忙しい人・妊娠前・スポーツをしている人は早く親知らず抜歯をしよう!

今回は、忙しい人・妊娠前の人、スポーツをしている人こそ、親知らずを抜歯した方が良い理由をご紹介します。

1.忙しい人が親知らず抜歯した方が良い理由
2.妊娠している人が親知らず抜歯した方が良い理由
3.スポーツしている人が親知らず抜歯した方が良い理由

1.忙しい人が親知らず抜歯した方が良い理由

忙しい時は、人は免疫力が下がります。
歯と歯の間にバイ菌が溜まり、炎症が起こった状態で免疫力が下がっていると、その部分が疼いてしまいます。

同じように、歯ブラシが届かないところにある、親知らずの歯ぐき部分に炎症が起きていた場合、免疫力が下がった繁忙期に疼きやすくなります。

親知らずに溜まったバイ菌は自分でコントロールできないため、歯科医院での処置が必要になります。

お仕事が忙しいくなる前に、上記の内容が起こらないよう、予防として先に抜歯することをおすすめしています。

2.妊娠している人が親知らず抜歯した方が良い理由

妊娠中の女性は、エストロゲンという女性ホルモンが増えます。
エストロゲンが増えると炎症がより強くなり、歯周病になりやすくなる、という状態になります。

歯と歯ぐきの間にバイ菌が溜まると、より一層腫れやすくなります。
妊娠中は、母子の影響を考え、可能な限り外科処置や薬を服用しないことが望ましいです。

妊娠中は、妊娠の慣れない環境でのストレスもある中、親知らずも痛くなってしまったら大変です。
妊娠中の薬の服用とストレスを避けるため、その予防としての抜歯をおすすめしています。
(もし、万が一、妊娠中に親知らずが痛くなった場合は、妊娠中期に抜くか、薬を服用し様子見るかという対処療法になります)

3.スポーツしている人が親知らず抜歯した方が良い理由

スポーツは、噛み合わせが大事です。
体力勝負の仕事ですが、体力がなくなると、免疫力が下がります。

歯と歯の間にバイ菌が溜まり、炎症が起こった状態で免疫力が下がっているとその部分が疼いてしまう、という症状になります。
同じように、歯ブラシが届かないところにある、親知らずの歯ぐきの部分に炎症が起きていた場合も同じです。

噛み締めることができないと、スポーツのパフォーマンスが下がるため、スポーツをされる方は、大事な試合の前に抜くことが多いです。

緊張すると体力が奪われ、免疫が下がってしまうので、パフォーマンスを十分に発揮するための予防として、抜歯をおすすめしています。

それぞれ忙しい時期や大事な時期がありますが、その前の予防として抜歯することが大切です。

時間の余裕がない時に、歯が疼いてしまっては大事なことにも集中できません。
ぜひその前に、一度歯科医院にご相談くださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. 部分入れ歯のメリット・デメリットを知ろう!

  2. Q.歯医者のCTって何が分かるの?

  3. Q.舌の動きが原因で歯並びが悪くなるって本当?

アーカイブ
TOP