矯正治療のメカニズム〜矯正を早く終わる方法は?〜

カテゴリー:Blog , Information , みんなが知りたい“歯”のはなし , スタッフブログ , 栗林歯科医院コラム 投稿者:【 歯科医師チーム リーダー 】 川野 裕貴子

こんにちは!

寒さが本格的になってきましたが、体調を崩したりしていませんでしょうか?

長い冬が終われば、新年度で新しい生活になる方も多くいらっしゃると思います。

栗林歯科医院でも、新生活になる前に矯正をしたい!という方多くいらしゃいます。

もしご興味のある方は矯正無料相談もありますので気軽にお声がけください!

ところで、矯正と言われると、ワイヤーやマウスピースで歯を動かして噛み合わせを整えるものという事以外不明な点が多いと思います。

なので今回は矯正でよく聞かれる疑問について答えていきたいと思います。

 

 

 

 

1、どうやって歯が動く?

歯は硬い骨の中に埋まっています、この中をどのようにして動くのでしょうか?

歯と骨の間には、歯根膜という骨と歯を繋ぐ繊維を含んだ組織があります。歯根膜は物を噛んだ時にクッションのような役割をし、矯正で歯を動かす時に重要な働きをします。

矯正装置の力によって歯根膜中の繊維が縮んだり、伸びたりすると歯根膜は元の厚さに戻ろうとします。

この、歯根膜が元の厚さに戻ろうとする働きによって、力の掛かった方向の縮んだ歯根膜側では骨を溶かす「破骨細胞」が、反対側の伸びた歯根膜では骨を作る「骨芽細胞」が働きます。

力のかかっている骨は吸収していき、その反対側のこの2つの細胞の働きが繰り返されることにより、力のかかっている骨は吸し、反対側の骨は作られていく事で、歯は少しずつ動いていきます。

 

2、1ヶ月に何mmくらい動くの?

歯は1ヶ月で平均0.5~1.0mmくらいとされています。

すごく動きが遅く感じますよね?強い力をかければもっと早く動くのではないかと思いますよね?

しかし、強い力で引っ張れば大きく動くというものでもありません。

適切な力で動かすことで、歯がしっかりと動くのです。

また、適切な力で動かさないと歯が吸収することがあるので、無理な力をかけずに徐々に力をかけていかなければなりません。

また、歯のお掃除などが出来ていないと、歯肉が炎症し、動きが悪くなることがあります。

矯正中は装置が邪魔してお掃除が難しくなるので、歯科医院での歯ブラシ指導が大切になってきます。

栗林歯科医院では矯正の進みを良くする事と、虫歯予防、歯周病予防の為に歯ブラシ指導とお掃除を矯正中もさせて頂いています。

 

 

 

3、流れ(+虫歯があるときはどうなる?)

矯正の治療は殆どの方が初めての方です。(過去に矯正を行って後戻りをしてしまって再治療の方もいらっしゃいます。)

どのような流れで行なって行くのかわからないですよね。

(1)精密検査

(2)キャディアックス 検査(正しい顎の位置を分析します)

(3)ご契約

(4)装置が着く前に虫歯、歯周病がある場合はここで治療をします。

(5)MFT(口の周り舌の筋肉を鍛えるトレーニング)

(6)矯正装置にて矯正開始(固定式矯正装置→可撤式矯正装置)

(7)矯正装置除去・最終精密検査

大まかな流れはこのようになっています。

しかし、歯並びによって矯正装置の種類、治療の流れは大きく変わります。

栗林歯科医院では矯正無料相談を行っているので相談していただけるとより詳しくお話しすることができるので、ご興味のある方は一度ご相談ください。

4、期間はどれくらい?早く終えることはできるの?

期間は歯並びによって変わっていきます。成人では2~3年(4年)の方が多いですが、お子様ですと生え変わりが終わった後に最終的に噛み合わせを治していくので治療期間は長くかかります。

治療を早く終わらせるには、まず装置の力が確実に歯にかかっている事が大切なので装置外れていない事が大切です。

歯が汚れていたり、お口の周りの筋肉や舌の癖によって装置が外れてしまう事があるので定期的な来院とケアが大切になってきます。

矯正装置が付いていると歯磨きがしづらいので、栗林歯科医院では、歯磨き指導と治療を行なっております。

それと同時に矯正の進みをよくする為にMFT(お口の周りと舌の筋肉のバランスを理想の位置に持って行くトレーニング)を行うことによって治療期間を短く、尚且つ、後戻り等を少なくする治療を心掛けております。

 

 

 

5、矯正では歯を抜かないといけないの?

