Q.矯正後に歯並びが戻るって本当?

A.本当です。さまざまな理由で、矯正後に歯並びが元に戻る可能性があります。

1.歯並びが元に戻る理由
2.歯並びを綺麗に保つ方法

1.歯並びが元に戻る理由

矯正後に歯並びが元に戻る理由は、矯正治療は歯周組織の作り変えによって歯を並べていくため、矯正装置を除去した後は歯を支える骨(歯槽骨)が不安定で、完全に固まっていない状態です。

矯正治療で動かした歯は、元の位置に戻ろうとします。
これを「後戻り」と言います。

2.歯並びを綺麗に保つ方法

後戻りを防ぐため、綺麗に保つ方法は下記の5つです。

1)保定装置をつける

保定装置という、矯正治療が終わった後につけるマウスピースがあります。
保定装置というマウスピースで、骨が固まるまで歯が動かないようにします。
保定装置を正しく使用することで、後戻りを防ぐことができます。
当院では、装置の装着期間は、矯正でかかった期間と同様の期間を推奨しています。

2)親知らずを抜く

親知らずがまっすぐ生えていないと、隣の歯を押してしまい、歯並びが再び悪くなってしまうこともあるため、親知らずの抜歯を推奨しています。
当院では、歯並びが悪くなるリスクがあるため、当院で矯正治療を始める場合は、最初に親知らずを抜歯しています。

3)MFT(口腔筋機能療法)を行う

唇と舌のトレーニングを行って、舌癖を改善することで、歯並びが悪くなることがあります。
悪い癖(舌癖や頬杖など)を治せていないと、歯並びに影響するため、MFTで癖を修正することを推奨しています。
当院では、矯正治療を行う方には全員に、MFT(口腔筋機能療法)を行っていただいています。

4)鼻づまりを治す

鼻づまりがあると「口呼吸」になり、出っ歯になることがあります。
そうならないように、まずは耳鼻科で鼻づまりを治すことが大切です。

5)歯周病を治す

歯周病は、放置したままだと骨が溶けてなくなってしまいます。
歯周病にかかっていて歯槽骨が減っている場合は結果として、歯並びの崩れにつながります。
そのため、まずは歯周病を改善しましょう。
当院の場合は、むし歯・歯周病がある場合は、まず病気を治してから、矯正治療を行っています。

矯正治療は、長い治療期間や痛みの期間を耐えて行います。
保定装置(リテーナー)をしっかりつけて、きれいな歯並びの状態を維持できるようにしていきましょう。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

診療予約はこちら







最近の記事

  1. 歯科衛生士勉強会【2024.5.22】

  2. Q.ビタミンが不足すると身体はどうなる?

  3. コーディネーター勉強会【2024.5.16】

アーカイブ
TOP