普段の歯磨きの仕方と道具について

カテゴリー:Information , みんなが知りたい“歯”のはなし , スタッフブログ 投稿者: 金箱 志桜都

今回は普段のお手入れの方法について解説していきたいと思います。

目次

1歯ブラシの種類-1電動歯ブラシ -2手用歯ブラシ

2補助器具の説明-1タフトブラシ ー2歯間ブラシ ー3糸ようじ、フロス 3歯磨材の種類

4プラーク、歯石について
5染め出しの大切さ

6メインテナンスの重要性

歯ブラシの種類

みなさんが使っている歯ブラシ。みなさんはいくつ種類があると思いますか。 そもそもどの歯ブラシを使ったらいいか、気になりませんか。 今回は歯ブラシについて考えていきましょう。

まず歯ブラシは大きく分けて 2 種類あります。電動か手動かです。

電動歯ブラシには振動の回数によって超音波、音波、振動に分かれ、また動き方式 によって回転式や振動式に分かれます。 電動歯ブラシは、とても良い効果を見込めます。

手用歯ブラシには毛の量や毛の硬さ(これは毛の長さによって調整されている)、毛 の種類、毛の配列の仕方などによって分かれています。

電動ブラシは歯ブラシ自体が動いているので、歯に当ててさえいれば、バイキンを除 去できます。しかし手用歯ブラシは自分自身で動かさなければいけません。 上手に手用歯ブラシが出来ていれば問題ないですが、苦手な方は、電動ブラシのほ うがおすすめです。

どの歯ブラシが自分にあっているのかは当院の歯科衛生士にお尋ねください。あなた の歯の配列や大きさ、年齢を考慮し最適な一本を選びます。

 

補助清掃道具

普段使っている歯ブラシだけでは、実は歯の半分くらいしか磨けません。特に歯と歯 の間は歯ブラシで磨くのが、歯ブラシだけでは磨けない部分があります。 そこで必要なのが補助清掃道具です。今回は主な3つの補助清掃道具について説明 します。

2-1タフトブラシ
小さくてかわいらしい歯ブラシ。これがタフトブラシです。 前歯の裏側や歯並びの悪い所、奥歯のさらに奥側、矯正器具のある所など、通常の 歯ブラシだと届きにくい所を磨くのに適しています。 えんぴつを持つように持って、鏡を見ながら小刻みに動かすように磨いてみてくださ い。
通常の歯ブラシをした後に使うと効果的です。

 

2-2 歯間ブラシ
ゴム製と金属製のものがあります。 通常の歯ブラシでは磨くことのできない歯と歯の間を磨くのに適しています。 フロスより除去力が高いと言われていますが、そもそも太いので、あまり歯と歯の間 が空いていない人はフロスや糸ようじの方をお使いください。

2-3糸ようじ フロス 糸状のもので、歯と歯の間を磨きます。ノンワックスタイプとワックスタイプがあり、ワッ クスタイプのほうが通しやすいです。ゆっくりと挿入しどちらかの歯の壁に押し付けて 何度か擦るように汚れやばい菌を取ります。

 

歯磨剤の種類

スーパーや薬局で買われている歯磨き粉、大きな店に行けば行くほどたくさん種類があり 何を買ったらいいか悩みますよね。価格は一番わかりやすい判断材料ですが、それだけで選 んで大丈夫なのでしょうか?今日は歯磨き粉選びに役に立つ成分の違いについてお話をし ていきたいと思います。

・研磨剤:

着色を落とすのに使います。リン酸水素カルシウム・水酸化アルミニウム・無水ケイ酸など の粒が入っています。 ・湿潤剤:歯磨き粉の有効成分をペースト状にするのに使われています。ソルビトール・グ リセリンなど

・発泡剤:泡で歯磨き粉の体積を多くします。ラウリル酸ナトリウム ・粘結剤:歯磨き粉に粘り気を出します。カルボキシルメチルセルロースナトリウム・アル ギン酸ナトリウムなど ・香味料:香り。味と感じる人もいます。サッカリンナトリウム・メントール・ミント ・保存剤:パラベン・安息香酸ナトリウム

