お茶が歯を丈夫にすると聞きました。1日どのくらい飲ませればいいのでしょうか?

1. お茶を飲むと、むし歯になりにくくなりますか?
2.1日にどのくらい飲めば良いですか?
3.まとめ

Q1.お茶を飲むと、むし歯になりにくくなりますか?

A1. むし歯になりにくくしてくれます。

理由は、お茶にはフッ素やカテキンが含まれているからです。

なぜ、むし歯ができるかを知っていますか?
むし歯とは、「バイ菌」がエサの砂糖を食べて出す「酸」によって歯が溶けてしまうことです。
※バイ菌が歯を食べているわけではないです。

日々、食事をする度に歯の周りは酸性状態になり、溶かされます(脱灰)
唾液の力で酸は中和され、中性に近づくと、溶けた成分が復活します(再石灰化)

溶ける量(脱灰)に対して、復活(再石灰化)が追いつかないと、むし歯として歯に穴が開いてしまいます。

本題の、お茶を飲むと、むし歯になりにくくなるメカニズムですが、お茶に含まれるフッ素とカテキンの働きについてご紹介します。

・フッ素の3つの働き
①歯の質の強化(歯を酸に溶けにくい性質に変えてくれる)
②エナメル質の修復を促進(溶かされた歯の成分を修復)
③菌の働きを弱める

・カテキンの2つの働き
①むし歯菌を増えにくくする(殺菌効果はない)
②むし歯菌が砂糖から酸を産生しにくくする

Q2.1日にどのくらい飲めば良いです?

A2.量を飲むだけではあまり効果的はないです。もっと良い方法があります。

フッ素は唾液中に停滞していることで、歯を丈夫にしてくれます。
なので、飲むよりうがいをしたほうが効果的です。

お茶でうがいをした時の唾液中のフッ素濃度は、
うがい直後だと紅茶0.8ppm、ほうじ茶0.68ppm、煎茶0.5ppm、烏龍茶0.33ppm
30秒後は0.2ppm以下にまで減り、
5分後は唾液中のフッ素濃度と同じレベルまで低下してしまいます。

つまり、お茶でのうがいは、そこまで強い虫歯予防効果は期待できません。

そこで、もっといい虫歯予防方法をご紹介します。
それは、「イエテボリテクニック」です!

方法は
①歯磨き粉をたっぷり使う
②歯磨きの後は少量の水で流す(片手ですくえる程度)

フッ素は唾液中に停滞していることで、歯を丈夫にしてくれます。
口をゆすぐ回数が多いと、それだけフッ素を流してしまうことになります。

そのため、せっかく歯磨き粉を使うのであれば、あまり流さないようにしましょう。

これは、年齢関係なく、みなさんにやっていただける予防方法です。
WHO(世界保健機構)によると1000ppm以上の歯みがき粉において、500ppm濃度が高くなる毎に6%むし歯予防効果が高くなると言われています。

ただし、6歳未満のお子さんに1000ppm以上の歯磨き粉は使用しないでください。

3.、まとめ

残念ですが、現在、永遠に残せるむし歯治療法はありません。
まだむし歯になったことのない方は、今後むし歯にならないように、既にむし歯を経験している方は、再発の時期を少しでも遅らせられるように、予防の考え方を持っていただければ幸いです。

もっと色々聞きたいと思っていただけたら、いつでも当院のスタッフにお声がけください。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. お子さまで歯の矯正が必要な噛み合わせ2つ

  2. 最高のライブでした…!

  3. 我が家のお花たち

アーカイブ
TOP