歯ブラシだけでバイ菌を全部落とせる?

今回は、歯ブラシだけでバイ菌を何%落とせているか、ご紹介します。

1.歯ブラシで落とせるバイ菌
2.バイ菌が残っていると起こること
3.バイ菌を落とすための方法

1.歯ブラシで落とせるバイ菌

歯ブラシだけでは、歯についているバイ菌を60%しか落とせないと言われています。(クリニカ調べ)
歯ブラシだけでは、磨けない部分があるのが理由です。

バイ菌が残りやすい部分は、
1)歯と歯ぐきの境目
2)歯と歯の間
が多いです。

バイ菌を落とすために、歯ブラシ+デンタルフロスを使用することで、バイ菌除去率は60%から86%まで上がると言われています。
歯垢(プラーク)除去率が1.5倍まで上がります。
(山本ほか:日歯周誌、1975)

2.バイ菌が残っていると起こること

バイ菌が残っていると
1)むし歯になる
2)歯周病になる
3)石灰化して歯石になる
の3つの原因につながります。

溜まったバイ菌のかたまりの歯垢(プラーク)がそのままになっているとだんだんと石灰化します。
2~3日で石灰化し始め、放っておくと歯石へ変化していきます。
歯石になる前に、きちんとバイ菌を落としましょう!

3.バイ菌を落とすための方法

バイ菌を落とすためには、歯ブラシ以外のグッズを使うことが大切です。

フロスを合わせて使うことで、歯と歯の間のバイ菌を落とすことができます。

また、さらに予防するため、「染め出し液」を使うと、バイ菌が見えるようになります。
バイ菌を染め出すことで、染まった部分を磨けば良いので、歯みがきの時間短縮が可能になります。

当院では、染め出し液はプラークチェックジェルBRをおすすめしています。
この染め出し液の特徴は、バイ菌が2色に分けて染まる点です。

歯に付着してから、

・数分後の新しいバイ菌はピンク色
・72時間以上時間が経ったバイ菌は紫色

の2色に染まります。

普段の生活に歯みがきグッズを取り入れて、お口の中の病気を0にして、快適な毎日を過ごしましょう!

栗林歯科医院 歯科衛生士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. 歯科衛生士勉強会【2024.5.27】

  2. Q.フッ素のppmって何?

  3. 歯科衛生士勉強会【2024.5.22】

アーカイブ
TOP