矯正治療ってこんな感じ

カテゴリー:矯正治療ブログ 投稿者:

途中経過

矯正治療をうけようかお悩みの方の中で、実際矯正をしている人が周りにいなくて、なかなかリアルな声が聞けずに1歩を踏み出せないとお考えの方に向けて、矯正治療の本音をお伝えしたいと思います。

矯正治療は色々なお口のトラブル(見た目や顎関節症など)お悩みを解決してくれる、とても良い選択ですし、他にも様々なメリットがある治療方法の1つです。

しかしその反面、痛み、治療中の見た目、清掃不良などデメリットがあるのも確かです。

今回はそんな矯正治療のメリット、デメリットのリアルな声を伝えさせて頂きますので、ご自身で、イメージを膨らませてみてくださいね!

大人になってから矯正治療を始めたきっかけ

「そもそも矯正治療って子供がする治療じゃないの?」
とたまに聞かれる事があります。

確かに周りに矯正をしている人や、歯科関係の方でなければ、そう思っている方がいても不思議はないですね。

私も以前は矯正をしている方と接する機会がなかったですし、大人の矯正はイレギュラーで、主に 矯正治療=子供 という固定概念が多少なりともありました。

しかし、矯正治療は見た目たけでなく、噛み合わせ、虫歯、歯周病など様々なお口の問題にも結び付く事を知り、子供はもちろんですが、歯並びが悪い大人こそやるべきだし、矯正はやる気がなくては難しい所もあるので、年齢の事を気にするよりも、自分自身のやる気のある時が1番のタイミングだと思います。

私の場合も、「もう大人だしな」と思っていましたが、私のタイミングは今だ!
全く遅い事はない!という風に考え方を変えて矯正を始める事にしました。

そして、私が大人になってから矯正治療を行う事にした理由は3つあります。

1. 見た目

歯並びの悪さは昔から気にはなっていましたが、思春期などに矯正装置を付ける事が嫌でしたし、やりたい(やった方が良い)という気持ちも多少ありましたが、実際あまり本気では考えていませんでした。

大人になってから行った歯医者さんでは、歯を抜かないと矯正は出来ないと言われた事もあり、大人になるにつれて矯正をする気持ちはなくなっていました。

でもある時、たまたま友人に横から撮られた写真があり見た時に、まず私の最初の感想は「私ってこんなに出っ歯だったんだ!」と自分の横顔を見て衝撃をうけました。

それも1つのきっかけとなり、再び歯並びが気になり始めました。
横から見ると出っ歯が目立つので、写真を横から撮られないようにしていました(笑)
今となっては気づかせてくれた友人に感謝ですね?

もう一つのきっかけとなった事は、海外旅行に行った時に外国の方は皆歯並びが綺麗だなと感じて調べてみたら、アメリカなどでは矯正をする事が当たり前の事で、50%程の人が矯正治療を経験しているそうです。

その出来事もあり、余計に自分の歯並びが気になって、矯正をしたいという気持ちが高まりました。

そんな時に、当院の矯正専門医の安香先生や栗林理事長に相談したところ、歯を抜かなくても矯正できるかもしれない。

と言われレントゲンの分析など色々と調べてもらい、矯正治療を始める事になりました。

2. 噛み合わせ


※開口症例

元々私は矯正をするまで、開口と言って奥歯でしか噛んでいないような噛み合わせでした。
その為、奥歯に虫歯が集中したり、奥歯でしか噛んでない事により多くの負担がかかり、虫歯がない歯だったにもかかわらず、奥歯にヒビが入ってしまった事がありました。
当時は開口という言葉すら知らなかったので、自分の噛み合わせのせいで、歯にヒビが入った事は知りませんでした。

今改めて考えると以前の噛み合わせの時には、なんの不便も感じていませんでしたが、前歯でラーメンなど麺類をかみ切った事はありませんでした…。
友人に話すとビックリされます!

