Q.乳歯のむし歯は痛くないから気付きにくいって本当?

A.本当です。詳しくは下記でご紹介します。

乳歯は、
・永久歯に比べてやわらかい
・永久歯に比べて酸に弱い
という特徴があり、むし歯になりやすいです。

また、乳歯はエナメル質や象牙質に厚みがなく、むし歯になると一気に進行してしまうと言われています。
大人のむし歯と違い、痛みがないまま進行して、いつの間にか神経が死んでしまうというのが、乳歯のむし歯の恐ろしさです。

乳歯のむし歯の放置は危険な理由が2つあります。

1つ目に、乳歯の下には、永久歯のたまごがあります。歯の神経が死んでしまうと、膿がだんだん溜まり、それが永久歯の発育に影響を及ぼします。

2つ目に、乳歯がむし歯などで早期になくなると、その後に生えてくる永久歯が動いてしまい、歯並びに影響する場合があります。

(画像引用:Lidea Powerd by LION

永久歯の歯の形が悪くなったり、歯が出てきた時も既にむし歯っぽい色になってしまったり(ターナー歯)、乳歯だけでなく、永久歯にも影響を及ぼします。

そのため、乳歯のむし歯に気付いたら、放置せずに歯科医院で治療しましょう!

松崎先生による、小児のむし歯の解説はこちら

また、むし歯を治療するだけでなく、そもそもの歯の予防として、歯への考え方をお子様へ教えることが大事です!

ですが、実は、最近はむし歯がないお子さまもいます。
むし歯がない理由の1つに、親御さんによってお子様のお口の管理がされていることが多いためです。

しかし、一方で、保護者の仕上げ磨きがなくなった途端、予防の考え方が身についていないとむし歯が増えてしまうお子さまもいます。

なぜ歯みがきが大事なのか、一緒に歯みがきをしながら伝えましょう!

3ヶ月に1回は親子でメインテナンスに行き、家族みんなでむし歯・歯周病予防をしましょう!

栗林歯科医院 歯科医師 監修

診療予約はこちら







最近の記事

  1. Q.便秘にも種類があるって本当?

  2. 歯医者の最新式の歯型取りご紹介!

  3. 明海大学の実習生が実習を卒業しました!

アーカイブ
TOP