Q.ワイヤー矯正治療はむし歯になりやすい?

A.マウスピース矯正と比べると、むし歯になりやすいです。

理由は、マウスピース矯正は装置を取り外して歯みがきができるので、ばい菌を比較的落としやすいからです。

その一方で、ワイヤー矯正は、ワイヤーと装置が固定されています。

ワイヤーの隙間など、細かい部分のばい菌もしっかり落とす必要があるため、ばい菌が残っているとむし歯になりやすいです。

しかし、どちらの治療方法でもしっかりばい菌を落とさないと、むし歯のリスクがあるのは変わりません。

また、矯正中にむし歯になってしまうと装置を取り外し、一旦むし歯治療をしなければ矯正治療を行うことができないため、治療期間が延びてしまうという時間のロスにも繋がるので、ワイヤー矯正でも、マウスピース矯正でも、予防はしっかり行うことが大切です。

当院では、自分がどのくらいむし歯になりやすいのかを調べることができる「唾液検査」をおすすめしています!

料金:¥5,500(税込・保険適用外)

むし歯リスクを知ることで、その患者様にあった予防方法を行えるので、ぜひ「唾液検査」をしてみてくださいね!

唾液検査について詳しくはこちら

その他にも、歯に関することで気になる事があれば、お気軽にお問い合わせください!

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. 管理栄養士勉強会【2023.5.22】

  2. 6月3日に理事長がラジオに出演します!

  3. Q.何歳からむし歯になる?

アーカイブ
TOP