Q.矯正で抜歯が必要な、場合はいきなり歯を抜いちゃうの?

1.ディスキングとは
2.ディスキングを行う理由

1.ディスキングとは

当院では、矯正患者さまの90%は抜歯をしない矯正ですが、患者さまによって止むを得ず、抜歯が必要になったり、患者さまの選択によって抜歯を行うとなった際、「ディスキング」という方法を用いて、矯正を行います。

ディスキングとは、最初から抜歯をするのではなく、前歯から4番目の歯の神経を取り、徐々に歯を削って細くしていくことで歯が並ぶためのスペースを作る方法です。

当院では、口元や前歯の仕上がりをもっときれいにしたい場合には、止むを得ず、4番目or5番目の歯を抜歯することがあります。

歯科医師と患者さまでメリット・デメリットを踏まえた上で話し合い、抜歯するかどうかを決めていきます。

ディスキングされた歯は最終的に抜歯しますが、途中段階では歯を動かせる隙間のみ確保するため、隙間が目立ちません。

2.ディスキングを行う理由

ディスキングを行う理由は、いきなり上下左右の4本分の抜歯をしてしまうと
1)隙間が目立つため、見た目が悪い
2)歯がなくなるため、噛めなくなる
3)舌で触れた際に、抜いた部分が気になってしまう
というデメリットがあるので、そのデメリットをカバーするためです。

無料の矯正相談も実施しているので、矯正治療をお考えの方はお気軽にご相談くださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.6月の調理で一番気をつけることは?

  2. Q.歯石は歯医者で取れる?

  3. Q.筋肉をつけるための食事って?

アーカイブ
TOP