Q.おはぎとぼた餅の違いって?

今回は、おはぎとぼた餅の違いをご紹介します。

1.おはぎとぼた餅の違い
2.お彼岸に食べる理由

1.おはぎとぼた餅の違い

おはぎとぼた餅は、基本的には同じです。
春にはぼた餅、秋にはおはぎと呼ぶことが多いですが、地域によって差があります。

おはぎもぼた餅も、もち米とうるち米を混ぜて炊いたご飯を餅にして、あんこで包んだ和菓子です。

ぼた餅は漢字で「牡丹餅」と書きます。
理由は、牡丹の花に見立てられているためで、お花の見た目の通り、大きく丸い形に作られることが多いです。
牡丹の花は春に咲くので、春に食べられるものをぼた餅と言います。
春分の日に食べるのも、ぼた餅です。

おはぎは漢字で「御萩」と書きます。
萩の花に見立てられていて、お花の形が長細いため、ぼた餅と比較すると俵形に作られることが多いです。
萩の花は秋に咲くので、秋・秋分の時期に食べるものをおはぎと言います。
近年は、全ておはぎと呼ぶことが多いそうです。

2.お彼岸に食べる理由

お彼岸の時期におはぎを食べる理由は、小豆の赤い色が魔除けの効果を持っていることや、昔は砂糖が高級品で、甘いものは貴重だったため、ご先祖様に感謝の意味を伝える意味があったから、だとされています。

ぜひ、旬の時期におはぎ・ぼた餅を食べてみてくださいね。

【参考文献】
■株式会社明治HP
https://www.meiji.co.jp/meiji-shokuiku/japaneseculture/foodmeal/

■内閣府HP
https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html

栗林歯科医院 管理栄養士 監修

診療予約はこちら









最近の記事

  1. 韓国からBANOBAGI ELEVEN Dental Clinicの歯科医師ご来院

  2. きらり歯科クリニック津田沼さまご来院

  3. 受付勉強会【2024.4.4】

アーカイブ
TOP