コロナに負けるな!知って得する中学生でもわかる免疫学

みなさんこんにちは。歯科医師の大原です。

新型ウイルスが現在ものすごい勢いで流行しています。

たくさんの情報が飛び交う中、ウイルスや細菌学を習ったことがない人にとってウイルスに関連する情報は正しいかどうかを判断するのは難しいと思います。

そこで今回は「中学生でもわかる免疫学」をテーマにコロナ対策についてお伝えしていきます。

 

〜 中学生でもわかる免疫学 〜

  1. 感染はどうやって起こる?
  2. どうやって体は守られる?自然免疫のお話
  3. 自然免疫 → 獲得免疫
  4. 抗生物質と抗ウイルス薬の違い
  5. これが新型コロナウイルス対策

 


1. 感染はどうやって起こる?

 

1

皮膚は死細胞である角質が覆っています。角質は細菌・ウイルスの侵入を防ぐ役割を持っています。

 

2

しかしながら、粘膜は食べ物を吸収したり、酸素を取り入れたりするために角質がありません。

粘膜は異物の侵入を防ぐために粘液を出し、繊毛という毛のような構造を表面に出して異物を洗い流しています。

そして、鼻水として体外に出したり、胃で胃酸によって殺菌しています。

 

4

喉が乾燥すると喉を覆っている粘液が少なくなり、細菌やウイルスが侵入しやすくなってしまいます。

そのため喉を乾燥させないことは感染を防ぐ上でとても重要です。

冬場の乾燥した時期にインフルエンザが流行りやすいこともこれが原因の一つとして考えられます。

 

5

皮膚が傷ついたりして角質のバリアを突破したり、粘液のバリアを突破した細菌たちは細胞外で増殖します

 

6

細菌は細胞の外で増殖しますが、ウイルスは細胞内で増殖します。

ウイルスは細胞のレセプターに付着して細胞内に侵入し、自身の遺伝子を細胞の遺伝子に組み込むことで増殖します。そして出芽し、近くの細胞へとまた感染が広がるのです。

 

 


 

2.どうやって体は守られる?免疫の話

 

7

体を守る免疫には2種類あります。

一つは自然免疫。どのような細菌・ウイルスが侵入した時にも最初に起こる免疫です。

もう一つは獲得免疫。初めての感染から数日間経ってからおこる免疫です。

 

8

まず最初に異物が侵入した際には細胞と細胞の間に潜んでいるマクロファージや血液中に多くいる好中球は細胞間に入ってきて異物を認識し破壊します。

 

9

 

マクロファージが細菌を食べるとシグナルを出して血液中の好中球を呼び寄せます。

 

10

血管内皮細胞に隙間が大きくできることで、好中球や水分が組織の中に入っていき、その部分は腫れたり、熱を持ったりします。

細菌を食べた好中球はエネルギーを使い果たし残骸となります。これが膿です。

11

細胞の中に入ってしまったウイルスには好中球などは手出しができません。

ナチュラルキラー細胞は異常のある細胞を認知し、それを破壊してくれます。

その時、細胞の表面に出ているウイルスの形を記憶し、他にも同じ異常のある細胞を破壊していきます。

 

 


 

3. 自然免疫から獲得免疫へ

 

12

異物を取り込んだマクロファージや樹状細胞は末端の組織からリンパ節へ移動し、未熟な免疫細胞(後のヘルパーT細胞)に異物の情報(抗原)を提示します。

 

14

情報を受け取った未熟なヘルパーT細胞は2種類に分化・増殖します。

一つはウイルス・寄生虫感染などで活躍するヘルパーT細胞①(Th1)

もう一つは細菌感染で活躍するヘルパーT細胞②(Th2)です

 

15

ヘルパーT細胞①は末端の組織へ移動し、マクロファージを活性化したり、キラーT細胞を活性化します。

活性化したマクロファージは直接異物を取り込み

活性化したキラーT細胞はウイルスや寄生虫に感染した細胞やガン細胞などの異常のある細胞を破壊していきます。これが細胞性免疫です。

ウイルスは細胞の中で増殖するので細胞性免疫が主役になります。

 

