Q.ピンクや緑の歯型を取る材料って何?

1.ぷにぷにしたものの正体
2.当院のアルジネートの特徴

1.ぷにぷにしたものの正体

歯型を取るとき、冷たい粘土のようなものをお口の中に入れ、歯型を取った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

歯型を取るときのものを「アルジネート」といい、主に海藻などの体に害のない素材でできています。
詰め物を、型取りする時に使う歯科用の粘土のようなものです。

むし歯を治療して削った時に、削った箇所が深い場合は、失った歯の部分を補うための詰め物が必要です。

詰め物を作るには歯の型取りを行って、口の中を再現した模型を作ります。

その時に、アルジネートを使って、お口の中で固まったら、その歯型をもとに詰め物・被せ物を作ります。

2.当院のアルジネートの特徴

当院で使っているアルジネートは、硬化が一般的なものより早く、
患者さまにやさしいものを使っています。

粉と水を練り合わせて作りますが、冷水の方が硬化が早いので、冷水を使っています。
ですが、歯がしみたり、冷たいのが苦手な方は冷水でなくても型取りできますので、お声かけくださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

診療予約はこちら









最近の記事

  1. 韓国からBANOBAGI ELEVEN Dental Clinicの歯科医師ご来院

  2. きらり歯科クリニック津田沼さまご来院

  3. 受付勉強会【2024.4.4】

アーカイブ
TOP