Q. 矯正中の歯ぎしりの対処法はある?

A.マウスピースを使用することをおすすめします

矯正中は、理想の歯並び・噛み合わせを目指すため、歯ぎしりや噛みしめなどで痛みが出てしまうことがあります。

栗林歯科医院では、当院で矯正治療を行っている患者様に「T4B」というマウスピースを必要に応じてご案内しています。

ーT4B使用効果ー
T4Bの使用効果は下記の通りです。
・矯正治療初期の不快感を防ぐ
・ブラケットやワイヤーによる軟組織(歯ぐきの軟膜や歯髄、歯根膜など)の炎症を防ぐ

ーT4Bの使用方法ー
使用方法は下記の通りです。

1)毎日、日中や就寝中などにT4Bのマウスピースを着用します

2)食事の時や歯磨き時など、口から取り出した時には水で洗浄します

※マウスピースを清潔に保つためにも、週に1〜2回はマウスピースの洗浄剤で清潔にしましょう!

当院のワイヤー矯正中のスタッフも歯ぎしりで悩んでいましたが、実際にT4Bのマウスピースを使用したところ「歯ぎしりでの痛みが減った!」と言っていました。
歯ぎしりで歯が割れたり、欠けてしまうのを予防するためにも、お早めにご相談くださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. 歯科衛生士勉強会【2024.5.27】

  2. Q.フッ素のppmって何?

  3. 歯科衛生士勉強会【2024.5.22】

アーカイブ
TOP