溶けたアイスがより甘く感じるのはなぜ?

1.甘さの感じ方が変わる理由
2.甘いもので注意すること
3.塩辛いもので注意すること

温かいカフェオレが冷えたら甘く感じたことや、溶けたアイスが甘く感じたことはありますか?
食べ物や飲み物の温度が変わると、感じ方が変わる理由についてご紹介します。

1.甘さの感じ方が変わる理由

スクロース(ショ糖)の甘味料の場合、体温付近の温度で甘みを感じやすいと言われています。

温かい飲み物が冷えたり、冷たいアイスが溶けてぬるくなったりすると、体温に温度が近づくため、元々のものより甘さを感じやすくなります。

反対に、果物に含まれる糖質のフルクトース(果糖)は、冷えた時に甘味を感じやすいと言われていて、同じ甘味でも、果物の場合は冷えた方が甘味を感じやすくなります。

反対に塩味は、温度が上がると感じにくくなります。
温かいスープは味を感じにくく、つい濃い味付けになりがちなので注意しましょう。

逆に煮物などの塩辛いものが冷えた時に、味が濃く感じるのはその性質のためです。

2.甘いもので注意すること

甘いもので注意が必要なのは、下記の通りです。

・温かい、スクロース(ショ糖)が入った飲み物
・冷たい、スクロース(ショ糖)が入った食べ物
・冷たい、フルクトース(果糖)が含まれた果物

などには、多くの砂糖が含まれていることを知っておくことが大切です。
砂糖がたくさん含まれています。

3.塩辛いもので注意すること

塩味で注意が必要なのは、下記の通りです。

1)冷えてから食べるものの味付けを濃くしすぎない

(お弁当のおかず、和え物など)

お弁当用におかずを作る時には、ちょっと薄いかなと思うくらいがちょうど良いです。

2)温かい汁物は多くの塩が使われていることを知る

お味噌汁などは味を感じにくいので、濃くなりすぎていないか注意しましょう!

味を感じやすい温度を知って、砂糖や塩を多く摂取しないような、健康寿命が長くなるような工夫をしましょう。

【参考文献】
甘味の基礎知識 前橋健二 2011
温度変化に伴う5基本味の強度変化および持続性

栗林歯科医院 管理栄養士 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. 歯科衛生士勉強会【2024.5.27】

  2. Q.フッ素のppmって何?

  3. 歯科衛生士勉強会【2024.5.22】

アーカイブ
TOP