16

17

ヘルパーT細胞②(Th2)は抗原に対する抗体を持つB細胞を形質細胞へ変化させます。

形質細胞は抗体を大量生産することができます。

B細胞の一部はメモリーB細胞として次に感染した際にすぐに抗体を産生する過程に入れるように保存されます。

 

抗体には4つの機能があります。

18

①オプソニン化:抗原に対して抗体がつくと好中球に食べられやすくなります

 

19

②中和作用:ウイルスにくっつくことで細胞内への侵入を防ぐことができます

 

20

③凝集作用:複数の異物を吸着して粘液・繊毛に流されやすくします

 

21

④補体活性作用:炎症を引き起こす補体というものがひっつくようになり、免疫細胞を引き寄せたり、細菌を破壊したり、発熱したりといった作用があります。

 

22

2回目以降の感染ではマクロファージなどの抗原提示をしなくても、1回目の感染で抗体を作ったメモリーB細胞が抗原を認識して形質細胞へとすぐに変化します。

これによってすぐに抗体が作られ、好中球などの免疫細胞が活性化します。

 

23

しかし、初めての感染では抗体が作られるまでには数日間かかるため、マクロファージやナチュラルキラー細胞といった自然免疫が重要な役割を担います。

24 25

 


 

4. 抗生物質と抗ウイルス薬

 

26

抗生物質は細菌の

①細胞壁を合成阻害

②細胞膜を合成阻害

③DNA・RNAを合成阻害

④タンパク質を合成阻害

といった作用で細菌の繁殖を妨害します。

 

人体が持つ構造と遠いほど細菌にのみ選択的な毒性を持つため、細胞壁を合成阻害する抗菌薬は、人体への毒性が低いものが多いです。

 

27

しかしながらウイルスには細菌の持っている特性がありません。

そのため抗生物質は全くウイルスに効きません。

 

29

抗ウイルス薬はウイルスの侵入後、増殖~細胞の外に出るまでのどこかを妨害する薬です。

免疫細胞が作った抗体は侵入前の吸着を妨害します。

 

30

インフルエンザ等のワクチンは不活化ワクチンと呼ばれるものです。

ウイルス表面の成分だけを取り出し、それを体内に投与することで異物としてマクロファージなどに取り込まれ、免疫細胞へ抗原提示されて、抗体が作られます。

ウイルスの増殖を直接抑える作用はないため、すでに感染している人に摂取しても全く効果はありません。

 


 

5.新型コロナウイルス対策!

 

31

そもそもコロナウイルスというのはありふれた風邪ウイルスの一種です。

通常の風邪の15~20%はコロナウイルスが原因とされています。

通常のコロナウイルスは上気道の粘膜に付着しやすいため鼻水、鼻づまり、くしゃみ、喉の痛みなどの症状が出やすいです。

 

32

新型コロナウイルスは表面性状が異なり、肺の粘膜に付着しやすい構造に変化しています。そのため通常のコロナウイルスより肺炎になりやすいことがわかっています。

また、インフルエンザウイルスよりも鼻水に多く検出され、飛沫感染、接触感染(飛沫を触った手による感染)が多く起こりやすいと考えられます。

 

現在のコロナウイルスの問題点は

33

があります。

 

現在できる対策としては

34

①自然免疫を鍛える(ウイルスの感染を防ぐ)

35

②感染リスクを避ける(ウイルスに出会わない)

36

③手指消毒・マスク(ウイルスの侵入を防ぐ・拡散を防ぐ)

これが最も大事になります。

ほとんどの感染が、手についたウイルスで口や目や鼻に触ることで起こると言われています。

手指消毒を徹底すること、マスクを着用することでウイルスに触れる機会が激減します。

 

④ピークを抑える・抗ウイルス薬/ワクチン開発を待つ

 

 上のような対策を通じて、終息を待つ・ピークを抑えることが現在できることです。

将来的には風邪ウイルス・インフルエンザと同じ扱いになると考えられます。

 

