ホワイトニング後は避けたほうが良い食べ物・嗜好品3種

今回は、ホワイトニング後に避けたほうが良いものをご紹介します。

1.着色のメカニズム
2.色の濃い食べ物
2.色の濃い飲み物
3.落とし穴の嗜好品など

1.着色のメカニズム

歯の表面は普段、ペリクルと呼ばれるタンパク質の膜に覆われています。
飲食物に含まれる色素などがペリクルに付着すると、少しずつ黄ばみやくすみの原因となります。

しかし、その膜(ペリクル)は、ホワイトニングを行うと除去されます。
そして、12時間〜24時間かけて、再び膜(ペリクル)が再生されます。
そのため、ホワイトニング後の24時間は、歯へ色素が沈着しやすい状態となります。

※引用元 ライオン株式会社

2.色の濃い食べ物

色の濃い食べ物には注意が必要です。

・ポリフェノールが含まれているもの(ぶどう・ブルーベリー・チョコなど)
・香辛料の色が強いもの(カレー・からしなど)

など、色が強いものは、ホワイトニング後の24時間の摂取を控えましょう。
また、大豆製品(豆乳・豆腐など)もポリフェノールの一種であるイソフラボンが含まれているので、控えた方が着色せずに済みます。

2.色の濃い飲み物

色の濃い食べ物にも注意が必要です。

・カテキン・タンニンが含まれているもの(お茶など)
・酸性の強いもの(炭酸飲料やレモンなど)

お茶などは着色の原因となるので、控えた方が良いです。
また、ホワイトニング後は膜(ペリクル)がはがれているため、歯は刺激に弱い状態です。
24時間以内は、酸性の強い炭酸飲料などの摂取も控えましょう。

3.落とし穴の嗜好品など

嗜好品にも注意が必要です。

・口紅
・タバコ

などの嗜好品も、ホワイトニング後は控えた方が良いです。
口紅の色素が着色の原因となるのと、タバコの煙に含まれる微粒子も、歯に吸着されやすくなります。
また、うがい薬は、メーカーの公式サイトにも、「銀歯や歯科素材が変色する可能性がある」と記載がある通り、着色の要因となるので、注意が必要です。

せっかくホワイトニングを行った歯が着色してしまっては、効果を感じにくくなってしまいます。
24時間は嗜好品や特定の食べ物を控えて、白い歯を維持しましょう!

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.仕上げ磨きしようとしても口を大きく開けるのが痛いようです。

  2. 7月 歯科衛生士勉強会【2022.7.26】

  3. Q、歯のつけ根が白濁しているような…。歯磨きしてもとれないけど、これって何でしょうか?

アーカイブ
TOP