オーストリア・ウィーン Medical University of Vienna 7月23日(月)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

講義、最終日です。
今日は、キャディアックスの最終確認デモです。
今回の患者役は、ニランジャンです。
自分の汗がマシーンにつくと嫌だと言って、ヘッドレストカバーを被って登場しました。
2012-07-25 16.11.07.jpeg
午後からは、前回とったディッピーの精密検査を基にレクチャーしてもらいました。
写真、X線写真、セファロX線、模型、咬合器付着、キャディアックス、
ブラキシスチェッカー、バイトワックス、、、様々な資料から診査、診断していきます。
2012-07-25 16.11.16.jpeg
ディッピーはいつも右の舌を噛んでしまう、、、のが主訴です。
噛み合わせの模型は、必ず後ろから舌側から診ます。
今回の第2モジュールのポイント


1、卒業論文のタイトルを決定する事

2、MFTを歯科衛生士とシステム化させる事

3、次回の第3モジュールまでに顎関節の患者さん含めてしっかりとした資
  料取りをすること

4、その資料取りを基に、12月の歯科医師勉強会でプレゼンテーションし
  て、オーストリアンナソロジーの基礎をチームですり合わせする事

5、セファロ分析をシステム化させる事

6、キャディアックスの購入を前提に考える事

7、Dr.Ken Tajimaへの質問をまとめる事

8、栗林歯科医院の診療を顎関節を考えた安全な治療にもっていく事













オーストリア・ウィーン Medical University of Vienna 7月22日(日)

カテゴリー:勉強会、セミナー , 理事長ブログ 投稿者:

 2012-07-25 16.01.43.jpeg

シュラビチャック教授のセファロ分析の講義を受けました。
今までは、矯正の患者さんだけセファロ分析(顔全体のX線写真)が必要と思っていましたが、補綴(被せもの)にも重要なのだと認識しました。
2012-07-25 16.02.15.jpeg


このような患者さんが来られたらどうしますか?

肩のライン、首から下までのラインが曲がっています。
では、噛み合わせの状態は??
2012-07-25 16.02.03.jpeg


大事なのは、歯科医師としてしっかりと仕事をすること。


1本の歯だけを診るのではなく、全体を考えた上で診査、診断する事の大事さを学びました。
講演者が、関係ないですが、ニューヨーク・ヤンキースのイチロー選手にすごく似ていました。。。
イチロー選手の本は何冊か読まさせて頂きましたが、あの記者会見はしっかりと考えられてコメントされてるな〜と感じました。
頑張って欲しいです。
栗林歯科医院の理念であります
包括的な診療を目指します
を実現させるために、オーストリア・ウィーン大学に留学しています。
帰国後は、しっかりと社員に情報をシェアーしてシンプルにシステム化してどんな歯科医師でも簡単に包括的診療が出来るようにしていくのが僕の目標でもあります。
頑張ります!!