2009年に流行した新型インフルエンザは現在も流行していますが、現在のコロナウイルスのように扱われていません。

 

これはワクチンが開発されたこと、抗ウイルス薬が存在することだけでなく、社会的に順応したことが要因と考えられます。

ちなみに現在のインフルエンザワクチンには従来と新型の両方の成分が含まれています。

コロナウイルスもいずれワクチンができると考えられています。

 

⑤おまけ(期待)

スクリーンショット 2020-04-01 15.36.12

もしかしたら歯医者さんに通うことがウイルス対策になるという研究が発表されるかもしれません

 

以上が今回お伝えしたかった「〜中学生にもわかる免疫学〜」からの新型コロナウイルスへの対策でした。

今回の内容はInstagramで動画配信予定しています。ぜひご覧ください!
スクリーンショット 2020-04-01 15.53.41

 

 

 

 

◆栗林歯科医院 公式LINE始めました!

治療に関するご相談、ご予約はLINEメッセージからも承ります。
お気軽にお問い合わせください。

公式LINEの友達追加はこちら↓

https://lin.ee/8eeSWd

◆公式Instagram始めました!
お口に関する情報を配信しています。
是非、覗きにきてください!

栗林歯科医院公式アカウントのフォローはこちらからお待ちしております↓

https://www.instagram.com/kuribayashishikaiin_official/channel/?hl=ja


絶対に虫歯になりたくない貴方へ送る6つの知識

「絶対に虫歯になりたくない貴方へ送る6つの知識」

こんにちは。栗林歯科医院 歯科医師 大原です。

今回は虫歯の原因・治療法・対策について少し詳しくお話ししたいと思います。


スクリーンショット 2020-01-06 10.48.10

目次 

1. なぜ虫歯になる? 

2. 虫歯ができやすい・できにくい人の違いは? 

3. 虫歯のレベル(CO~)

4. 虫歯レベルによる治療法 

5. なぜ虫歯の手前で歯が白くなるの?

6. 歯石除去の必要性  

 


 

1、なぜ虫歯になる?

虫歯の原因は細菌です。

唾液中にはたくさんの細菌が潜んでいます。 唾液中の虫歯菌は歯の表面に付着し、糖分を餌にグルカンと呼ばれるネバネバ成分を作ることで歯に強く付着します。

さらに、糖分を餌に酸を産生することで歯が溶かします。 初期の段階ではエナメル質の表面下が溶けるため、穴はあいていません。

しかし溶けるのが進行すると表面のエナメル質が噛む力などの外力に抵抗できなくなり、穴があきます。

スクリーンショット 2020-01-06 10.48.26

 

一度穴があくとそこは歯ブラシが届かない凹みとなり、細菌を除去することが出来なくなり、歯磨きをしても細菌は残り、どんどん穴が深くなっていくため削って穴を埋める必要があります。

スウェーデンのアクセルソン博士による6年間の虫歯の発生を調べた研究では

虫歯治療を全て終えて1年に1回検診を受けた群は

虫歯治療とセルフケア指導を受けて3ヶ月に1回メインテナンスをした群

70倍虫歯が発生したという結果になりました。

スクリーンショット 2020-01-06 10.48.35

 

きちんと1年に1回検診を受けても虫歯の発生は防げないこと、全ての虫歯を治療し終わっても数年で虫歯になる、治療は虫歯の発生を防がないという研究結果は衝撃的なデータとして世界中に知れ渡りました。

自己流のブラッシングでは必ずどこかに磨き残しが出来てしまい、そこが虫歯になってしまうことから定期的に歯科医院で磨き残しの確認と除去をすることが勧められます。

 

現在できる虫歯の一番の対策は歯科医院に行って歯磨き指導を受け、毎日歯磨きをして3ヶ月ごとに定期検診を受けることでしょう。

 


 

  2、虫歯ができやすい・できにくい人の違いは?