栗林歯科医院でも非抜歯を希望する患者様は少なくありません。

出来ることならご自身の歯は1本でも多く残したいですよね。

栗林歯科医院では特殊な装置などを用いて、非抜歯矯正を心掛けております。

例外としては横向きに生えている親知らず、非抜歯だと極端に矯正期間が延びてしまう場合、先天的な欠損歯があり歯の本数が左右で合わない場合などがあります。

どのような装置を使用するかは歯並びによって異なる為、検査等を行なった後最終的な治療計画をご説明させて頂いております。

また、小児矯正から行うことで顎の成長をコントロールし、可能な限り永久歯を抜かなくていいようにして行く事ができます。

矯正治療は場合によっては歯を抜くだけでなく、顎の骨を外科治療で動かしていかなければいけなくなります。

将来、お子様の歯並び不安な場合は一度ご相談して見てください。

 

 

 

6、矯正で親知らずは必ず抜歯する?

親知らずがあると言われたことはありますか?

歯科医院で親知らずがあると言われた方は多いと思います。

さらには現代人は顎が小さいので親知らずが生えきらず、横向きになってしまっている方がほとんどです。

矯正を行う際、この様な親知らずがあると歯を並べるスペースが足りなかったり、

矯正終了後に後戻りの原因になる場合があります。こういった場面には親知らずを抜く事があります。

また、お子様の場合、未完成の親知らず(歯胚)は歯の根っこが形成されておらず、この時点で抜いたほうが楽に抜けるので抜歯をお勧めする事があります。

逆に、親知らずを抜かない場合としては、矯正の際に親知らずを使って噛み合わせを作る場合や親知らずが深く埋まっており、歯並びに影響を及ぼさない場合などは親知らずを抜かない場合があります。

 

 

 

栗林歯科医院 公式LINE始めました!
治療に関するご相談、ご予約はLINEメッセージからも承ります。
お気軽にお問い合わせください。

公式LINEの友達追加はこちら↓

https://lin.ee/8eeSWd


歯を残す為の歯周外科

カテゴリー:みんなが知りたい“歯”のはなし , スタッフブログ , 栗林歯科医院コラム 投稿者:【 歯科医師チーム リーダー 】 川野 裕貴子

こんにちは!栗林歯科医院歯科医師の川野です。

今回は、歯周外科のお話をさせていただきます。

 

1)歯周外科治療とは

2)フラップ手術

3)歯肉根尖側移動術

4)歯周切除術・整形術

5)歯冠長延長術

6)歯周組織再生療法

7)歯肉歯槽粘膜治療

8)分割抜歯

 

 

 

1)歯周外科治療とは

歯周外科治療…聞いたことはあるけど、どういった場合に行う必要があるかいまいち分からないですよね。

歯周治療と言うだけあって歯周病の方に行います。

歯周病とは歯肉の病気と思いがちですが、実は歯肉の下の骨の病気を歯周病と言います。

原因としてはお口の中の細菌から起こる炎症性の疾患です。歯周病菌の除去が不十分だと歯周病は進行し、骨が溶けていき、重度の歯周病になると歯が抜けてしまったり、口臭、歯並びの変化などが起こります。

軽度の歯肉炎(歯肉に限局した炎症)であれば歯磨きの改善や定期的な検診で改善可能です。しかし、歯周病が進行していくと、普段のお掃除での細菌の除去が難しくなりさらに歯周病が悪化することがあります。歯周外科とは、このようなお掃除が困難になった歯周組織の細菌除去と清掃性の向上を目的として行う外科治療のことを言います。

歯周病治療の流れとして、初診時に歯と歯肉の間にある歯周ポケット値、レントゲンなどを参考に歯の周りの骨の吸収度を調べます。その後、歯磨き指導や病院でのお掃除などでお口の環境を整えていきます。お口の環境が改善された状態で再検査を行ないます。歯肉炎や軽度の歯周病であればこの時点で改善、もしくは安定した状態になります。しかし、骨の吸収が大きい箇所や、清掃性が悪い箇所は症状が改善があまり認められず、今後も歯周病が進行してしまいます。改善の認められなかった箇所の歯周組織には歯周外科処置を行なっていきます。

 

 

2)フラップ手術

歯肉を切開し、歯肉の上からの歯周病治療では除去できない細菌や歯石を除去し、 炎症した

歯周組織の除去と細菌がつきにくい状態を作ります。

利点 傷口が塞がれた状態でオペが終了する。

見た目の変化が少ない

欠点 場合によっては細菌の完全除去が難しい

 

