歯科医院の定期検診(メインテナンス)って何するの?

今回は、歯科医院で治療した後の、定期検診(メインテナンス)について、ご紹介します。

1.定期検診(メインテナンス)で行うこと
2.定期検診(メインテナンス)を行う理由
3.定期検診(メインテナンス)の重要性(むし歯)
4.定期検診(メインテナンス)の重要性(歯周病)
5.こんな症状は定期検診(メインテナンス)のサイン

1.定期検診(メインテナンス)で行うこと

栗林歯科医院では、2~3ヶ月に1回の定期検診(メインテナンス)を推奨しています。
定期検診(メインテナンス)で行うことは、次の通りです。

1)検査

全体的なむし歯・歯周病の検査、歯の揺れの確認を行います。
その際に、ばい菌の量も測ります。

むし歯が進行すると、歯が黒くなり、やがて神経が破壊されて、抜歯を余儀なくされるという病気です。
むし歯は目視での確認と、レントゲンで症状の進行具合を確認しています。

歯周病は、歯の周りの顎の骨を溶かしてしまい、支えている骨がなくなると歯が揺れて抜けてしまう病気です。
顎の骨の状態は見た目で判断が付かないので、レントゲンで確認します。

その後の結果説明は、デンタルXというツールを使用し、患者様にも分かりやすい【イラスト付きの診断書】をお渡ししています。
イラスト付きの診断書がお手元にあることで、お家に帰った後も、その日の結果を振り返ることができます。
お子様の検査結果も、その場にいなくても持ち帰り資料で確認することができます。

2)染め出し

歯に付着しているバイ菌は、通常だと目で見ることができません。
そのため、染め出し液を塗布して色を付け、バイ菌がどこに付着しているのか、目で見て確認します。


3)口腔内写真撮影

カメラで、お口の中の写真撮影をしていきます。
写真撮影を行うことで、歯の裏側など、普段自分では見えないところまで細かく見ることができます。
(場合によって、染めだし前の口腔内写真撮影も行います)

また、一年に一度、歯のレントゲンも撮影します。
理由は、骨の状態の確認やむし歯や歯周病がないかの確認と、歯ぐきの状態・噛み合わせが問題ないかを確認をするためです。    

4)クリーニング

染め出しで染まったところを中心に、バイ菌を落としていきます。
当院は、EMS社の「エアフロープロフィラキシスマスター」という機械を主に使用して、クリーニングを行っていきます。

これまでの、歯垢(プラーク)・歯石を削り取るスケーリングから、

・超音波を使って歯石を取り除くピエゾン
・糖パウダーを歯に吹き付け、歯垢(プラーク)や細菌の塊を除去するエアフロー

という2つの機能をあわせ持つ機械にレベルアップしました。

この機械は、ほとんど痛みを感じることなくバイ菌を落とすことができるのも特徴です。

また歯の表面を傷つけることなく、しっかりとバイ菌を落とすことができるので、歯に対する負担も軽減することができます。

エアフローを使って歯の表面が綺麗になったら、歯と歯の間のバイ菌を除去していきます。
フロスや歯間ブラシなど、患者さまお一人ひとりに合ったアイテムを使って除去します。

状況によって、歯みがき指導を行うこともあります。

2.定期検診(メインテナンス)を行う理由

定期検診(メインテナンス)を行う理由は、3つです。

1)病気(むし歯・歯周病)発症の予防と、再発予防のため
2)病気の早期発見・早期治療を行うため
3)セルフケア(お家でのケア)+プロフェッショナルケア(歯科医院でのケア)を行うため

お家で行う歯ブラシだけでは、歯についているバイ菌を60%しか落とせず、歯と歯の間のバイ菌を落としても、全体の90%しか落とせないと言われています。

セルフケア(お家でのケア)では限界があるため、専門の機械を使った、定期的なクリーニングが必要です。

また、むし歯や歯周病は治療によって改善できますが、それとは別に、症状を引き起こす原因菌(バイオフィルム)を定期的に減らさないと、すぐに増殖してしまいます。

成人の方でむし歯治療をする場合の多くが、過去に治した歯の再治療です。
歯は治療回数が増えれば増えるほど、どんどん弱くなっていき、また、むし歯になるリスクが上がってしまうと言われています。

