歯科医師勉強会[8/23,9/20]

歯科医師勉強会を行いました。

・8/23の内容
窪田院長による歯周外科治療に関する発表でした。
歯周外科治療とは、歯周病治療の1つで麻酔をし歯茎を開いて、歯ブラシの毛先が届かないところにある歯石や細菌を取り除きます。
簡単に言うと、「ズボンのポケットに溜まったほこりを裏返しにひっくり返して綺麗にする」治療です。
歯周外科治療は深い歯周ポケットに対しては必須の治療なので、大変有意義な勉強会でした。
S__6488072

・9/20の内容
栗城院長によるウィーンで開催された学会内容と矯正治療に関する発表でした。
栗林歯科医院のなかで特に栗林理事長と栗城院長は噛み合わせ、顎関節症に力を入れています。今年7月にオーストリアの首都ウィーンで開催された噛み合わせ・顎関節症に関する学会に2人は参加しました。
その内容を栗城先生が発表してくれました。
学会では栗林理事長が英語で発表を行ったので、その時の動画を見せてもらいました。
もう一つ院長が発表してくれたのは、矯正治療についてでした。
それぞれの症例に対して、どういう力をかけて歯を動かせばスムーズに治療が進むかを解説してもらいました。
スクリーンショット 2016-10-07 19.38.39

日々、切磋琢磨し治療レベルを上げていきたいと思います。

田中 義篤