Q.生後1ヶ月未満の赤ちゃんに与えてはいけない食べ物は?

A.赤ちゃんに与えてはいけないものは、ハチミツです。

1.ハチミツの詳細

ハチミツは、ビタミンやミネラルが含まれている天然の甘味料です。

砂糖の約1/3量で、ほぼ同程度の甘さがあります。
砂糖100gあたり384kcal
はちみつ100gあたり294kcal

という、カロリーのため、カロリーも20%ほど抑えることができます。
赤ちゃん以外が摂取する場合は、とても良いものです。

2.赤ちゃんにハチミツをあげていけない理由

良いところがたくさんある「ハチミツ」ですが、生後1歳未満の赤ちゃんには与えてはいけません。

理由は、生後1歳未満の赤ちゃんがはちみつを食べると、「乳児ボツリヌス症」にかかるリスクが高くなるからです。

ボツリヌス菌が体内に入ると、大人の場合は、腸内環境が整っているため、通常は何も起こりません。

一方、赤ちゃんの場合は、腸内環境がまだ整っていない状態のため、ボツリヌス菌が腸内に定着・増殖し、毒素を出してしまいます。
症状は、便秘や哺乳力低下、脱力状態、泣き声の変化、首のすわりが悪い、などです。
ほとんどの場合は適切な治療で治りますが、まれに、亡くなってしまうケースもあります。

ボツリヌス菌は熱に強いため、通常の加熱調理では死滅しないのが特徴です。
一般的なハチミツは加熱処理を行わないため、ボツリヌス菌が混入していることがあります。

赤ちゃんにはリスクの高いハチミツですが、大人にとっては良い点がたくさんある天然甘味料です。
はちみつは、ご飯やパン、砂糖と比較して消化吸収が良いです。
そのため、胃や腸への負担がかかりにくく、エネルギーになりやすいので、疲れているときや運動中などのエネルギー補給としてもおすすめです。

赤ちゃんには与えないよう注意しながら、活用してみましょう!

【参考文献】
■ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから。(厚生労働省)
■ハチミツによる乳児のボツリヌス症(消費者庁)
■ボツリヌス症ファクトシート(食品安全委員会)
■ボツリヌス症とは(国立感染症研究所)
■日本食品標準成分表(文部科学省)
■はちみつの栄養成分(サクラ印ハチミツ)

栗林歯科医院 管理栄養士 監修

診療予約はこちら









最近の記事

  1. Q.朝食が大事なのはなぜ?

  2. Kids Duoさんで歯科検診を行いました!

  3. 夏休みイベント2024開催決定!

アーカイブ
TOP