Q.矯正装置は、部活に影響はない?

今回は、矯正装置に関しての質問です。
吹奏楽部の方や運動部の方などからよく質問をいただきます。

フルートやサックスなど口で楽器を鳴らすものが気になると思います。
結論として、矯正を行うことは可能ですが、演奏を行う段階で痛みが出ることもあります。

また、本来矯正で歯を引っ込めたいのに、口から外に向かって
強い空気を何回も出すことで逆の力が加わり、矯正期間が長くなってしまうこともあります。

そのため、楽器を吹く方は、特に矯正を始める前にお話しをさせていただいています。

運動部の方で、サッカーやラクビーなど衝撃を受ける可能性がある部活は、ブラケットという歯にくっつけている装置などが衝撃で取れてしまうことがあります。

ブラケットなどの装置が取れてしまった場合は、対応させていただきますのでご安心くださいね。

個人差はありますが、矯正は全体を通して長期にわたる治療となります。

不安なことがある場合は、納得した上で始めましょう。
お気軽にご相談くださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

診療予約はこちら









最近の記事

  1. Q.便秘にも種類があるって本当?

  2. 歯医者の最新式の歯型取りご紹介!

  3. 明海大学の実習生が実習を卒業しました!

アーカイブ
TOP