Q.歯垢(プラーク)ってどのくらい汚い?

A.歯垢(プラーク)1gの中には、約1000億個のバイ菌がいます。

今回は、歯垢(プラーク)がどのくらい汚いか、ご紹介します。

歯垢(プラーク)は、むし歯・歯周病・口臭の原因となるバイ菌の塊です。
うんち1gより、歯垢(プラーク)1gの中にいるバイ菌の方が数が多いという、とても汚いものです。
(奥田克爾 著 / 続 史上最大の暗殺軍団デンタルプラークより)

また厄介なことに、この歯垢(プラーク)は、口をゆすいだり、うがいをした程度では取れません。

※歯垢(プラーク)について詳しくはこちら

歯垢(プラーク)は、2〜3日で石灰化して歯石へと変化し、除去するのがより難しくなります。
その前に、歯みがきで物理的に落とすことが必要です。

また、しっかりと歯垢(プラーク)を落とすためには、染め出し液でバイ菌を「見える化」して歯みがきをすることが大事です!

染め出し液を使用することで、染まった部分のバイ菌を落とせば良いので、効率的に歯みがきが行えて、歯みがきの時間短縮も可能です。

プラークチェックジェルBR(小)
(価格の目安 税込¥330)

プラークチェックジェルBR(大)
(価格の目安 税込¥1,320)

磨き残しが減ると、むし歯・歯周病の予防ができる、良い循環になります。
また、3ヶ月に1回は、歯科医院で検診を行い、歯ブラシだけでは取りきれないバイ菌を歯科医院で落とし、歯を守りましょう。

※むし歯・歯周病の予防方法について詳しくはこちら

染め出し液は、当院の受付で購入できるので、ぜひメインテナンスの際に、一緒に購入してみてくださいね!

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.6月の調理で一番気をつけることは?

  2. Q.歯石は歯医者で取れる?

  3. Q.筋肉をつけるための食事って?

アーカイブ
TOP