歯科衛生士勉強会【3/11】

・せきど矯正小児歯科の見学にいって、栗林歯科矯正システムの見直し。
・栗林歯科矯正システムのDHの役割について。
【内容】
・せきど矯正にいってみて栗林歯科医院に取り入れられるところ。
→MFT実技の見直し
   ◆スポット・スワープスワローからベーシックコース(5種類)に沿ってレッスンをする。
   ◆舌トレーニングに力を入れる。
   ◆患者様にアドバイスをする上でDHの自分達がしっかりとできるように特訓をする。
→MFTの目的を再度を理解する
   ◆冊子のバージョンアップ・説明ツールを作成しDH内で共通の説明ができるようにする。
【感想】
せきど矯正歯科を見学してMFTの重要性を再確認しました。
MFTは習慣づけることが重要になるので、患者様とのコミュニケーションも大切になりますし患者様の癖などよく観察する必要があります。
せきど矯正歯科のDHさんは患者様とのコミュニケーションを大切にし時間がかかっても一生懸命指導していました。
また、しっかりと冊子を作っていて説明ツールもあり、円滑な診療システムでした。
MFTの記録もしっかりと取っており患者様の管理もしっかりとていて栗林歯科にも導入したいと思っています。                 
           
     
]]>

関連記事

最近の記事

  1. インシップビル外壁工事のお知らせ

  2. 12月の休診日

  3. 歯科医師・歯科衛生士合同勉強会【11月18日】

アーカイブ
TOP