スプリント)は下顎で作成します。

4)完成

スプリントが完成しました。

昼夜問わず、食事時以外は装着します。
素材も硬く、少し厚みがあり、装着後は違和感が少しありますが、慣れてきます。
写真の状態が、理想の正しい噛み合わせのゴールです。
スプリントを装着することで、見えていなかった下の歯が見えるようになります。

5)経過チェック

筋触診、顎関節症状のチェックを行います。
日にちを追って、症状の有無を診ていきます。
表の(+)が書いてあるところが、筋肉の痛みがあった部分です。

顎がカクカクする症状など、食事の時にストレスを感じていませんか?
顎関節症でお悩みの方はぜひ一度当院へご相談ください!

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.仕上げ磨きしようとしても口を大きく開けるのが痛いようです。

  2. 7月 歯科衛生士勉強会【2022.7.26】

  3. Q、歯のつけ根が白濁しているような…。歯磨きしてもとれないけど、これって何でしょうか?

アーカイブ
TOP