Q.子どもがむし歯になりやすい部分ってどこ?

今回は、子どものむし歯になりやすい部位についてご紹介します。

1.〜2歳がむし歯になりやすい部分
2.2歳〜3歳がむし歯になりやすい部分
3.3歳〜がむし歯になりやすい部分
4.3歳半〜がむし歯になりやすい部分

1.〜2歳がむし歯になりやすい部分

〜2歳のお子さまがむし歯になりやすい部分は、「上顎の唇側の前歯の歯ぐきに近い部分」がむし歯になりやすいです。

2.2歳〜3歳がむし歯になりやすい部分

2歳前半のお子さまがむし歯になりやすい部分は、「上顎の唇側の前歯の間」がむし歯になりやすいです。

2歳後半のお子さまがむし歯になりやすい部分は、「上顎の唇側の前歯の隣の歯の間」がむし歯になりやすいです。

3.3歳〜がむし歯になりやすい部分

3歳〜のお子さまがむし歯になりやすい部分は、「噛み合う部分」がむし歯になりやすいです。

4.3歳半〜がむし歯になりやすい部分

3歳半〜のお子さまがむし歯になりやすい部分は、「上顎は、奥歯から1本手前の歯、下顎は奥歯の間」がむし歯になりやすいです。

このように、少しの月齢の差で、むし歯になりやすい箇所が変わります。
しかも、乳歯はやわらかく酸に弱いので、むし歯が一気に進行しやすいという特徴もあります。

仕上げ磨きの時などに、お子さまの歯をこまめにチェックし、生涯自分の歯で健康に過ごせるよう、家族で取り組みましょう!
お困りごとは、お気軽にご連絡くださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

診療予約はこちら







最近の記事

  1. TC勉強会議事録【2023.09.21】

  2. Q.歯みがきの時にフロスが引っかかるのは何故?

  3. Q.歯医者の局所麻酔で打てる量はどのくらい?

アーカイブ
TOP