むし歯のレベル別の治療方法って?

今回は、むし歯のレベル別の治療方法を5つご紹介します。

むし歯のレベルは、歯の構造の、どの部分まで進行しているかによって分類されます。
むし歯の進行状況は、目で見るだけでは確実な判断ができないことが多いため、歯科医師が触診したり、X線検査や実際の症状などから判断します。

むし歯の原因については詳しくこちら

1.初期むし歯の治療方法(CO)
2.むし歯レベル1の治療方法(C1)
3.むし歯レベル2の治療方法(C2)
4.むし歯レベル3の治療方法(C3)
5.むし歯レベル4の治療方法(C4)

1.初期むし歯の治療方法(CO)

むし歯レベル1のことを、初期むし歯や、CO(シーオー)と呼ばれます。
歯の表面が溶け、健康な歯とは色が違って、歯の一部が白濁していますが、穴は空いていない状態です。
この段階は、フッ化物塗布(予防処置)をして、再石灰化を期待して経過を見ます。

2.むし歯レベル1の治療方法(C1)

むし歯レベル1のことを、C1と言います。
エナメル質に達したむし歯です。
初期虫歯が進行し、エナメル質の表面に穴が空いた状態です。
この段階では、まだ痛みはありません。
治療方法は、むし歯の部分を全て削り、歯科用のプラスチックのレジンを使って、破損されたエナメル質を覆います。

歯科用レジンは、比較的見た目が良い樹脂を使用し、破損した表面を覆います。
1回の治療で終わります。

3.むし歯レベル2の治療方法(C2)

むし歯レベル2のことを、C2と言います。
象牙質という部分にまで達したむし歯です。
この段階になると、茶色や黒色の穴が空きます。
水・お湯がしみたり、甘いものがしみたりなどの症状が出ることがあります。
治療方法は、むし歯の部分を全て削り、型取りをして、破損箇所が小さなむし歯の場合、型取りして歯科技工士が作成した詰め物を、セラミックなどを使って歯に詰めます。
治療回数は、2回程度かかります(補綴物治療2回)。

4.むし歯レベル3の治療方法(C3)

むし歯レベル3のことを、C3と言います。
歯髄(歯の神経)にまで達したむし歯です。
歯根膜に炎症が起こり、大きな穴が空き、何もしなくてもズキズキと痛みます。
根管治療(根っこの治療)を行い、土台(コア)を立てて、被せ物で覆います。

大きなむし歯の治療として、根管治療(根っこの治療)を行います。
神経を取る処置を行い、その後、根っこの管の清掃・拡大を行い、土台を立て、型取りをして、歯科技工士が作成した被せ物をセラミックなどを使って、歯に被せます。
治療回数は、8回程度かかります。
(根管治療4回・コア治療2回・補綴物治療2回)

5.むし歯レベル4の治療方法(C4)

むし歯レベル4のことを、C4と言います。
根っこのみ残っているむし歯です。
神経が破壊されて死んでいるので、痛みが軽減されたり、痛くないことが多いです。
この状態は、バイ菌が他の疾患を引き起こす可能性もあります。
基本的には、抜歯が必要となります。
歯を残せる場合も、クラウンレングスニングなどの外科的な処置が必要となることが多いです。
歯のない部分はインプラント・ブリッジ・入れ歯で覆う必要があります。

治療回数は、抜歯で2回通院いただいた後、3ヶ月〜6ヶ月後に再びお越しいただくことになります。
処置方法により来院回数が異なりますが、入れ歯治療だと4回程度、ブリッジ治療だと3回程度、インプラント治療だと5回程度、プラスで通院が必要となります。

Q.抜歯したままの部分を放置するとどうなる?

このように、むし歯の進行具合で治療方法が変わってきます。
早い段階でむし歯が見つけることができれば、歯も長持ちさせることができ、治療の回数も少なくできるので、ぜひ一度定期検診にお越しくださいね!

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. お子さまで歯の矯正が必要な噛み合わせ2つ

  2. 最高のライブでした…!

  3. 我が家のお花たち

アーカイブ
TOP