 

土田 浩司_2015.09.29_A004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3)歯肉根尖側移動術

被せ物を行う予定の歯に行います。深い歯周ポケットの改善、清掃性の悪い歯肉の改善を行

います。

利点 お掃除のしやすい状態の歯肉になる。

歯周ポケットの再発が少ない

欠点 見た目の変化が大きい

しみやすくなる場合がある

 

 

 

 

4)歯周切除術・整形術

お薬などで歯肉が増殖してしまった場合などに行います。歯肉が肥厚した骨の吸収のない仮

性ポケットを改善するため、歯肉の切除、形成を行います。

利点 お掃除のしやすい歯肉の状態になる

欠点 再発の可能性がある

 

 

 

5)歯冠長延長術(クラウンレングスニング)

被せ物を行う予定の歯に行います。被せ物があっていなかったり、歯肉の下に虫歯があると

が歯周病が悪化する場合があります。そのために歯肉と骨を整えて歯肉の下の虫歯の除去、

適合の良い被せ物を被せられる環境にする。

利点 歯肉下の虫歯の除去ができる

歯の保存が見込める

審美性の改善(場合による)

欠点   歯がしみやすくなる可能性がある

審美性の悪化(場合による)

スクリーンショット 2019-07-26 0.51.11

スクリーンショット 2019-07-26 0.51.21

 

 

 

 

6)歯周組織再生療法

垂直的な骨の吸収がある場合骨の再生を目的として行う手術です。

歯肉を開き、炎症のある組織を除去し、その中に骨の再生を誘導する製剤を入れ骨を再生し

たい部位に歯肉が入り込まないように膜を敷きます。

骨の再生には骨移植とエムドゲインというタンパク質製剤を使用します。

骨移植に使用する骨製剤は状態によって使い分けをします。

自家骨→口腔内の多部位から採取したもの

他家骨→人由来のもの

異種骨→動物由来のもの

人工骨→人工的に作られたもの

エムドゲインはジェル状の液体のため、骨の欠損状態によっては骨製剤を併用する場合があ

ります。

 

利点 骨の再生が見込める

歯肉の理想的な付着が見込める

欠点 侵襲が大きい

 

スクリーンショット 2019-07-26 1.06.23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7)歯肉歯槽粘膜治療

歯肉の退縮や清掃性の悪い歯肉形態の改善を目的として行う手術です。

歯肉歯槽粘膜治療には遊離歯肉移植術と結合組織移植術があります。

遊離歯肉移植術は、硬い歯肉が少ない清掃性の悪い歯肉形態の改善を目的として行われま

す。

特に奥歯に行くにつれて硬い歯肉の少ない清掃性の悪い歯肉で行われることが多い。

手術部位を開き、上顎の歯肉から上皮のついた歯肉を採取し、手術部位に移植する。

 

利点 一度のオペで範囲の処置が可能

清掃性の良い歯肉の獲得

欠点 手術部位が2箇所になる(移植部位、供給部位)

歯肉の色などによる審美性の問題がある

 

スクリーンショット 2019-07-22 18.57.14スクリーンショット 2019-07-22 18.57.23

 

 

 

 

結合組織移植術は、歯肉の退縮により歯根が露出してしまった歯の歯肉を再生する目的で行

われます。前歯部などの歯肉や骨の薄い箇所で行われることが多い。

手術部位を開き、上顎の歯肉から上皮したの結合組織を採得し、手術部位に移植する。

 

利点 採得した歯肉に血液の供給が十分であれば成功率が高い

歯肉の色による審美性の問題が遊離歯肉移植術よりも良い

欠点   手術部位が2箇所になる(移植部位、供給部位)

上顎の歯肉が薄いとできない場合がある

 

 

スクリーンショット 2019-07-22 18.57.32

スクリーンショット 2019-07-22 18.57.39

 

 

 

 

 

8)分割抜歯

また、奥歯の歯は根が分かれておりその股の部分に細菌の感染が起こることがあります。

その場合は歯周組織再生療法や歯の分割、抜歯などを行なって股の部分の清掃性を改善する方

法が適用となる場合があります。

 

以上のように、歯周外科治療には多くのものがありますが、どの治療方法が適用か、どのようなリスクがあるのかは患者さんそれぞれによって変わってきます。

また、歯周病の改善、予防には普段からお口の中の状態を良くしておくことが大切です。そのためには初期治療(虫歯治療、歯磨きのチェック、歯科医院でのお掃除)を行ったのち必要であった場合歯周外科を行い、治療が終わった後も定期的な検診を継続することで健康なお口の中を保つ事ができます。