2薬用成分 ・フッ化物:虫歯になりにくくする効果があります。フッ化ナトリウム・モノフルオロリ ン酸ナトリウム
・抗炎症剤:歯茎の出血や腫れを押さえます。トラネキサム酸・ε アミノカプロン酸・β グリチルリチン酸・オウバクエキス ・殺菌剤:口腔内の殺菌をします。トリクロサン・ビオゾール(IPMP)・塩化セチルピリ ジニウム ・知覚過敏:痛みにつながる刺激を遮断します。乳酸アルミニウム・硝酸カリウム

成分が色々とあるので、迷うと思います。 迷ったらまずはフッ素濃度が高いものを選んでください。1500ppm くらいあるものがオス スメです。

プラーク歯石について

プラークがついています。と歯科医師や歯科衛生士に言われたことがあるかと思います。日 本語では、歯垢と言います。では歯垢とは何のことでしょうか?歯の垢と書きますが、歯は 皮膚のように表面から取れていくものでしょうか?

違いますね。歯の垢という言葉は誤解を生む言葉だと思います。 歯垢(プラーク)とは口の中のバイキンが作り出す堆積物です。量が多いと白色や薄黄色に 見えます。

バイキンが作り出すこの堆積物の作用で、バイキンはツルツルの歯にでもずっとくっつく ことができ、その部分で虫歯歯周病が悪化します。 そのため、むしば、歯周病になる前にプラークを除去することが、予防することにつながり ます。

プラークを長い時間放置していると、唾液の中のカルシウムと結合し、だんだんと硬くなっ

ていきます。それを歯石と言います。 歯石はサンゴ礁や軽石の様に多孔質の石で、ザラザラしています。さらにバイキンがその部 分につきやすい状況になり、病気が悪化しやすくなります。

 

染め出し写真提示

歯磨きをするとき、どのように磨いていますか? 例えば手を洗うときは、見ながら洗うかと思います。 汚れている場所があれば、より念入りに落ちるまで洗うかと思います。

では歯はどうでしょうか?汚れを見ながら、汚れが落ちるまで磨いている人はいるでしょ うか?そもそも歯磨きは虫歯や歯周病にならないために行うとしたら、汚れを落とすとは バイキンを落とすと同じ意味です。

バイキンは、目には見えません。 そこでバイキンをしっかりと歯から落とすためには、バイキンを目に見えるようにする「染 め出し」が必要になります。

 

当院では、青紫色の染色液を使っています。 この液には、赤色と青色の染色液が混ぜられており、バイキンを赤と青に染め分けます。 おおむね 3 日以上その部分にとどまっているバイキンは青色に染め出され、2 日以下のバイ キンは赤色に染め出されています。

このように染め出しを行うことで、どこに歯ブラシを当てればいいかわかるので、歯磨き時 間の効率化と高効果を見込めるようになります。

この日々の積み重ねは、数年後、数十年後にやらない人に比べて大きな違いをもたらします。 自分の人生は自分で管理する。自分でいい方向にもっていきましょう。

 

最後にどのように染まるのか、当院の実際の写真をご覧ください。

メインテナンスの重要性

歯科医院は痛い時に行くから、定期的に通院する時代へ。 病院と言えば、病気になった時に行くもの。そう考えている方はとても多いかと思います。 しかし虫歯も、歯周病も時に痛みなく進行してしまい、気づいたら手遅れということも多々 あります。また学校検診のように定期的な検診は病気になっているかいないかだけをチェ ックするもの、虫歯歯周病にならないための処置はしてくれません。 では虫歯歯周病の原因は何でしょうか?

原因はばい菌です。またばい菌が増える要因として歯磨き方や日常の食生活が関わってい ます。 当院では、メインテナンス時に病気のあるなしだけではなく、病気のリスクになりやすさも 確認していきます。そのうえで適切なアドバイスを行ったり、歯ブラシだと残っている部分 のばい菌を徹底的に除去していきます。 歯を失えば、インプラントやブリッジ、入れ歯にしなくてはいけません。そうなると一生歯 に困る生活が待っています。そうなる前に、もしくはすでにそうなっている方はこれ以上困 る生活にならないように、虫歯歯周病の予防のため、歯科医院へ定期通院をオススメしてい ます。多くの方で 3 か月に 1 回のペースで来院されています。 お仕事や家庭でお忙しくされている方、問題ができてから短い間隔で何度も通うのはお辛 いかと思います。それでしたら 3 か月に 1 回、お好きな時に予約して頂く。 健康とあなたの時間を守る当院からのご提案です。