虫歯になりやすいかどうかのリスク評価に ①唾液中の細菌の量  ②唾液の質(歯を守る力)  ③食習慣 があります。 

スクリーンショット 2020-01-06 10.48.46

①虫歯の菌は酸を出すことで歯を溶かします。唾液中の細菌の量が多い人は菌が歯に付着しやすかったり、酸を出す菌の数が多いため、虫歯になりやすいと考えられます。

②唾液には細菌が出す酸を中和する能力や、食渣を洗い流す作用、抗菌作用、再石灰化作用などがあります。中でも酸を中和する能力が低い人は長時間歯が溶けることになり、虫歯になりやすいと考えられます。

③食事中とその直後は歯が溶けている時間が必ずあります。食事の回数が多い方、食事時間が長い方、糖分を多く摂取する方は歯が溶けている時間が長くなるため、虫歯になりやすいです。

これらのリスクは唾液検査を行うことで、評価することができます。 栗林歯科医院では唾液検査を行い、患者さんそれぞれにあった虫歯対策を指導させていただいています。

 


 

3、虫歯のレベル(CO~) 

  虫歯のレベルは歯の構造のどの部分まで進行しているかによって分類されます。 進行状況は目でみるだけでは確実な判断ができないことが多いため、触診やX線検査や症状などから判断します。

 スクリーンショット 2020-01-06 10.49.05スクリーンショット 2020-01-06 10.49.16

 

CO:初期虫歯。表面下が溶け、色が健康な歯質とは異なるが穴は空いていない状態。

C1:エナメル質に限局する虫歯。初期虫歯が進行し、エナメル質表面に穴が空いた状態。

C2:象牙質にまで達する虫歯。水がしみたり、甘いものがしみたりなどの症状が出ることがある。

C3:歯髄にまで達する虫歯。何もしなくても痛みが出ることがある。

C4:根っこのみ残っている虫歯。神経は死んでおり、噛まないため、痛くないことが多い。

 

初期のC1から初期のC2に進行するまでに8年(中央値)、初期のC2から象牙質の真ん中まで進行するのに3年かかる(中央値)という研究があります。初期の進行自体は遅いですが、進行するにつれて進行がはやくなることからも、早期発見は重要です。

 


 

4、虫歯レベルによる治療方法

どのレベルの虫歯でも必ず何故虫歯になったのか原因を検討し、原因除去である歯磨き指導・生活指導を行い、その後治療を行います。

CO:フッ化物塗布を行い、再石灰化を期待します。

C1:虫歯の部分を全て削り、CR充填(プラスチックの詰め物)やメタルインレーの作製を行います。

C2:虫歯の部分を全て削り、CR充填やメタルインレーの作製を行います

C3:症状がある場合、神経を取る処置(抜髄)をまず行い、痛みをとります。ない場合は生活指導後に神経をとる処置を行います。神経を取る処置を行った後は数回根の管の清掃・拡大を行い、土台を立てて被せ物を製作します。

C4:基本的には抜歯となってしまうことが多いです。残す場合もクラウンレングスニングなどの外科的な処置が必要となることが多いです。

 

このように虫歯のステージによって治療の内容、回数は変わってきます。 目で見ただけでは進行度合いは分からないことが多いです。探針で触ったり、レントゲンを撮影したり複数の検査を行って診断します。

スクリーンショット 2020-01-06 17.16.25スクリーンショット 2020-01-06 10.49.27

 


 

5、なぜ虫歯の手前で歯が白くなるの?

歯の表面はエナメル小柱と呼ばれる柱状の構造が密集・整列しています。それが酸によって溶かされることで小さな穴が空いたように変化します。

光の屈折率が健全な歯質と変わり、光の乱反射が起こり透明感が消え、白っぽくみえます。 これは気泡がたくさん含まれた氷が白く見えるのと同じ原理(ミー散乱)です。

スクリーンショット 2020-01-06 10.49.40

フッ化物塗布やフッ素入り歯磨剤を使用することによってこれらは再石灰化し、白濁を元に戻すことが出来ます。

フッ化物を取り込んだ歯は以前の歯よりも溶けにくいことがわかっているため積極的に使っていきたいところです。

虫歯は出来るだけ早期発見することが今ある歯を残すことにつながるため、定期的に歯医者さんでチェックしてもらうと良いでしょう。

 