歯周病が気になっている方は一度ご相談ください。

 

医療法人社団 栗林歯科医院

 

歯科医師  川野裕貴子

 

 

 

 


歯ぎしり、食いしばり 〜無意識に歯を傷つけていませんか?〜

カテゴリー:みんなが知りたい“歯”のはなし , スタッフブログ , 栗林歯科医院コラム 投稿者:【 歯科医師チーム リーダー 】 川野 裕貴子

少しづつ暖かくなってきていますがまだまだ寒い日が続きますね。

また花粉症によって治療が辛そうな方、多くいらしゃいます。私も花粉症なので早く花粉のない季節になってほしいものです…

 

 

今日は歯ぎしり、食いしばりについてお話しさせて頂きます。

歯ぎしりと食いしばり何が違うかと言いますと、歯ぎしりは上下の歯をギリギリと横にすり合わせてしまう状態を言い。

食いしばりは横のすり合わせはないものの強く噛み締めている状態を言います。

 

 

これらの症状があると…

①歯への負担『歯の磨耗により歯がしみる、かける』『歯が割れて噛むと痛い』『噛み合わせが深くなって被せ物が取れやすい』

②顎への負担『口を大きく開け辛い、音がする』『朝目覚めた時に耳の前あたりが痛む』『噛み合わせが悪くなった』

③全身への影響『肩こり、頭痛』

 

 

 

 

 

これらの症状が全て歯ぎしり、食いしばりが原因で起こるとは言い難いですが、原因の一つと言われています。

 

 

歯ぎしり食いしばりは睡眠時や、集中している時に起こります。

なので自分が歯ぎしり食いしばりをしているかどうかは分かり辛いものです。

 

 

歯ぎしり、食いしばりで起こり得る症状は以下のものです。

 

①頬の内側、舌の横に付く歯の痕。

②上顎下顎にできる骨隆起

 

 

③歯の根元にできる溝

 

 

 

このような症状があると歯ぎしり、食いしばりをしている可能性があります。

 

 

 

もし症状がひどく、生活に支障がある場合は治療が必要となります。

①矯正により理想の噛み合わせに近づける。

噛み合わせの不正で強く噛んでしまう部位がある場合、矯正で歯全体で噛めるようにします。

歯ぎしり、食いしばりを完全になくすものではありません。

 

②検査結果を元にマウスピースを作成する。

顎の動きを測定して一番安定する噛み合わせの位置でマウスピースを作成します。

顎への負担軽減と、歯への直接的な負担を軽減します。

 

③上顎の型取りをし、マウスピースを作成します。

歯同士が強くかみ合うことを防ぎます。

 

 

 

このように歯ぎしり、食いしばり一つとっても色々な症状がみられます。

もし気になってらしゃる場合は、一度お話をしていただければと思います。

 

 

 

栗林歯科医院

歯科医師    川野裕貴子

 

 

 

 

 

 


入れ歯の種類と特徴

カテゴリー:みんなが知りたい“歯”のはなし , スタッフブログ 投稿者:【 歯科医師チーム リーダー 】 川野 裕貴子

急に風が冷たくなって皆さん風邪などひいていませんでしょうか?

 

今回は、入れ歯についてお話し察せていただきます。

虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった時食事が取りづらかったり、見た目が気になったり…そんな時に入れ歯があれば安心ですよね!

でも実際どのような種類があるのか、合わなかったらどうしよう…など不安なことも多いですよね。

 

 

入れ歯の種類

入れ歯には大きく分けて2種類あります。

 

・部分入れ歯

スクリーンショット 2018-11-24 19.05.00

歯が残っており、残っている歯にバネをかけることで、ピンクの部分の床(しょう)とバネで入れ歯を維持します。歯で直接維持している為、比較的維持がされやすいです。                                          しかし、歯と入れ歯の間プラーク(菌の塊)が溜まりやすいので、入れ歯はもちろん、ご自身の歯のケアも重要になってきます。

 

 

・総義歯

スクリーンショット 2018-11-24 19.04.44

歯が残っていない場合は床のみで維持する総義歯になります。総義歯は粘膜に対して吸着するように作成します。         隙間があると外れやすくなってしまう為、作成時にはより精密な型取りが必要になります。

 

これらの入れ歯の中にも色々な特徴を持つものがあります。

違和感の少ないもの…バネの目立たないもの…                                                                                                                                            何かご要望がありましたら作成前にドクターとよく相談をしてみてください!

display

 

 

 

