歯の中で特にムシ歯になりやすいところはどこですか?

乳歯の場合

2歳頃まで:上の前歯
2〜3歳頃まで:上の前歯の間(①②の部分)

3歳以降:奥歯の噛む面と歯と歯の間(③④の部分)

幼若永久歯とは生えて間もない6歳臼歯のことを言います。
歯の表面が十分に硬くなっていないので、生えている最中が一番むし歯になりやすいと言われています。

永久歯の場合

①小窩裂溝(噛む面にある溝)
②歯頸部(歯茎の境目)
③上顎最後臼歯(上の一番後ろの歯)
にむし歯が出来やすいと言われています。

むし歯にならないためには、日頃の歯みがきと高濃度フッ化物配合の歯みがきをし、予防することが大事ですです!
小児の場合は、乳歯や生えはじめ歯のから仕上げ磨きをすることで、むし歯予防になります!
また、歯みがき+3ヶ月に1回の定期検診を受けましょう!!

ご不明な点がありましたら、いつでも歯科衛生士にお尋ね下さい!

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.仕上げ磨きしようとしても口を大きく開けるのが痛いようです。

  2. 7月 歯科衛生士勉強会【2022.7.26】

  3. Q、歯のつけ根が白濁しているような…。歯磨きしてもとれないけど、これって何でしょうか?

アーカイブ
TOP