3. 顎関節症

上記でも書いている開口の影響で、私は中学生くらいの頃、朝起きた時に口が開かなかった経験が何度かあります。今かん考えれば典型的な顎関節症の症状ですね。

無理に開けようとすると痛みがあり、顎もガクガクしていましたが、時間が経つと治ってしまうので、当時の私は子供だった事もあり、顎関節症を理解していなかった為、あまり気にとめていませんでした。

上記の3つの理由から矯正をする決断をしました。

大人になってからの矯正は周りの人の反応や、仕事、結婚など踏み切るまでに、他にも悩みの種がいくつもある人が多いですよね。

それでも矯正治療はしたて良かった!した方が良い!と今は思っています。
今に至るまでの治療の順を追って紹介させて頂きます。

矯正を始める前

奥歯左右2本ずつでしか噛んでいませんでした。

途中経過1 ~約3ヶ月後~

矯正治療と聞くと、まず歯の全体に装置が付く事を想像されてる方が多いですよね。

私の場合は上記で紹介している通り開口といって、元々前歯が噛み合ってなかったので、最初は前歯には装置を付けずに、矯正治療をスタートしました。

矯正器具を付けたばかりの頃は、歯を動かす途中段階で歯を触ると少し揺れるので、ビックリした事を覚えています。

歯が多少揺れるのは、歯を並べる上で皆経験する事なので、心配されなくて大丈夫ですよ!

途中経過2 ~約6ヶ月後~


※ハイブリッドハイラックス(使用期間約8ヶ月)

私の場合は上顎を広げる装置を入れる事により、並びきらない上顎に隙間を作り、親不知以外の歯を抜歯する事なく矯正治療をスタートする事ができました。

この装置を入れた時は、まず最初の感想は「話しにくい!」
そしてとても違和感があり、「この装置慣れる事あるのかな!?」と不安が大きかったのですが、1ヶ月程経った頃から徐々に慣れてきました。

装置をお見せすると、やっぱり皆さんとても不安を感じると思います。

個人差はありますが、ほとんどの方が慣れてくるので、安心してくださいね。

今までピッタリと並んでいた歯間部に、隙間ができてくるので、ビックリしましたが、一度隙間を作ってから、歯が並んでいきました。

途中経過3 ~約1年半後~

前歯に装置がやっと付き、これで一番気になっていた前歯が並んでくると思うと、楽しみでワクワクしました。


※TPA

上顎がしっかり広がったので、上顎に入れている装置が一回り小さくなりますので、ハイブリットハイラックスと比べでとても喋りやすくなると思います。

途中経過4 ~約1年9ヶ月後~

Meaw(ミャウ)といって、複雑なワイヤーを使う事によって、歯を三次元的に動かす事が可能になります。

とても有効な装置なのですが、欠点が一つ。

「食べ物が挟まる」

普通の装置でも勿論食べ物が引っかかりやすくて大変なのですが、Meawは更に食べ物が
挟まりやすくて、歯ブラシが大変なんです。

いつも以上に、丁寧なブラッシングが必要になります。

途中経過5 ~約2年後~

Meawを入れた甲斐あり、上顎のアーチが綺麗になってきました。
奥歯はまだ微調整があるので、奥歯はまだMeaw継続中です。

現在 約2年半経過 

まだ噛み合っていない箇所もあるので、ゴムを使って微調整中です。

このような段階を経て、現在に至ります。

まだ矯正治療が終わったわけではないのですが、今まで色々な矯正治療を経験してきて、上記にもありますが、痛みを伴ったり、不便な事も多々乗り越えて今にたどり着いているので、今は矯正を始めて本当に良かったと思っています。

途中段階で、自分のブラッシングに不安があると、虫歯になっていないかとても心配になる時があるのですが、定期的にフッ素塗付も行い、虫歯チェック、クリーニングもしっかりしてくれるので、不安な事はいつでも相談できます。

もう遅いのではじゃないかと思っている方も、これからまだ長い人生、数十年の中の数年、矯正治療をする価値は十分にあると思います。

ただ大人の場合は、歯周病や骨の状態などで矯正治療ができない可能性もあります。

もし矯正治療に少しでも興味がありましたら、一度栗林歯科医院で、相談してみてはいかがでしょうか。


歯科医師勉強会[2015/12/21]

今回の歯科医師勉強会は、それぞれのドクターが担当している患者様の症例発表を行いました。

約10分ほどのプレゼンテーションで、治療結果や治療計画、治療の際の悩みなどを共有しました。
先輩ドクターの発表を聞いて後輩ドクター達は良い刺激を貰ったと思います。

今後も患者様に最善の治療を提供できるよう一致団結して、頑張っていきたいと思います。

皆様、良い新年をお迎えください。

S__1957911


2015年♪

カテゴリー:Information , スタッフブログ 投稿者:

お久しぶりです♪

歯科衛生士の辻田です!!

 

皆さま、いかがお過ごしでしょうか??

12月はクリスマス、年末とバタバタですね(^^♪

 

 

201512250901

 

栗林歯科医院も2015年の忘年会が無事に終了しました!!