入れ歯のトラブルと対処法

入れ歯を入れる際に不安に思われるのは、入れ歯が痛い、合わないなどが挙げられます。                    柔らかいお口の中に硬い入れ歯が入るのですから少しでも当たりが悪かったりすると痛みが出やすくなってしまいます。      その際は調整を行いますが、削りすぎたりすると、他の部位が痛くなったりする原因になるので少しずつ調整をすることでご自身のお口に合わせていきます。                                                 また、お口の中は日々変化が起こるので、今まで使用していた入れ歯が緩くなってしまったり、装置が壊れてしまった場合は早めにご来院ください。

 

その他にも何かご不明点のある方は一度ご相談ください。

 

 

 

 

医療法人社団 栗林歯科医院

歯科医師 川野 裕貴子


お子さんの虫歯予防について

カテゴリー:みんなが知りたい“歯”のはなし , スタッフブログ 投稿者:【 歯科医師チーム リーダー 】 川野 裕貴子

暑い日が続いていますが皆さん体調を崩されていませんか?

今回は、お子さんの虫歯予防についてお話ししていきます。

『乳歯は生え変わるから永久歯が生えた時に虫歯予防すればいい』と思いがちです。

しかし、お口の中の菌の量は乳歯が生えてくる時期に決まり、乳歯と永久歯が同時に生えている時期に乳歯が虫歯になると、  近くの永久歯も虫歯になりやすくなります。

つまりは、お子様の時のお口の環境が将来の虫歯に影響してくるのです。

では、どのようにして虫歯予防をしていけばよいのでしょう?

 

 

 

1、歯磨き

  

  『毎食後、頑張って磨いているけど歯医者さんに行くと汚れていると言われてしまう…』

   このようなお子さんは間違えた磨き方をしている可能性があります。

   当院では歯磨きの苦手なお子さん、仕上げ磨きのポイントがわからないお母さんに歯磨き

   指導を行っていますのでいつでもご相談ください。

 

2、フッ素

 《主な効果》

  ・初期の虫歯を治す

  ・菌が出す酸の産生を抑制する

  ・歯を強くする

  生えてきたばかりの乳歯、永久歯は虫歯になりやすいためフッ素を使用することをお勧めします。

  最近では市販でもフッ素入りの歯磨き粉が多く出ていますが、歯科医院で扱っているものはフッ素濃度が高く、

  半年に1回ほどの使用で虫歯に負けない強い歯を作ることができます。

また、フッ素入りの歯磨き粉も販売しております。

 

3、シーラント

  シーラントとは虫歯になりやすい歯の溝にプラスチックの材料を詰め、虫歯を予防する治療です。

  この治療は保険適用内で行うことができます。

  

4、唾液検査

  歯磨きができない人、お口の中の菌が多い人、甘い物が大好きな人…虫歯の原因は人それぞれです。

  原因が違うのなら予防法もそれぞれ違います。

  唾液検査では、菌の数や唾液の力などを評価し、患者さんそれぞれにあった予防法を提案、ケアをしています。

  唾液検査は唾液を吐き出すことができるお子さんならばできる検査です。

  原因を知ることが予防の第一歩ですので当院では検査をお勧めさせていただいております。

  

  

このように、虫歯の予防は早く行っておくに越したことがありません。

お子さんが夏休みのこの時期に一度検診にいらしてください。

また、小さなお子さんの為のキッズスペースもありますのでご兄弟での来院も気兼ねなくご相談ください。

医療法人社団 栗林歯科医院

歯科医師 川野 裕貴子


神経の炎症で起こる症状 

カテゴリー:みんなが知りたい“歯”のはなし 投稿者:【 歯科医師チーム リーダー 】 川野 裕貴子

今回は神経が炎症を起こしてしまった場合どんな症状が出てくるのか、                          また治療せずに放置してしまうとどのようなことが起こってくるかをお話ししていきます。

 

 

1)知覚過敏
冷たい飲み物を飲んだ時、うがいをした時に歯が一時的に痛む状態です。
原因としては、噛み合わせ(食いしばり、歯ぎしり)、歯肉の退縮、過剰な歯ブラシ圧など
によって歯の表面のエナメル質が薄くなる事で起こります。
この場合、染み止めのお薬の塗布、詰め物を行って染みるのを止めます。
知覚過敏を放置すると神経が炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

2)歯髄炎

歯髄炎とは神経が炎症を起こしている状態で細菌感染や痛みなどの刺激によって起こります。
初期症状では冷たいものや甘いものを口に含んだ際に痛みが出ます。治療せず症状がさらに
進行すると温かいものでもしみるようになったり、就寝時に痛みが強くなる、持続的な強い
痛みが出てき、噛むと痛みが出ます。
このような症状が出てくると神経を保存することが難しくなってきます。

