Q.プラスチックの歯の詰め物は着色するって本当?

A:CR(白いプラスチックの材料)は変色しやすいです。

今回は、歯の治療後の変色について、ご紹介します。

小さい範囲のむし歯を治療する際、CRという白いプラスチックの材料を使用して、むし歯を削った部分を覆う処置をします。
CRは柔らかく、水を吸いやすい性質があるため、時間の経過とともに黄色・茶色のような変色や、着色をしやすくなります。

変色した部分のCRの治療法は、一度変色したCRを除去し、再度、新しいCRで埋める方法です。

破損していたり、むし歯があったり、治療時の状態によってはCRのやりかえではなく、他の治療をご提案させていただく場合もあります。
元々、銀の詰め物が入っていたところをCRにすることもあります。

現状や治療方法に関してもご説明し、ご納得いただけてからの治療となりますので、まずはお気軽にご相談くださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

診療予約はこちら







最近の記事

  1. Q.便秘にも種類があるって本当?

  2. 歯医者の最新式の歯型取りご紹介!

  3. 明海大学の実習生が実習を卒業しました!

アーカイブ
TOP