お忙しい中、沢山の業者さんが来てくださいました。

 

年々、感じますが、今年は第二診療所も加わって大きく拡大し、スタッフも倍になり

どんどん大きく成長をし続けているなと感じます。

 

また、毎日ストレスなく、安全に医院を回すことができるのはいつもお世話になっている業者さんの存在があるから、

毎日楽しく働けて、何かあると手を差し伸べてくれるスタッフがいるから今年も乗り切ることが出来たと感謝しています(*’ω’*)

 

お疲れ様でした!!!

 

 

 

 

話しは変わりまして。。。。

 

 

私事ですが、2月で栗林歯科医院を卒業することになりました。

担当の患者様には直接ご報告をさせて頂いていますが、まだご報告ができていない患者様がいらっしゃいます。

ブログでのご報告になってしまい申し訳ございません。

 

栗林歯科医院で、たくさんの患者様との出会いがありました。

仕事のモチベーション、人として、女性として。。。ここには書ききれないぐらい私の心に響く事だらけでとても勉強になりました。

 

感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました!!

 

栗林歯科医院を卒業しても、ここで学んだことは忘れません(´▽`*)

大切に大切にします♬

 

 

 

残り少ない2015年!!!

頑張って乗り切りましょう!!

 

これから始まる2016年はもっともっと

頑張りましょう!!!!!!

 

201512250900

 

【お口の悩みQ&A】

 

ホワイトニングって永久に白いの??

 

→ホワイトニングは後戻りをしてしまいます。

期間が空けば空くほど、再び時間が掛かってしまいますので、半年から

一年のメインテナンスをお勧めしています。

しっかりとメインテナンスをしていれば安定した白さをキープすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


受付勉強会【12/21】

カテゴリー:勉強会、セミナー 投稿者:

2015年12月21(月)受付勉強会を行いました。

【メンバー】

原田・太田・篠崎・森田・野口

【内容】

◆新規患者様のカルテ登録に際しての統一事項

◆患者様へ送信しているSMS(前日予約の確認メール)の情報共有

◆今後5人体制となるため、それぞれへ担当割り振りの決定

◆新人教育について

【感想】

8月、11月より2名の受付が新たに入社致しました。

新人2人は一生懸命に受付業務を覚えようとする姿勢がみてとれるのと、

不安なことや不明なことがあった場合は、そのままにしておくのではなく、

きちんと言葉で直接言ってくれるため、

今後の新人教育の参考になることも沢山あります。

自分の固執した考えで物事を進めるのではなく、

様々な意見を聞くことが大切だと改めて実感し

また、それらの意見をどのように活かし、

有効にしていくことが今後の課題だと考えております。


歯科衛生士勉強会【12/21】

【課題】

①H28年度歯科衛生士マニュアル作成について

 

②工藤さんによる臨床検討ホワイトニングプレプレゼン

 

【内容】

①マニュアル分担

新人さんが見やすいマニュアル作りの徹底。

削除箇所。

バージョンアップ項目のリストの見直し。

新人さんが使用してみてわかりにくい箇所のピックアップ。

各項目の分担。

今年はMFT、新人教育を新しい項目としてバージョンアップをする。

②工藤さんによるホワイトニングプレゼン

ホワイトニング知識の見直し、内容確認。
ホワイトニングって?
患者様にしっかりと説明ができるように全職種が理解できるようにする。

 

【感想】

人数も増えたので、マニュアル作成も前年度よりバージョンアップができるように頑張ります。

マニュアルの作成は一年の総まとめになりますので、一年を振り返り来年度に繋げたいと思っております。

 


ドイツ☆クリスマスマーケット

カテゴリー:Blog , スタッフブログ 投稿者:

こんにちは☺︎

トリートメントコーディネーターの丸山です♪

先日お休みを頂いて、昔からずっと憧れていたドイツのクリスマスマーケットに行ってきました♡

そして、今回は初めての1人旅でした!!

1人旅と言ってもツアーだったので、大丈夫だったんですけどねヾ(*´∀`*)ノ

直行便ではなかったので、まず12時間のフライトから、スイス・チューリッヒ空港でトランジット!

そしてチューリッヒ空港から1時間足らずで、ミュンヘンに到着♬

その日はすぐにホテルへ。

ホテルの場所は、なんだか見覚えのある場所でした。

なんと、そのホテルは4年前にドイツに来た時に泊まったホテルでした!