 

6、歯石除去の必要性

細菌がつくり出したグルカンが長時間堆積し、唾液や歯肉溝液中のカルシウムが結合することで固まったものを歯石といいます。

歯石自体に病原性はありません。しかし表面がとても粗造なため、新たな細菌付着の足場となり、歯周病の進行に強く関与します。

歯周病は一般の方には勘違いされがちですが、「歯茎が腫れて出血する」だけのことではありません。

歯周病は、歯の周りに細菌が繁殖することによって歯茎の下にある歯を支える骨が溶ける病気です。

スクリーンショット 2020-01-06 10.50.13

そして、一度進行すると現在の医療では骨を元の位置に戻すことは不可能です。そのため歯を抜くしかなくなるのです。

プラークが一度歯石になると歯ブラシでの除去は困難となるため、歯科医院にてスケーリングなどの物理的な除去が必要になります。

歯石がついている間は痛みなどの症状が出にくく、歯周病自体も症状が出てきにくいため、かなり進行してから歯が揺れるようになったり、歯根が露出し、知覚過敏の症状が出ます。

 


 

これらの要因から栗林歯科医院ではメディカルトリートメントモデルに基づいて検査・治療を行い、終了後は3ヶ月に1度、定期検診を受けることを推奨しています。

医療法人社団 栗林歯科医院

歯科医師 大原裕太

oc983b309dd4f018db079b467dfc47596_4620693218541404203_191203_0017

 

 

 

 

栗林歯科医院 公式LINE始めました!
治療に関するご相談、ご予約はLINEメッセージからも承ります。
お気軽にお問い合わせください。

公式LINEの友達追加はこちら↓

https://lin.ee/8eeSWd

 


1日8人しかみない歯科医院

こんにちは。栗林歯科医院 歯科医師 大原です。

今回は他院と比べた栗林歯科医院の特徴、栗林歯科医院が大事にしていることについてお話しします。

 

世の中には様々なスタイルの歯科医院があります。

・土日もやっている歯科医院

・夜間もやっている歯科医院

・治療をすぐに行う歯科医院

・検査をしっかりと行う歯科医院

などなど色々な歯科医院があり、自分が行こうとしているクリニックはどういうクリニックなのかホームページ等を見ても分からないことが多いと思います。

人は分からないことに対して不安・恐怖を抱く生き物ですから、今回は栗林歯科医院がどのような歯科医院なのか、何を大事にしているのかを皆さんが不安なく治療を受けれるように紹介していきたいと思います。

 

目次

1.1日8人しかみない歯科医院

1−1. 診療時間の使い方

1−2.  1日8人しかみない歯科医院の特徴

 

2. 栗林歯科医院が行なっていること

2−1. はじめて来院される場合

2−2. 治療計画に基づいた治療

2−3. 治療後のメインテナンス

 

3. 治療計画があることによる3つのメリット

3−1. 治療のゴールを見える形で提示することができる。

3−2.専門医の意見・他の先生の意見を治療に取り入れることができる。

3−3. 患者さんが完全に納得した上で治療を受けることができる。

 

 

 

1.1日8人しかみない歯科医院

 

1−1. 診療時間の使い方

栗林歯科医院では完全予約制をとらせていただいており、1人の患者さんに対して十分な時間をとり、診療を行っています。初めての患者さんには必ず1時間の診療時間を設けて問診・検査・清掃を行ない、診療後に治療計画を立てます。

※状況に応じて急患対応も行っております。

 

1−2. 1日8人しかみない歯科医院の特徴

 

①1人の患者さんを丁寧に診ることができる。

②虫歯・口腔粘膜の異常の見落とし等が少なくなる。しっかりと全体を見てほしいという要望にお応えできる。

③清潔な環境を整えることができる。

④待ち時間がほぼない・少ない

⑤治療期間を短くすることができる

⑥詰め物の種類・治療内容について様々な選択肢を提示できる

 

大学病院などの専門的な機関はほとんどが並列診療を採用していません。

海外では1人に2~3時間の治療時間を設けているところも多いそうです。

本来、検査を行ない、診断をし、治療計画を立て、治療を行うにはそれくらい時間が必要なのです。

 

では、日本の歯科医師は自分の治療をしてもらう時にどうしているでしょうか?