 

 

栗林歯科医院 公式LINE始めました!
治療に関するご相談、ご予約はLINEメッセージからも承ります。
お気軽にお問い合わせください。

公式LINEの友達追加はこちら↓

https://lin.ee/8eeSWd


歯科疾患が引き起こす全身疾患5選と 持病のある人が歯科治療を安全に受ける方法

カテゴリー:みんなが知りたい“歯”のはなし , スタッフブログ , 栗林歯科医院コラム 投稿者: 金箱 志桜都

今年から栗林歯科医院に入社した歯科医師3年目の金箱志桜都です。

昨年まで大学病院で患者様の入院治療を担当していました。

入院して病気を治して無事に帰っていただくことが仕事でした。

その経験から今回全身疾患に関しての記事を書かさせていただいています。

 

 

目次

1)お口と全身の不調はつながっている?

 

2)お口の中が清掃不良で引き起こす体の不調

 

3)噛み合わせが引き起こす体の不調

 

4)持病を持っている人が歯科治療を受ける時の注意点

 

5)まとめ

 

 

1)お口と全身の不調はつながっている?

 

皆さんは、お口の健康が全身の健康とつながっているとどこかで聞いたことがあるでしょうか?

 

なぜ私たちは毎日歯磨きをしないといけないのでしょうか?

 

歯磨きをしなければ、一日に自由に使える時間が数分増えます。

あなたは何分歯磨きに時間をかけていますか?

今回は口の中の病気と体の健康について皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

 

 

 

2)お口の中が清掃不良で引き起こす体の不調

 

誰だって毎日なんの不自由もなく、思い通りの毎日を過ごしたい。しかし病気になれば思い通りの生活が送れなくなります。

 

病気になる原因は多々ありますが、予防できる病気の代表例が生活習慣病です。その生活習慣病が、小さい労力とコストで減らせる可能性があるとしたら、それは自分の人生を豊かに生きるためにオススメします。

 

 

 

その小さい労力とコストできる健康対策の一例が、歯磨きなのです。

 

歯磨きといえば、

歯ブラシ

歯間ブラシ

舌ブラシ

フロス

などを使ってお口の中を綺麗にすることですね。

 

歯磨きは口のなかを磨くと食べ物のカスや、歯にひっついている細菌を落とすことになります。

 

つまり歯磨きをしないと細菌がどんどん増えていきます。

 

では増えてしまった細菌は、どんな影響を及ぼしているのでしょうか。

 

お口の中には約700種類、10億個の細菌がいると言われています。

まずこれらの細菌の中には、カラダに悪さをするものもいます。歯が溶かされたり、骨が溶かされたりします。これが虫歯、歯周病です。

歯がなくなれば、満足に噛むことは出来なくなりますから、食べ物をしっかり噛んで吸収することが出来なくなります。これだけでもカラダはどんどん不健康になることが容易に想像できます。

 

増えた細菌は、その場に口にとどまるだけでは飽き足らず移動を始めます。

 

 

 

 

 

肺炎

口から気道という呼吸の通り道を通って肺に移動します。肺に細菌がいると肺は炎症をおこします。これが肺炎です。肺炎は、高熱と呼吸が苦しなり死にいたる病です。

 

日本での疾病別死亡数の第3位は肺炎です。手術にて治療後、肺炎が原因で亡くなってしまうことが病院で時々起こります。

 

次に歯周病になると歯ぐきから出血します。その隙間を狙って細菌は血管の中に侵入します。

 

血管は頭のてっぺんから足の先まで張り巡らされています。ですから血管に乗ったお口の中にいた細菌は、どこにでも行けるのです。

 

糖尿病

膵臓にいけば、糖尿病を悪化させます。

糖尿病は血液中の糖分を細胞に取り込めなくなる作用のあるインスリンが出なくなったり、インスリンの効きが悪くなる病気です。

そのため血糖値は高くなり、細胞は糖が不足します。

糖尿病は腎障害や網膜症、神経症状、透析導入の入り口になる病気です。

糖尿病と歯周病には相互関係があり、歯周病が悪くなると、糖尿病まで悪くなります。

 

