Q.性能が良い総入れ歯ってある?

A.あります。自由診療の総入れ歯は、保険の入れ歯よりさらに性能が良いものがあります。
今回は、総入れ歯についてご紹介します。

1.プラスチック総義歯とは
2.金属床とは
3.松丸専門医の総義歯とは

1.プラスチック総義歯とは

プラスチック義歯とは、保険適用で作れる総入れ歯です。
厚みがあったり、熱が伝わりにくく、違和感を感じやすいです。
また、汚れがつきやすく壊れやすいので、修理が必要になります。

ープラスチック義歯のメリットー
・部分入れ歯の中で、一番経済的
・製作期間が短い
・修理しやすい
などのメリットがあります。

ープラスチック義歯のデメリットー
・厚みがあり、違和感を感じる
・壊れやすい
などのデメリットがあります。

2.金属床とは

金属床とは、自費診療で作れる総入れ歯です。
コバルトクロムという、強度の高い金属で製作しています。
金属部分が薄く作られるので、口の中が広く感じます。
温熱感覚も伝わるので、食べ物を美味しく感じることができます。

ー金属床のメリットー
・薄いので違和感が少ない(プラスチック義歯1/3の厚さ)
・強度がある
などのメリットがあります。

ー金属床のデメリットー
・顎の骨の形によっては製作席ない
・修理しにくい(一旦お預かりすることになります)
などのデメリットがあります。

3.松丸専門医の総義歯とは

松丸専門医の総義歯とは、自費診療で作れる松丸先生監修の総入れ歯です。

ー松丸専門医の総義歯のメリットー
・義歯装着時に感じる、痛い・噛めない・食べられないという機能面がクリアできる
・審美面にも長けている
などのメリットがあります。

ー松丸専門医の総義歯のデメリットー
・他の義歯製作よりも時間がかかる(製作工程が1〜2回多い)
などのデメリットがあります。

当院には、総入れ歯専門の松丸先が月2回、来院されています。

入れ歯のお悩みや、これから総入れ歯を作ろうと思っているご家族がいる方などは、まず当院にお気軽にご相談くださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

診療予約はこちら







最近の記事

  1. Q.朝食が大事なのはなぜ?

  2. Kids Duoさんで歯科検診を行いました!

  3. 夏休みイベント2024開催決定!

アーカイブ
TOP