ワイヤー矯正中に気をつける食べ物4選!

今回は、ワイヤー矯正中には、注意する必要がある食べ物を4つご紹介します。

1)硬い食べ物

ワイヤー調整後は、数日間痛みが生じることもあります。
痛みがある期間は硬い食べ物は避け、柔らかいものを食べるようにしましょう。

2)色素の強い食べ物

色素の強いカレーなどの食べ物は、矯正治療には直接は影響しません。
ですが、矯正装置のゴムの黄ばみや変色の原因になるので避けることをおすすめします。

3)粘性の高い食べ物

お餅やキャラメルなどの粘性がある食べ物は、矯正装置が外れてしまう原因となるので避けることをおすすめします。

4)歯に詰まりやすい食べ物

繊維質が多く、歯に詰まりやすい食べ物は、むし歯・歯周病の原因につながるので避けることをおすすめします。
また、歯に詰まってしまったら矯正装置が外れないように気をつけて、取り除きましょう。

当院では、矯正経験があるスタッフもいるので、矯正を行うか迷っている方は、ぜひスタッフにお声かけください。
もし矯正装置が外れてしまったら無理につけようとせず、お気軽に当院にお越しくださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.フロスがほつれていたら危険信号って本当?

  2. Q.氷やチョコレートが食べたいのは体からのSOSって本当?

  3. Q.宇宙で歯が痛くなったらどうする?

アーカイブ
TOP