【実際の写真あり】ガタガタな歯並びが1年半で…?その2

前回はわたしが矯正治療を始めたキッカケを書きました!
今回はどのように変化したのかご紹介します。

前回の記事はこちら

3.どのように治療しているのか

私の歯並びが・噛み合わせが1年半でどれだけ変わっていったのか、ご覧ください。

1ヶ月目

私の場合は、ハイブリットハイラックスを入れるために、奥歯の歯並びを揃えることから始めました。
全てにワイヤーを掛けてしまうと前歯が外側に異常に出てしまうので、それを避けるため、まずは奥歯のみ、ワイヤーを掛けました。

6ヶ月目

少しずつ歯が並んできたところで本格的な上顎の拡大を行いました。 この装置が「ハイブリットハイラックス」です。

1年目

ハイブリットハイラックスを装着し、6ヶ月経過した状態です。
少し隙間が出来ているのがわかりますでしょうか。 下の前歯には、後ろに装置を付けゴムで引っ張っています。

1年1ヶ月目

ハイブリットハイラックスが終わると、次はTPAという装置に変わります。
前回までは上顎の拡大しスペースを作りました。
次からはTPAを使用し、ゴムを掛け上顎を後ろに下げていきます。

1年6ヶ月目

そして、この写真が1年6ヶ月経過した写真です。
全部の歯に、装置が付きあっという間に歯列が揃いました。
1年6ヶ月でここまで歯が動いています。

今後は出っ歯具合をなくすため、もう少し上顎を下げ、歯並びを微調整しつつ、噛み合わせを整いていきます。
最初に行ったように、矯正は歯並びを揃えて終わりではありません。
歯並び・噛み合わせ・顎 全てが整ったら保定期間となります。
まだまだ道のりは長いですが、私自身、今後も積極的に治療・歯ブラシを行い頑張りたいと思います!
私は将来の自分の晴れ舞台に向けて、歯並びを良くしたいという目標を決め矯正治療に励んでいます。 皆様も何か目標を決め治療に取り組むと、自然と矯正に対してポジティブになれると思います!
そして矯正の痛みもポジティブに 「歯が動いている!」と実感出来るでしょう。 スタッフの中には、当院で矯正している人がたくさんいるので、何か不安な点・疑問点・相談何でもお聞きしますので、気軽に話しかけて下さい!
是非、一緒に治療頑張りましょうね!

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. 秋葉原総合歯科クリニック様に当院見学にお越しいただきました

  2. 【体験談】大人になってから矯正始めました!

  3. 【体験談】矯正中のメインテナンスの仕方

アーカイブ
TOP