Q.マウスピース矯正で一番大変なことって何?

A.マウスピースを22時間装着することです!

マウスピース矯正は歯みがきや食事の時間を除き、1日20〜22時間装着が必要になります。

装着時間を守らないと、歯が治療計画通りに動かなかったりするため、面倒でも装着時間を守ることが大切です。

ワイヤー矯正の場合は、ワイヤーやブラケットなど固定式装置を用いるため、自分で取り外すことができません。

一方で、マウスピース矯正の場合は、マウスピースと歯にアタッチメントと呼ばれる歯を動かす補助をする突起のみのため、自分のタイミングでマウスピースを外せます。

そのため、装着時間を守るなどの自己管理が重要となります。

装着時間を守らないと、下記の3つの問題が起こります。

1.理想の噛み合わせにならない
2.矯正治療の進みが遅くなる
3.長時間外している間に歯が動いてしまうと、装着の際に少し痛みを感じる

お出かけの時は外してしまおう、とマウスピースを外してしまう患者様も多いので気をつけましょう!

当院には、矯正経験者や矯正治療中のスタッフも多く在籍しています!

治療中のことや、食事、口腔ケアなど、お気軽に聞いてくださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. 歯科衛生士勉強会【2024.5.27】

  2. Q.フッ素のppmって何?

  3. 歯科衛生士勉強会【2024.5.22】

アーカイブ
TOP