Q.ダイエット中におすすめな主食の食べ方は?

今回は、ダイエット中に、精白米・パン・じゃがいもなどの主食が食べたくなった時の置き換え食品についてご紹介します。

置き換えにおすすめ食品

ダイエットなどで、カロリーなどを気にしている方は、下記のような「低GI食品」へ置き換えましょう。
精白米→玄米
パン→ライ麦パン
じゃがいも→さつまいも

低GI食品とは

GI値とは、血糖の上昇程度を数値で表したものです。
この食品を食べると、このくらい血糖値が上がるよ、という数値です。

一般的に、GI値の目安は、下記のように分類されています。
70以上:高GI食品(おせんべいやドーナツなど)
56〜69:中GI食品(パンケーキやクッキーなど)
55以下:低GI食品(大豆の焼き菓子やヨーグルトなど)

血糖値の上がりやすさは、食品によって違います。

低GI食品は食物繊維が豊富で腹持ちが良い食品が多く、血糖値が緩やかになるため、ダイエットにはもってこいです。

血糖値が急上昇すると

血糖値の急上昇は動脈硬化のリスクを高めます。
動脈硬化が進むと、脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な病気を引き起こす可能性が高まります。

低GI食品へ置き換えると

低GI食品へ置き換えた時のGI値を比べると、以下の通りです。

精白米88→玄米55
食パン95→ライ麦パン50
じゃがいも90→さつまいも44

病気を防ぐためにも、血糖値の急上昇をゆるやかにする低GI食品へ、少しずつ置き換えてみましょう!

最近ではパッケージや商品紹介などに「低GI」と
書かれている製品もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

〈参考文献〉
GI値(グリセミック・インデックス)が血漿インクレチンにおよぼす影響についてEffects of Glycemic Index on Plasma Incretin Levels

食後高血糖制御の重要性

大塚製薬HP

アルファ30「主な食品のGI値」

栗林歯科医院 管理栄養士 監修

診療予約はこちら









最近の記事

  1. Q.フロスがほつれていたら危険信号って本当?

  2. Q.氷やチョコレートが食べたいのは体からのSOSって本当?

  3. Q.宇宙で歯が痛くなったらどうする?

アーカイブ
TOP