子どものむし歯リスク


こんにちは。

もうすぐ10月にも関わらず、まだ暑い日が続いておりますね( ; _ ; )

 

何を着ていいのか服装に悩んでいる歯科衛生士の小野寺です。

 

 

 

今回はむし歯になりやすい時期についてお話をしていきます。

 

 

最もむし歯になりやすい年齢って何歳くらいだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもの時?大人になってから?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最もむし歯になりやすい年齢は4〜8歳と言われています。

 

4歳は物心もついていろんなものに触れる機会が増えます。

 

お口の中で言うと乳歯が生え揃う頃です。

 

 

 

この時期に歯磨きの習慣がないとむし歯になるリスクが上がってしまいます。

 

 

 

赤ちゃんの頃は皆無菌の状態です。

 

 

しかし唾液を通して感染してしまうので、同じスプーンで食べさせたり共有して食べたりキスをしたりすることで感染していきます。

 

6CE5A6BD-AD84-435A-A372-AAFA0CE96E49

 

 

むし歯のひとつであるミュータンス菌は、糖をエサにして活動的になります。

 

80A4A6A4-84EB-42EA-8BA1-A79BBD293A77

 

 

 

432D32F5-6925-4234-B249-56CF3BB48A11

つまり甘いおやつや甘いジュースを沢山食べているとそれがミュータンス菌にとってはとても良い条件なのでどんどん増えていきます。

 

 

エサにして細菌が増えるとプラークと呼ばれるネバネバしたかたまりになります。

 

 

 

これがお口の中に残っているとむし歯になってしまうのです。

 

 

 

 

 

つまり、歯磨きをする習慣を子どもの頃から身につけていないとどんどんむし歯になるリスクが上がってしまいます。

 

 

子どもの時に習慣づけることが大切なのです!

 

 

 

 

 

しかし、子どものうちは子ども自身だけでの歯磨きでは十分に磨くことが出来ません。

 

もちろん練習させるのは良いことですしやって欲しいです( ¨̮ )

 

 

ですがこの時期は仕上げ磨きがとても重要です!!

 

 

食後に歯磨きをする習慣をつけておくといいと思います。

BB79A8E7-E96A-472D-ACCC-B84AE3618E8F

 

理想は永久歯が生え揃うまでなので12歳までは仕上げ磨きをしてあげるのがベストなんです。

 

 

 

 

子どもの頃の虫歯治療がトラウマになり、歯医者と疎遠になってしまっているお父さんお母さん、いらっしゃいませんか??

 

 

 

 

 

 

 

むし歯は予防が出来るんです♪

 

 

 

 

 

お子様のお口の健康を守り、いつまでも綺麗な歯を保ちましょう!!

 

 

医療法人社団栗林歯科医院 歯科衛生士 小野寺志穂


親知らずでお悩みの方へ

こんにちは!歯科衛生士の森です。

 

検診時に親知らずの抜歯をすすめられてどうしようかと悩んでらっしゃる方、定期的に違和感があったり痛みを感じることはあるけどまだ抜歯に踏み切れてない方もいるのではないでしょうか?

今日は親知らずの抜歯について、3つのことを書きたいと思います。

①親知らずを抜いた方がいいケース

②抜かない方がいいケース

③痛みが出ないように普段からできる対策

 

①親知らずを抜いた方がいいケース

1)親知らずが横に傾いて隣の歯に被るように生えていた場合

親知らずが傾いて手前の歯にぶつかるように生えている場合、ぶつかっているところに汚れが溜まりやすくなり、手前の歯が虫歯になってしまうことがあります。

その場合、親知らずを抜いてから処置をしなければならず、手前の歯にも影響が出てしまいます。

oyashirazu002

 

2)親知らずが半分しか生えていない場合

歯茎が被ったような生え方、完全に生えていなく隣の歯に比べて高さがない場合、歯磨きが難しく虫歯になるリスクが上がります。

また、歯茎が上に覆いかぶさったような状態だと歯茎と親知らずの間に汚れが溜まり、腫れと痛みを繰り返す場合があります。

歯茎の一部を切除して済む場合もありますが多くの場合、症状を繰り返すため、抜歯をすすめることが多いです。

oyashirazu001

 

3)親知らずの手前の歯を押している場合

生えてくる時に力が手前の歯にかかり続けることで、前歯の歯並びを乱すことがあります。噛み合わせに影響することもあります。

oyashirazu003

 

②親知らずを抜かない方がいいケース

1)上下の親知らずがまっすぐ生えていて、しっかり噛み合っている

虫歯と歯周病がない場合でかつ、噛み合っている歯は無理に抜く必要はありません。

 

2)親知らずの手前の歯がない

何かしらの理由で欠損歯がある場合、親知らずを移植できるケース、矯正で移動させることによって親知らずを活用できる場合があります。

 

③痛みが出ないように普段からできる対策

親知らずは歯の一番奥に生えてくること、歯茎が被っていたり半分しか生えていないことでばい菌が溜まりやすく、炎症を起こして痛み、腫れが出るケースがほとんどです。

普段からばい菌を溜めないようにまめに歯ブラシすること、定期的な歯科医院のクリーニングでお口の中を清潔に保つことが大切です。

歯科医師から抜歯をすすめられた場合、なるべく早く抜歯に踏み切る方がいいですが、抜歯後の痛みや腫れのリスクは避けられないため時期はよく相談した方がいいです。

 

検診時には状態の確認を必ずしています。もし普段気になられていることがあればいつでもおっしゃってください。

 

医療法人社団栗林歯科医院 歯科衛生士 森 明子

 

z


得するおやつの食べ方!

こんにちは!

 

 

今回はおやつの食べ方についてお話しします。

おやつは甘いお菓子などが多く、むし歯になりやすいイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、食べ方や食べるものによってはむし歯を予防することができます!

 

 

まずは食べ方についてです。

食べ方について3つあります。

 

1つ目は食べる時間を決めましょう!

ダラダラ食べてしまうとお口の中に砂糖が入っている時間が増え、むし歯になりやすくなってしまいます。

そのため時間を決めて食べましょう。

 

 

2つ目は食べる量を決めましょう!

ダラダラ食べることを防ぐためにお皿やコップに1回分の量を分けましょう。

 

3つ目は、おやつの組み合わせを考えましょう!

ケーキとジュースなどの”甘いお菓子と甘い飲み物”だとむし歯になりやすくなってしまうので、甘いもの同士の組み合わせは避けましょう。

 

 

次に食べるものについてです。

歯に良いおやつとして、

・カルシウムが含まれたもの(歯を丈夫にしてくれるため)

・固いおやつ(唾液が分泌されるため、よく噛むことで顎が鍛えられるため)

・甘くないおやつ などがあります。

甘くないおやつの例として野菜や小さいおにぎりなどがあり、食べ盛りのお子様には栄養のバランスを補うこともできます。

 

 

これらのことを気をつけていただくと、おやつの食べ方からもむし歯を予防することができるようになります。

また食生活を気をつけるだけでなく、3ヶ月ごとの検診でもむし歯を予防していきましょう! publicdomainq-0017872mpp 医療法人社団 栗林歯科医院

歯科衛生士 新岡 みなみ