舌がハートになっていませんか?

お子さんや、ご自身の舌がハート型になっていませんか?
今回はハート型の舌の問題と治療方法についてご紹介します。

1.舌がハートになっている原因
2.舌小帯短縮症の治療方法

1.舌がハートになっている原因

ハート型の舌は舌小帯短縮症と言います。

舌がハート型になっている原因は、舌小帯という舌の裏側と、口の底をつなぐヒダが極端に短いためです。
ヒダが短いと舌の運動が制限されて、舌を前に出すとハート型になります。

舌小帯が短いことにより、舌足らずになるなど発音に影響したり、食事に支障をきたすことがあります。
また、舌がお口の中の下に停滞するので、開咬・受け口という噛み合わせになったりしてしまうこともあります。

口を最大限開けて、舌が上顎につかないと、舌小帯が短い可能性があります。

2.舌小帯短縮症の治療方法

治療方法は、舌のトレーニング(MFT)を行ったり、舌小帯切除を行い、舌が動ける範囲を広げたりして、状態の改善をします。

当院の舌のトレーニング(MFT)は、矯正患者さん中心に行っています。(最大18回・110,000円(税込))
※初診料は別となります

MFTについて詳しくはこちら

また、舌小帯切除を行うと、ハート舌が改善します。
(舌小帯切除は保険適用で3,000円程度です)

舌小帯が短く、舌足らずになってしまっていたり、お悩みがある方は、まずはご相談からお待ちしています!
お気軽にご相談くださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. 11月歯科衛生士勉強会【2022.11.22】

  2. 11月TC勉強会【2022.11.17】

  3. 管理栄養士による離乳食教室開催のお知らせ

アーカイブ
TOP