歯科の歯ぐきの検査時に聞こえる2・3・2の数字って何?

今回は、歯科の検診についてご紹介します。

歯ぐきをチクチク検査している時に、数字が聞こえてきたことはありませんか?
これは、「歯周ポケット」の深さをチェックして、歯周病の進行度を診ています!

〈歯周ポケットの深さと進行度〉
0〜3mm …正常値
4〜6mm …中度の歯周病
6mm以上…重度の歯周病

表側と裏側で「左・真ん中・右」のそれぞれ3ヶ所、合計6ヶ所の検査をします。
それぞれの深さを「2・3・2」「3・3・3」のように検査しています。
歯周ポケットは数字が小さいほど、良い数値です。

検診後にお渡しをしているデータには、歯周ポケットの深さや、歯ぐきが出血してしまった場所などが分かります。

普段の歯みがきで、バイ菌がうまく取れていない部分が、むし歯や歯周病などの病気の進行につながります。

むし歯・歯周病はバイ菌が原因なので、栗林歯科医院では、患者様の口腔内の健康を目指して、

・バイ菌量→15%以下
・出血量→10%以下
に向けて、患者様一緒に頑張っています。

歯の予防のことを知って、予防への意識がアップしてくださったら嬉しいです!

歯ぐきから出血しやすい方は、ぜひ検診結果を見て、歯周病になっている部分がないかチェックしてみてくださいね!

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.矯正で歯が動く理由は?

  2. 無意識に歯ぎしり・食いしばりをしているサインはこれ!!

  3. Q. 加齢による口臭対策はありますか?

アーカイブ
TOP