多くの歯科医師は診療時間外や休日に診療をしてもらいます。

その一番の理由は治療を行う歯科医師が治療を受ける自分だけに集中できる環境・十分な時間が整うためです。

それは患者様の診療も同じである方がいいと栗林歯科医院は考えています。

栗林歯科医院では保険診療を主体として行なっていますが、1日平均8−12人の診療人数で、並列で他の患者さんを診る診療は原則行なっていません。

 

2. 栗林歯科医院が行なっていること

 

2−1. はじめて来院される場合

はじめて来院される患者さんには必ず1時間の予約枠を設けています。

痛みがない場合はすぐには治療を行わず、問診・検査・清掃を行います。治療をいきなり始めるのではなく、口の中の状況を精密な検査によって把握し記録をとり、治療計画を立てます。

矯正治療やインプラント治療など高度な治療が必要な場合は診療後に専門医と相談し治療計画を立てます。

また、はじめて来た患者様にはトリートメントコーディネーターによるカウンセリングを無料で行なっています。カウンセリングを行うことでドクターに直接言いにくいこと、これまでの歯科治療でのトラウマなど治療中には聞き取りづらいことを聴取することで治療をより安心・安全に受けれる環境を提供できるようにしています。

cbf9e97a3232c5ff6e77ad231cf7d27f0_21371846_190720_0013

 

2−2. 治療計画に基づいた治療

2回目の来院時には主治医から全体的な治療方針の説明を受け、納得した上で治療を受けていただきます。

矯正・インプラントなどの高度な治療を選択される場合は治療計画作成のため、さらに検査が必要となる場合があります。

 

2−3. 治療後のメインテナンス

栗林歯科医院では治療を終えた後、定期的なメインテナンスを行なっています。

治療を行なった部位だけでなく口の中全体を定期的にチェックすることでできる限り歯を失うことを防いでいます。

 

 

3. 治療計画があることによる3つのメリット

 

3−1. 治療のゴールを見える形で提示することができる。

歯科医院に通う上での不安な点として、いつまで治療が続くのか、この次は何の治療をするのかが分からないというのがあります。

治療計画を作成することで

①どれくらいの回数・期間通う必要があるか

②どれくらいの費用がかかるか

③治療にどんなリスクがあるか、その代替案

これらを明確に提示することができます。

また、治療計画を紙に印刷し、お渡しすることができるので、どんな治療を受けるのか忘れることなく、安心して治療を受けることができます。

thumb

 

3−2.専門医の意見・他の先生の意見を治療に取り入れることができる。

その日に治療を開始しないこと、初回に資料をたくさんとることで専門医・他のドクターの意見を踏まえた上で治療を開始することができます。

これにより

①多重チェックを行うので診断ミスが減る

②専門医と連携することで高度な治療を受ける選択肢を提示できる

③主治医も治療方針について整理する時間を作れる

などのメリットがあります。

cbf9e97a3232c5ff6e77ad231cf7d27f0_12442489_190720_0066

 

3−3. 患者さんが完全に納得した上で治療を受けることができる。

よく分からないうちに治療をはじめられた、歯を削られたというのは患者さんにとって一番避けたいことではないでしょうか。

当日に治療を開始せず治療計画を立てることで沢山の治療の選択肢を提示することができます。患者さんにはどの治療がいいか考える時間ができますし、納得した上で治療を開始することができます。

 

栗林歯科医院は患者様にとって世界一安心安全な歯科医院であるために、治療計画を提示し納得した上で治療を受けていただけるよう努力しています。

cbf9e97a3232c5ff6e77ad231cf7d27f0_12442489_190720_0123

医療法人社団 栗林歯科医院

歯科医師 大原裕太