Q.歯の被せ物の種類でおすすめはどれ?(奥歯)

今回は、むし歯治療の際に使用する被せ物のおすすめと、メリット・デメリットをご紹介します。

1.オールセラミックス
2.フルジルコニア
3.ガラスセラミックス
4.ゴールドクラウン
5.CAD/CAM冠
6.チタン冠

1.オールセラミックス

当院のオールセラミックスは、e-maxという素材です。

ーオールセラミックスのメリットー
・歯を作成するときの色調の種類が多く、自分の歯と色が合わせやすい
・透明感がある
・自分の歯に近い硬さなので、噛み合う歯(対合歯)に優しい
・接着性が高く、取れにくいのでむし歯になりにくい
・変色しにくい

ーオールセラミックスのデメリットー
・欠けることがある

2.フルジルコニア

当院のフルジルコニアは、ジルコニアという素材です。

ーフルジルコニアのメリットー
・強度があり、耐久性に優れている
・割れにくい
・変色しにくい

ーフルジルコニアのデメリットー
・強度があるため、噛み合う歯(対合歯)が削れることがある

3.ガラスセラミックス

当院のガラスセラミックスは、vita MK IIという素材です。

ーガラスセラミックスのメリットー
・透明感があり、周りの歯と色が合いやすい
・噛み合う歯(対合歯)に優しい
・生体親和性が良い(体・歯ぐきにとって良い素材)
・接着性が高く、取れにくいのでむし歯になりにくい

ーガラスセラミックスのデメリットー
・強度が弱く、e-maxより割れやすい
 (噛み合わせが強い人にはおすすめできない)

4.ゴールドクラウン

当院のゴールドクラウンの素材は金です。

ーゴールドクラウンのメリットー
・高カラット白金加金製のため高精度で、自分の歯との適合性が高い
・自分の歯に近い硬さなので、噛み合う歯(対合歯)に優しい
・最も長持ちする

ーゴールドクラウンのデメリットー
・奥歯でも金属色が気になる場合がある

5.CAD/CAM冠

CAD/CAM冠は保険適用内で銀歯以外にできる素材です。
適用不可のケースもあるので、自分の歯で利用できるかは歯医者さんに確認しましょう。

ーCAD/CAM冠のメリットー
・保険適用内で白い歯にできる
・アレルギーが起こりにくい

ーCAD/CAM冠のデメリットー
・自費の白い被せ物に比べて、強度や透明感が少ない
・数年後に変色する可能性がある

6.チタン冠

チタン冠は、保険適用内で治療に使用される素材です。

ーチタン冠のメリットー
・経済的
・保険適用内で治療ができる

ーチタン冠のデメリットー
・奥歯でも金属色が気になる場合がある
・新規材料のため、予後が分からない

いかがでしたか?一口に被せ物と言ってもさまざまな種類があります。
ご自身の治療の際は、ぜひ、ご自身の歯と身体を考えた素材を考えてみてくださいね。

栗林歯科医院 歯科医師 監修

診療予約はこちら







最近の記事

  1. Q.6月の調理で一番気をつけることは?

  2. Q.歯石は歯医者で取れる?

  3. Q.筋肉をつけるための食事って?

アーカイブ
TOP