ホワイトニングのメカニズム!何故歯は白くなる?

今回は、ホワイトニングで何故歯が白くなるのか、メカニズムをご紹介します。

1.ホワイトニングの成分
2.歯が白くなるメカニズム
3.加齢で歯の色が黄色くなる

1.ホワイトニングの成分

ホワイトニング剤の成分は、過酸化水素(H2O2)です。

・オフィスホワイトニングの場合は、35%以下の過酸化水素
・ホームホワイトニングの場合は、10〜21%の過酸化尿素

を使用します。

過酸化尿素は、酸化反応の過程で過酸化水素に分解されるため、結果的にどちらも成分は同じ成分です。

この過酸化水素は、消毒や漂白に用いるオキシドールと同じ成分で、低濃度であれば安全です。(消毒液として一般的に普及しているオキシドールの濃度は約3%)

ただし、高濃度のものだと危険性があります。
日本人のエナメル質は薄いので、濃度が35%を超えると歯へダメージを与えてしまいます。

オフィスホワイトニングで用いる過酸化水素は35%以下という濃度ですが、それでも取り扱いに注意が必要なため、歯科医院でのみ行うことが出来ます。

2.歯が白くなるメカニズム

薬剤の成分の過酸化水素過酸化尿素は、化学反応の過程で酸素と水に分かれます。
この時に発生した酸素が、歯の着色の原因である色素と結合することで、無色になります。

色素は、歯を構成するものではなく、歯の色を変化させている有機成分なので、歯が溶けたりすることも、歯の構造が変わることもありません。

歯の表面を覆うエナメル質は、人体の中で最も硬い組織です。
90%以上が無機質で、その他はわずかな水と有機質でできています。

このわずかな有機質が着色し、歯の色を変色させるのです。

過酸化水素は、この有機質を無色化することで、歯を白くします。
ホワイトニングは、エナメル質を白くすることです。

3.加齢で歯の色が黄色くなる

エナメル質の下には、象牙質というものがあり、この象牙質は黄褐色です。

歯が少し黄ばんで見えるのは、この象牙質があるからです。
さらに、象牙質の下には歯の神経があります。
この象牙質は、神経を守るために加齢と共に厚くなっていきます。
すると、象牙質の色が目立つようになり、歯がさらに黄ばんで見えます。
ホワイトニングでは、象牙質は漂白しません。

しかし、ホワイトニングは着色した有機物だけでなく、エナメル質表面の構造を【角状】から【球状】に変化させるので、【マスキング効果】という効果により、光の乱反射が起こり、象牙質の色が透けて見えなくなります。

そのため、加齢による歯の色も、ホワイトニングで改善できます。

個人差はありますが、ホワイトニングでは、自分の今の歯の2~4段階白くできると言われています。
栗林歯科医院では、患者さまの1人1人のお口の中を確認させていただき、ホワイトニングの最適なご提案をします。
ぜひお気軽に一度、ご相談くださいね!

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. お子さまで歯の矯正が必要な噛み合わせ2つ

  2. 最高のライブでした…!

  3. 我が家のお花たち

アーカイブ
TOP