 

 

 

 

 

 

3)根尖性歯周炎
歯髄炎をが進行すると神経の空洞に細菌が繁殖し、根の先に膿の袋を形成します。
症状としては噛んだ時に痛みが出る、歯が浮いた感じがする、歯茎にできものができ
割れると膿が出てくる、歯によっては上顎にある副鼻腔という空洞と交通して副鼻腔炎を
起こしたり、膿の袋が大きくなると最悪、歯が保存不可能になることもあります。

 

 

 
以上の病気になると神経の処置が必要になることがあります。
神経の処置を行うと、歯がもろくなったり、虫歯になっても痛みを感じないことから歯の寿命を縮めかねません。
だからこそ、痛みがなくても定期的な検診を行い、早期治療をお勧めします。

 

 

 

現在の症状、治療に関して、不安な点や疑問点がある場合はいつでもご相談してください!

 

 

医療法人社団 栗林歯科医院 川野裕貴子


時間のかかる根管治療を早くより確実に終わらせるために

カテゴリー:みんなが知りたい“歯”のはなし 投稿者:【 歯科医師チーム リーダー 】 川野 裕貴子

前回は根管治療の流れとなぜ時間がかかるのかをお話しさせて頂きました。

根管治療は治療時間がかかるため、忙しい方や、お口が開けられない方などには大変な治療です。

栗林歯科医院では難しい根幹治療をできるだけ早くより確実に行えるような治療方法を患者さんに提供させていただいています。

 

今回はその治療方法についてお話しさせて頂きます。

 

 

 

1、CT

 

第1回でお話しした通り、複雑な根の状態を把握する為には三次元的に根の形態が分かるCTを用いることで

より精度の高い治療がおこなえます。

また、CTを用いることによってレントゲンでは見えなかった根の先の膿の袋を見つけることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

2、マイクロスコープ

 

こちらも第1回でお話ししたマイクロスコープです。

暗いお口の中での細い根の治療は難しく、さらに奥歯に行くほど神経は複雑な形になります。

 

このような治療を目視せずに行っていてもいい結果を得られにくいのです。

その為にマイクロスコープを使用し、細かい治療をより確実に行なっていくことで治療時間を短くします。

 

スクリーンショット 2017-07-22 19.05.15

3、Ni-Tiファイル

 

歯の神経は歯や年齢、治療時の状況によって細くなっていることがあります。

また、根が曲がっていて器具が入りにくいものなどもあります。

 

そうなると神経の管の形を整えるのに時間がかかってしまいます。

Ni-Tiファイルは電動で神経の管の形整える機械です。

自費の治療となってしまいますが根の状態によってはNi-Tiファイルの使用をご提案させていただくことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

以上のように、栗林歯科医院では根管治療を早く、より確実にする為多くの器具を使用しています。

 

時間のかかる歯科治療、不安なことや疑問などありましたらいつでもご連絡ください!

 

 

 

医療法人社団 栗林歯科医院 川野裕貴子


根管治療の流れ ~なぜ治療に時間がかかるの?

カテゴリー:みんなが知りたい“歯”のはなし 投稿者:【 歯科医師チーム リーダー 】 川野 裕貴子

前回は、栗林歯科医院では根管治療を成功させるために多くの設備のお話をさせていただきました。

 

根管治療は歯の中にある神経が傷んでしまったり、死んでしまった時に行います。

症状としては…

・冷たいもの、温かいものの持続的な痛み

・自発的な痛み

・噛み合わせた時の痛み          などがあります。

 

 

以上のような症状があった場合、治療が必要になる場合があります。

今回は、実際の治療の手順をお話ししていきます。

 

 

 

STEP1,歯を削り神経を露出させる

 

 

 

麻酔をした後、虫歯を取り除きながら神経を露出させていきます。

ここで虫歯の取り残しがないように拡大鏡などを使用していきます。

 

 

 

 

 

STEP2,細菌に感染した神経を取り除く

 

細菌に感染してしまった神経をステンレス製の器具でとっていきます。

取り逃がしてしまうと痛みの原因となります。

神経の通る管は歯によって3~4本あるものもあるので1本1本丁寧に治療を行う必要があります。

この時のCTやマイクロスコープがあると神経の取り残しを減らすことができます。

 

 

 

 

 

STEP3,神経の管の形を整える

complete-recovery005

 

