Q.減塩は何故した方がいい?

今回は、塩についてご紹介します。
最近はスーパーやコンビニでも減塩の商品が売られています。

塩の主な成分は、ナトリウムと呼ばれる栄養素で、体にとって大切な栄養素です。
全くとらないのも、体にとても悪いです。

減塩が必要だと言われる理由は、世界基準と比べると、日本人が多くとりすぎているからです。
過剰に摂取することで、高血圧を引き起こし、心疾患・脳卒中などのリスクを高めてしまいます。

主に、食塩摂取源となっている食品として、カップ麺、インスタントラーメン、梅干しが挙げられます。
また、漬物も食品の中で食塩量が多いです。

食塩の主成分のナトリウムは、体内の水分量の調節や、神経や筋肉を正しく動かす働きがあります。

ナトリウムが不足すると、頭痛、疲労感、食欲不振、吐き気、筋肉の痙攣を引き起こします。

減塩の仕方の1つは、汁物は1日1杯にしたり、麺類のスープは残しましょう。
また、出汁を料理に活用したり、野菜や果物を積極的に摂取することも有効です。
野菜・果物にはナトリウムを排出するカリウムが豊富に含まれています。

ぜひ、減塩に取り組んで、健康的な食生活を目指しましょう!

【参考文献】
公益社団法人日本WHO協会:塩分の削減
 
医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所 栄養疫学・食育研究部:日本人はどんな食品から 食塩をとっているか? ―国民健康・栄養調査での摂取実態の解析から―

 

栗林歯科医院 管理栄養士 監修

診療予約はこちら









最近の記事

  1. 歯科衛生士勉強会【2024.5.22】

  2. Q.ビタミンが不足すると身体はどうなる?

  3. コーディネーター勉強会【2024.5.16】

アーカイブ
TOP