再治療になった歯は、歯そのものが少なくなり、最悪の場合、抜歯となり、入れ歯やインプラントをすることになってしまいます。

特に根っこの治療をした歯は、見た目では悪くなっている様子がわかりにくいので、定期的にレントゲンで確認する必要があります。

一度治療した歯は健康な歯よりも弱くなっているため、さらに治療を重ねないために、定期的にチェックしていく必要があります。

「今はむし歯・歯周病はないから大丈夫」と思っている方もぜひ、歯科医院で全体的なチェック、専門の機械を使ったクリーニングを受けて、歯の寿命を延ばしましょう!

3.定期検診(メインテナンス)の重要性

スウェーデンのアクセルソン博士が、むし歯の発生を6年間にわたり、調べた研究があります。

アクセルソン博士は、

・むし歯治療を全て終えた後、1年に1回しか検診を受けなかった群
・むし歯治療・セルフケア指導を受けた後、3ヶ月に1回定期検診(メインテナンス)をした群

という2つのグループを6年間追い、虫歯の発生を調べました。

結果、むし歯治療を全て終えた後、1年に1回しか検診を受けなかった群は、むし歯治療・セルフケア指導を受けた後、3ヶ月に1回定期検診(メインテナンス)をした群の2倍、むし歯が発生したという結果になりました。

・きちんと1年に1回検診を受けても、むし歯の発生は防げないこと
・全てのむし歯を治療し終わっても、数年でむし歯になる
・治療は、むし歯の発生を防がない

という研究結果は、衝撃的なデータとして世界中に知れ渡りました。

自己流のブラッシングでは必ずどこかに磨き残しが出来てしまい、そこがむし歯になってしまうことから、定期的に歯科医院で磨き残しの確認と除去をすることが大切です。

せっかく治療した歯も、定期検診(メインテナンス)を行わないと、またむし歯になってしまうリスクがあります。
3ヶ月に1回の定期検診(メインテナンス)に来院することが、むし歯予防につながります。

4.定期検診(メインテナンス)の重要性(歯周病)

歯の表面に細菌がつき始め、強い歯周病菌が発現するまでには、およそ3ヶ月かかると言われています。
つまり、定期検診(メインテナンス)時に行うクリーニングで、歯周ポケット内のお掃除をした後、再び歯周ポケット内に細菌の塊(バイオフィルム)が蓄積され始めるのが2週〜4週後、さらに3ヶ月経つと、歯周病のリスクが高い状態のお口の環境に戻ってしまいます。

そのため、3ヶ月ごとに歯科医院で定期検診(メインテナンス)をうけ、細菌やバイオフィルムを歯科医院で除去していく必要があります。
3ヶ月ごとの定期検診(メインテナンス)で、常に健康なお口の状態でいられるようにすることができます。

5.こんな症状は定期検診(メインテナンス)のサイン

しばらく歯医者に行ってないな…という方もいらっしゃるかと思います。
以下のチェックリストを参考に、ご自身のお口の中をチェックしてみてくださいね!

・歯磨きすると歯茎から血が出る
・冷たいもの、温かいものがしみる
・歯の着色がある、歯石が気になる
・歯がグラグラする
・歯ぐきが腫れている

もちろん日々のご自身の歯ブラシでケアをしていくことも重要ですが、深くなってしまった歯周ポケットはなかなか下の方までブラシが入って行きにくく、プロフェッショナルケア(歯科医院でのケア)も必要です。

定期検診(メインテナンス)に通うと、むし歯・歯周病の早期発見ができるため、病気を悪化させることなく、もし病気を見つけたとしても、早期発見・早期治療で予防することができます!

歯の寿命を延ばすために、歯科医院に通う習慣をつけてみませんか?

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.仕上げ磨きしようとしても口を大きく開けるのが痛いようです。

  2. 7月 歯科衛生士勉強会【2022.7.26】

  3. Q、歯のつけ根が白濁しているような…。歯磨きしてもとれないけど、これって何でしょうか?

アーカイブ
TOP