根管治療を行なった後、緊密に薬を詰める必要があります。

しかし、神経の走行や形は複雑だったり細かったり…このままでは薬が綺麗に詰められません。

そのために神経の管の形を整えていきます。

 

 

 

 

 

STEP4,最終的な薬を詰める

 

complete-recovery006

神経の管の形を整えた後はがったパーチャー(ゴムのような材料)を詰めていきます。

この際に隙間ができてしまったりするとそこから再び感染を起こす可能性があるので緊密に材料を詰めていきます。

 

 

 

 

 

以上の治療が終了後、被せ物を被せる治療を開始します。

 

このように根の管の治療は何回か手順があり、細かい作業となっています。

その為、治療に回数がかかることがあります。

 

私たちもできるだけ早く、再治療を防げるように治療を行っていますが

なにかご不明な点がありましたらいつでも仰ってください!

 

 

次回は難しい根幹治療をできるだけ早くより確実に行えるような治療方法のお話をしていきたいと思います。

 

 

 

 

医療法人社団 栗林歯科医院 川野裕貴子

 


根管治療について

カテゴリー:みんなが知りたい“歯”のはなし 投稿者:【 歯科医師チーム リーダー 】 川野 裕貴子

今回は「根管治療」についてお話しします。

根管治療とは歯の中にある神経の治療で虫歯菌に感染してしまった神経、歯質を取り除き、

代わりとなる薬を入れる治療です。

1、神経の治療となる原因

神経の治療が必要な時は大きく分けて二つあります。

今回はそのうちの一つ「抜髄」についてお話しします。

まず、神経とは全ての歯に個別で存在し痛みやしみに非常に繊細な感覚器官です。

原因は虫歯の菌が神経に達して起こる場合や、神経に強い刺激が与えられた時に起こります。

    スクリーンショット 2017-07-21 15.44.51

このような原因で神経の炎症が起こると歯がズキズキ痛くなったり、歯茎が腫れ膿が出てきたりします。

スクリーンショット 2017-07-22 18.43.48

上で示した写真のようにレントゲンでは黒い線のように写ります。

虫歯は細菌による感染症の一つと言われており、虫歯菌を放置していると、

歯を溶かしていき歯の神経近くまで虫歯が進行していきます。

そうすると、以下のような症状が出ます。

1)冷たいものがしみる

2)温かいものがしみる

3)何もしなくても痛い

4)歯がしみた後、しばらく痛みが持続する

いわゆる、神経が感染した状態になるので、神経を取るといった処置が必要になります。

神経を取ると言っても、神経は線維性なので中々一塊では取れないので、神経の通り道(通称:根管)にこびりついている

細菌や神経を器具を用いて取り除いていきます。

神経が残った状態を放置していると歯を支えている骨や歯自体を溶かし、

場合によっては歯を抜かなくてはならなくなります。

このような歯を保存していくにあたって何が重要かというと、

根の中にいる細菌を取り除き、再び感染しないように緊密にお薬を詰めていくことが大切になってきます。

2、治療手順

では、実際の治療手順を上げていきます。

①麻酔

②歯の上部から穴を開けて神経の入り口を明示させます。

③根の中にある神経と細菌感染した歯質を除去していきます。

④根の中の細菌除去、お薬を詰める準備、膿の縮小が見られたら最終的なお薬を詰めていきます。

⑤歯の土台を整えて、最終的な被せ物をセットして終了となります。

この治療は最終的な被せ物を被せるまでに約6回以上治療が必要となります。

ここで、一番大切なことは、

神経まで感染する手前で虫歯を食い止めるということです。

この、根管には神経以外に血液も流れ込んでます。

神経の治療を行うと、細菌が入りこまないように薬で蓋をします。

つまり、血液も流れ込んでこなくなるので、その歯の水分量が減少し、且つ栄養の供給もストップされます。

あまり、いいことはありません!

つまり、虫歯は神経まで達するまで。痛くなるまで放置するのではなく、早期発見・早期治療が必要なのです。

3、神経の治療における設備

続いて、栗林歯科医院において根管治療を行う上で使用する機器・器具についてご紹介いたします。

今回は以下の3つについてご紹介します。

1)CT

2)ラバーダム

3)歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)

1)CTについて

先ほど根管治療を成功させる為には、根管内の細菌を取り除き、再び細菌が入らないようにすることが大切です。しかし、根管治療は根の中の見えない治療。細い神経もあれば、曲がった根のものなど、根の形はそれぞれです。それを2次元的なレントゲンだけで全て確認することは不可能です。

