Q.矯正治療中に時々歯がしみるのは、むし歯でしょうか?

今回は、矯正中の歯がしみる症状についてご紹介します。

A.主にむし歯・歯周病・噛み合わせが原因で、以下の内容で起こることがあります。

1)むし歯が神経まで進行する

むし歯になると、バイ菌によって歯が壊されてしまい、神経に近い象牙質が出た状態だとしみることがあります。
その場合は、むし歯治療が必要になることがあります。

2)歯ぐきの炎症がある

歯と歯ぐきの間に歯周病菌が溜まると、炎症を引き起こし、歯ぐきが腫れてきます。
この炎症があると、歯がしみやすくなります。
その場合は、歯周病治療が必要になることがあります。

3)歯が動いているためしみる

矯正治療中は、少しずつ歯が動いています。
その状態で今まで噛んでいなかった部分で噛んだり、歯が当たったりすると歯が揺さぶられて歯がしみることがあります。
※歯が動いている場合は病気ではありません

むし歯や歯周病にならないよう、矯正中は必ず1ヶ月に一度、歯科医院で調整とチェックを行いましょう!

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.矯正で歯が動く理由は?

  2. 無意識に歯ぎしり・食いしばりをしているサインはこれ!!

  3. Q. 加齢による口臭対策はありますか?

アーカイブ
TOP