あなたの口臭、もしかして原因は●●●かも?

ご自身の口臭が気になったことはありますか?
人と話すお仕事であったり、近い距離で話す時など、気になるタイミングはありますよね。

口臭の原因は90%がお口の中にある、と言われています。
一部の例外を除き、お口の中の何かが原因で臭いを発してしまっています。
今回は、口臭の4つの原因についてご説明します。

1.病的な口臭
2.生理的な口臭
3.飲食・嗜好品による口臭
4.ストレス・心理的要因による口臭

1.病的な口臭

病的な口臭は、病気が原因で起こる口臭です。

・お口の中の病気
・身体の病気

お口の中の病気は、進行したむし歯・歯周病や、舌苔という、舌にできるコケのような白い細菌のかたまりがお口の中にある場合などで起こります。

また、病気ではありませんが、歯に合っていない不適合な被せ物を付けている場合や、被せ物・入れ歯が劣化して、穴が空いて腐食しているものを付けたままだと、口臭トラブルに悩まされることもあります。

身体の病気が原因で起こっている時は、呼吸器疾患・消化器疾患・耳鼻咽喉科系の疾患、糖尿病、肝硬変、肝臓ガン、トリメチルアミン尿症などになっている場合、口臭に悩まされることがあります。

2.生理的な口臭

生理的な口臭は、唾液が減るタイミングで細菌が増え、口臭が発生します。
具体的には、下記のような時です。

・起床した時
・空腹時
・緊張している時

この場合、臭いを感じることもあれば、そこまで感じないこともあります。
起床時は皆さんも口臭を感じたことがあると思いますが、生理的なことが原因なので、水分補給や食事で解決できます。

3.飲食物・嗜好品による口臭

飲食物・嗜好品による口臭は、臭いが強いものを食べたり、摂取すると口臭が発生します。

・ニンニク料理を食べた時
・お酒を飲んだ時
・コーヒーを飲んだ時
・タバコを吸った時

しかし、こちらも原因が飲食物・タバコなど摂取するものが原因なので、時間が経てば口臭は収まります。

4.ストレス・心理的要因による口臭

ストレス・心理的要因による口臭は、精神的に負担がかかるような出来事が起きたときに発生します。

・ストレスで自律神経の乱れで唾液分泌が減少した時
・口臭がないのに気にしすぎてしまう方

心理的な要因が大きいので、時間が経過しただけでは解決しないこともあります。
ご自身だけで判断することが難しい場合は、まず歯科医院を受診されることをおすすめします。

ミントタブレットや洗口液で口臭対策をしても、口臭が収まらないな、という場合はむし歯・歯周病、身体の病気があるかもしれません。

日本人は口臭を気にしている方が多いですが、歯科医院への定期来院率はとても低く、逆にアメリカでは、年に4回は定期検診(メインテナンス)に通っている方がほとんどなので、口臭を気にする方は少ないそうです。
むし歯や歯周病がなくても、歯みがきが不十分で、口臭が起きている場合もあります。
口臭が気になる、と思った方は、これを機にぜひ、一度歯医者を受診してくださいね!

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.仕上げ磨きしようとしても口を大きく開けるのが痛いようです。

  2. 7月 歯科衛生士勉強会【2022.7.26】

  3. Q、歯のつけ根が白濁しているような…。歯磨きしてもとれないけど、これって何でしょうか?

アーカイブ
TOP