不妊や早産

子宮にいけば、不妊や早産の原因になります。

歯周病菌の毒素は子宮の収縮を促します。

そのため、不妊や早産の原因になってしまいます。

 

骨粗鬆症

骨粗鬆症の薬を使っている方は、抜歯などの小手術以上をするときに要注意です。小手術を行うと、顎骨壊死(ARONJ)のリスクがあります。

リスクの可能性は低いのですが、万が一起きた場合は顎の骨が腐り、治りにくい顎骨壊死という病気になります。最悪、顎の骨を切り落とさないといけなくなりますので注意が必要です。

 

そのため骨粗鬆症になる前に抜歯しなくてはいけない歯は抜歯が必要ですし、注射薬を使い始めたら抜歯しなくてはいけなくならないように、人一倍口腔内の衛生管理が大切になってきます。

 

 

その他、様々な病気にもお口のなかの細菌が関わっていると言われています。

 

アメリカでは「フロスか死か」という言葉があります。上の記事を読んでくださった皆様はこの言葉の持つ意味の重さを感じてしまったかと思います。そう、普段の歯磨きや歯科医院で受ける専門的なクリーニングをしっかり受け、お口の中を綺麗にしておくかしないかで、その後の人生を大きく変えてしまうのです。

 

 

 

 

3)噛み合わせが引き起こす体の不調

噛み合わせが悪いと起きると体にどんな不調をきたすでしょうか?

口の周囲には咀嚼筋や舌骨上筋群、舌骨下筋群など口を開けたり閉じたりするのに関連する筋肉があります。

噛み合わせが悪いと左右の筋肉にかかる負担が変わります。

そうなると筋肉痛となり肩こりや頭痛として感じます。

また顎の関節に負担がかかれば顎が開かなくなったり、痛くなったりする顎関節症になります。

 

 

4)持病を持っている人が歯科治療を受ける時の注意点

 

持病を持っている方は安全に歯科治療を受けられるのでしょうか?

 

結論から言えば、専門家が連携を取って、しっかりとした治療を行えば安全に出来ます。

 

例えば高血圧。血圧が治療中に高ければ、血が止まらないリスクがあります。また治療の緊張が重なれば元々血圧が高い人は極限にまで血圧が上がり、どこかの血管がはち切れてしまうかもしれません。

 

糖尿病ではどうでしょうか?

血液中の糖分濃度が高いと、免疫細胞の1つの白血球の動きが悪くなります。そうなると細菌を捕まえる力が弱まるので、細菌が増える可能性を増やしてしまいます。ですから糖尿病があると歯周病が悪化したり、抜歯後の感染を起こしやすくなります。

 

腎臓病、

腎臓の機能が悪いと薬の代謝能力が落ちます。

歯科で処方する薬も腎臓の機能に合わせて量を調節しなければなりない場合があります。

もし考慮しないで投与した場合は、薬の効果が強く出てしまい、副作用が強く出たり、肝臓病、血液の病気など様々な要因が歯科治療を行う上で考慮しなければいけません。

 

考慮しないで治療すれば、大きなリスクになります。しかし、適切に管理すればリスクを最小限に出来ます。

 

私達、栗林歯科医院では、患者様が通院されている病院、クリニックとすぐさま連携を取り、より安全安心に歯科治療が行える環境を整えています。

 

現在通院中ではない場合で、なにか不安な点があれば、適切な医療機関に紹介状を作成します。

 

もし、持病がある方は私達にお伝えください。専門家が適切に判断し、患者様のリスク管理を致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5)まとめ

私達は世界一安心安全な医療を目指し、医療の透明化、心のサポート、確か な技術を柱とし患者様の豊かな人生の向上に貢献することをミッションとしています。

 

 

 

 

 

 

 

是非、私達の予防プログラムを受けてください。

 

10年20年後も豊かな人生を送るために、歯磨きから始める健康習慣を私達と作っていきましょう。

 

医療法人社団 栗林歯科医院

 

歯科医師 金箱 志桜都