毎日のケアが効率的に!歯医者で学ぶ歯みがきの仕方

今回は、毎日のケアが効率的に行えるようになる、歯みがき指導(TBI)についてご紹介します。

大人になってまで歯みがき指導って必要?と思われる方もいらっしゃると思います。
歯ブラシ指導は、歯科衛生士から「1人1人の歯並びに合った歯みがきの内容」をお教えすることです。

歯磨き指導でどんなことを行うか、歯磨き不足の見た目も一緒に見ていきましょう!

1.歯みがき指導(TBI)でレクチャーすること
2.歯みがき不足の見た目って?

1.歯みがき指導(TBI)でレクチャーすること

歯並びは1人1人個性があり、全く違います。
一口に歯みがきと言っても、何通りもの方法があります。

例えば、歯周病の患者さんで、歯と歯の間に隙間がある場合、歯ブラシを使っても歯の隙間の歯垢(プラーク)を完全に除去することはできません。

当院では、歯科衛生士がその方に適した歯ブラシの方法をレクチャーしています。

歯みがき指導で実際に、歯科衛生士からレクチャーすることは下記の内容です。

・お口のバイ菌の量を測る(BOP・PCR)
・その人の歯並びにあった歯の磨き方(凸凹した部分の磨き方・磨く力の強さなど)
・その人に合った歯ブラシの選び方(毛のかたさ・毛先の形状など)
・歯みがきの補助器具のご提案(フロス・歯間ブラシ・タフトブラシなど)

歯磨き指導はまず、お口の中のバイ菌の量を測ります。
目標値はバイ菌の量が15%以下です。
15%以下になると、病気(むし歯・歯周病)になりづらくなります。
当院では、バイ菌の量が15%以下になるように、歯科衛生士が歯みがき指導をします。

最後に、機械を使ってお口の中をクリーニングしてバイ菌・歯石・着色を取り、歯みがき指導は終了です。

2.歯みがき不足の見た目って?

歯磨き不足かどうかは、染め出しを行うとすぐ分かります。
それがこちらです。

当院では、染め出し液プラークチェックジェルBRをおすすめしています。
この染め出し液の特徴は、バイ菌が2色に分けて染まるところです。
紫色と青色に染まっているのが、磨き残したバイ菌です。
※染め出し液は当院でも販売しているので、ご興味がある方はスタッフにお声掛けくださいね

色の違いは、

・付着して数分後の新しいバイ菌は紫色
・72時間以上、付着してから時間が経ったバイ菌は青色

です。

このバイ菌が残らないよう、歯科衛生士が、みなさんの歯みがき指導をしています。
バイ菌を残してしまうと、むし歯・歯周病の原因となってしまいます。

歯みがきは、自分の健康を守ることができる大切な習慣です。
染め出しを使うと、実際にバイ菌が目で見ながら確認できるので、おすすめです。
「日本歯科大学歯周病学講座」でも推奨されている方法なので、ぜひ試してみてくださいね!

実際に歯みがき指導を受けた方で、お口の中の環境が改善された方はたくさんいます!
ご興味があったら、ぜひ当院に一度お越しください!

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.仕上げ磨きしようとしても口を大きく開けるのが痛いようです。

  2. 7月 歯科衛生士勉強会【2022.7.26】

  3. Q、歯のつけ根が白濁しているような…。歯磨きしてもとれないけど、これって何でしょうか?

アーカイブ
TOP