Q.ブリッジができる歯の条件は?

今回は、歯がない所の治療法の1つ「ブリッジ」についてご紹介します。

ブリッジの治療法ができる歯には、下記3つの条件があります。

①欠損している歯が1本〜3本であること
②1番奥の歯があること
③支える歯が健康であること

これらの条件が揃っていないと、ブリッジにすることはできません。

ですが、歯がないまま放置してしまうと、下記のような問題が起こります。

①隣の歯が歯がないスペースに倒れてしまう
②歯がない所の骨の吸収が起こる
③骨が下がり隣の歯がグラグラする
④噛み合う歯がないと歯が伸びる
⑤噛み合わせが悪くなり顔が歪む

ブリッジが難しいからといってその歯を放置すればするほど、治療の選択肢が減ってしまいます。
放置せず最後までしっかり治療しましょう!

お早めにご相談くださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

診療予約はこちら







最近の記事

  1. Q.便秘にも種類があるって本当?

  2. 歯医者の最新式の歯型取りご紹介!

  3. 明海大学の実習生が実習を卒業しました!

アーカイブ
TOP