とてもビックリしましたが、周りのお店や駅の場所などを少し覚えていたので、少し安心♬

クリスマスマーケットツアースタート!!!

まずはローテンブルグのクリスマスマーケット♬

ローテンブルグの街は絵本の世界みたいでとっても可愛かったです\(*^-^)ノ

ローテンブルグのクリスマスマーケットは、とても小さな規模だったのですが、他の建物や雰囲気で大満足♡

次はニュルンベルク♬

ニュルンベルクのクリスマスは、想像以上に大きくて、見て周るのがとても大変でしたが、お店もいっぱーい出ていて、素敵な雰囲気でした(^-^)

そして最後にミュンヘンのクリスマス♬

ミュンヘンのクリスマスマーケットは、正直ノーマークだったんですけど、一番大きい規模でした!
お店も数え切れない程出てましたし、クリスマスマーケットの名物の1つでもある、マグカップの種類もたくさんありました。

選びきれないくらいあったのですが、お気に入りを見つけて購入しました♬

ホットワインを初めての飲んだんですけど、飲みやすくて美味しかったです(^-^)

今回はノイシュヴァンシュタインにも行ったり、盛りだくさんの旅行で、あっという間でした♡

本当に行って良かったです!

またすぐにでも行きたいくらい本当に楽しかったです!

次の旅行を楽しみにまた頑張りたいと思います!


【お口のお悩みQ&A】

Q:矯正中に食べられない物ってありますか?

A:私も現在矯正治療中ですが、実際に矯正装置が付いているからといって、絶対に食べられない物はありません。

しかし、繊維質の野菜、りんご、ほうれん草などは食べると歯ブラシがとっても大変になります。

あとこの時期皆さんが気になる食べ物といえば、お餅!お餅って矯正をしていても食べられるんですか?
という質問を受ける事があります。
答えはとても微妙です。
でも私は、お雑煮に入ったお餅なら食べても大丈夫でした!
焼き餅は、避けた方が無難ですね。

なので矯正仲間の皆様!食べるとしたらお雑煮にしておきましょう!

色々避けるべき食べ物はありますが、何を食べるかより、食べた後にしっかり歯ブラシをする事が一番かと思います!
歯ブラシ方法など、わからない事があれば気軽に質問してくださいね(^-^)


健康維持のため…

カテゴリー:スタッフブログ 投稿者:

こんにちは。

歯科医師の菊池です。

 

寒くなりましたが、みなさまお元気ですか?

学生時代に比べ、最近はめっきり運動する機会が減ってしまいました。

そこで、まずは手軽に運動でき、景色も楽しめる自転車を始めてみました。

皇居、お台場、東京タワー、六本木ヒルズ等々自転車で行き、そこで景色を楽しんだり美味しいものを探してみたりして、自転車を楽しんでいます。

これからも適度に運動しながら、楽しく健康維持していきたいものです。

【お口の悩みQ&A】

Q.妊娠中ですが、歯科治療を受けても大丈夫ですか?

A.原則として、応急処置・口腔衛生指導以外の歯科治療は勧めません。しかし、どうしても必要な治療は、妊娠中期(5か月~8か月位)に行うこともあります。また、X線撮影時には、防護エプロンを着ることで、胎児への被曝量はほとんどゼロになりますので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。局所麻酔も、通常量の使用であれば、母体・胎児ともに影響はありません。

 


CARPE DIEM BLOG②

カテゴリー:スタッフブログ 投稿者:

お久しぶりです!歯科医師の田中義篤です。

休日はストレス発散もかねてランニングや柔術の練習をして過ごすことが多いです。汗をかいたぶんだけリフレッシュできる気がします。

ランニングは季節の移り変わりを肌で感じることができるので、飽きずに続けられています。

東京タワー

S__1703998

 

皇居

S__1703996

 

柔術を初めて1年。仕事前や仕事終わりにも行くことがあるのですが、どんどんハマっています。技術を向上させる楽しみだけでなく、そこで出会う幅広い年齢層、職層の人達との会話も通う楽しみの1つです。

S__1703997

 

 

【お口の悩みQ&A】

Q.保険と自費の被せ物の違いは何ですか?

A.違いは沢山ありますが、一つに汚れ(バイオフィルム、プラーク)のつきやすさに違いがあります。自費の被せ物の材料に使われてセラミックは金属よりも格段に汚れがつきにくいです。つまり、自費の被せ物は保険の被せ物よりも虫歯や歯周病になりにくいとも言えます。