Q.タバコは歯周病になりやすくなるって本当?

A.タバコは歯周病のリスクを高めると言われています

詳しくは、下記でご紹介します。

とある統計データによると、喫煙者の歯周病にかかるリスクは

・1日10本以上吸っていると5.4倍
・10年以上吸っていると4.3倍
歯周病になりやすく、重症化しやすいそうです。

理由は、タバコの煙に含まれる「一酸化炭素」や「ニコチン」の影響で血管が収縮して、歯ぐきの腫れや出血が見た目では抑えられ、進行していても気付きにくくなるためです。

その状態だと、

1)患者さん自身が歯周病に気づきにくい
2)治療を始めても歯ぐきが戻りにくい
3)「ヤニ」という形で歯の表面に残り、歯の表面がザラザラしてバイ菌が付きやすくなる

という影響が出ます。

歯周病は、放置したままだと痛みがなく進行していき、歯を支える骨が溶けて歯がグラグラし、最終的には抜歯となる、とても怖い病気です。

タバコを吸われる方は、非喫煙者の方に比べて歯周病リスクが高くなりやすいので、3ヶ月に1回の歯科医院のメインテナンスで、お口の状態をチェックしてもらいましょう。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.質の良い良い睡眠をとる方法は?

  2. 多保学先生が栗林歯科医院をご卒業!

  3. Q.入れ歯を入れたロバがいたって本当?

アーカイブ
TOP