例えばレントゲン上ではどちらに根の先が曲がっているかわからない歯もCTで確認してみると…

 スクリーンショット 2017-07-22 18.54.34   スクリーンショット 2017-07-20 22.31.13

このようにより詳しく根の方向を理解することができます。

複雑な根の状態を把握する為には三次元的に根の形態が分かるCTを用いることでより精度の高い治療がおこなえるのです。

また、CTを用いることによってレントゲンでは見えなかった根の先の膿の袋を見つけることもできます。

2)ラバーダムについて

栗林歯科医院では治療の際にラバーダム使用して治療を行なっています。

根管治療は根管内の細菌を除去していく治療です。

しかし、唾液中には多くの細菌が存在しており、治療部位とお口の中を隔てておかないと根管内に細菌が侵入してしまい、

そこから細菌感染が再び起きてしまいます。その為にラバーダムにて唾液の侵入を防ぎます。

さらに、ラバーダムには治療部位の視野の確保や、治療で使用する薬液がお口の中に流れていくのを防ぐ目的があります。

 DSC_0160のコピー

3)マイクロスコープについて

CTで根の形態を把握し、細菌感染の予防を行なった後、実際に治療を始めていきます。

栗林歯科医院ではより細部を診る際にマイクロスコープを使用することがあります。

マイクロスコープとは拡大鏡で細かい治療を行う際に使用します。

  スクリーンショット 2017-07-22 19.05.15

そのまま見た場合

DSC_0163

マイクロスコープを使用した場合

DSC00272

このように根の治療は見えない細菌に対し見えない根の治療を行うため。診査をしっかり行い、細菌の侵入をしっかり防ぐことでより確実な治療を行なっています。

栗林歯科医院ではCT、ラバーダム、マイクロスコープ全てにおいて保険適用内で行なっています。

何かご不明な点などありましたらいつでもスタッフにご相談ください。

医療法人社団 栗林歯科医院 川野裕貴子


沖縄旅行

カテゴリー:スタッフブログ 投稿者:【 歯科医師チーム リーダー 】 川野 裕貴子

こんにちは、歯科医師の川野裕貴子です。

暖かくなり桜が見頃の季節になりましたね!病院の近くでも桜が綺麗に咲いています。みなさんは桜はもう見られましたか?

 

私ごとですが、三月末に友人と沖縄旅行に行ってきました。女2人旅立ったのでのんびりゆっくりとした旅をしてきました。

 

その中でも楽しかったのがここ

 

thumbnail

 

 

ガンガラーの谷!!友人の提案で行ったのですが今回の旅行の中でも特に印象に残りました。

 

この谷は数十万年前まで鍾乳洞だった場所が崩れてできた森を回るツアーだったのですが、なんとここでは、日本人のルーツと考えられている港川人の化石人骨が発掘されたとして現在も発掘が進められている場所なのです。

 

上の写真は入り口にあるカフェなのですが写真の奥に敷いてあるビニールシートの下からも貝殻でできた装飾品や人骨が発掘されたそうです!

こんなにも近くで自分たちのルーツを感じられるなんですごいですよね。

 

さらに、実際に森を回ってみるとジブリの世界に入ってしまったかのような神秘的な世界でした。

thumbnail-3

こんな洞窟に入ってみたり…

 

thumbnail-2

でっかいガジュマルの木に圧倒されたり…

本当に自然の力ってすごい!!そしてここに自分たちの先祖が生活していたと思うととっても不思議な感覚になります。

 

まだまだ発掘調査が行われていない場所も多くあり、今後も新しい発見があるかもしれないなんてワクワクします。

また沖縄に行った際は訪れたいと思います。

 

 

【お口のQ&A】

Q.冷たい水で歯が一瞬しみるけど診てもらったほうがいいの?

 

虫歯がないのに歯がしみることがあり、これを知覚過敏といいます。知覚過敏で悩まれている方は意外と多いものです。

知覚過敏は歯周病による歯肉の退縮、不適切なブラッシング、噛み合わせによる歯へ負担がかかることによって歯自体が微量に削れ、そこに刺激が加わることで痛みが出てきます。この刺激が歯の神経に伝わることで様々なトラブルにつながることもあります。

知覚過敏の治療法としては3種類あり、初期の段階であれば患部にコート剤を塗ることで解消されます。それでもしみる場合は詰め物によって刺激を防ぎます。それでも痛みが消えない、我慢ができない!そのような場合は神経の処置を行うことがあります。

なかなかしみるだけで歯医者に行っていいのかと悩まれる方もいらしゃると思いますがご自身の歯を守るために初期症状での受診をお勧めします。