インプラント治療前に行う重要事項2つ

永久歯は一度失うと、戻って来ません。
そのため、当院では、1本でも多くの歯を残そうとする治療を行なっています。

しかし、残念なことに、むし歯が深すぎて歯がボロボロになっていたり、歯周病が進んで歯がグラグラになっていたり、という時は、抜歯せざるを得ない時があります。

理由は、やみくもに歯を残しても、周りの歯や顎の関節に悪影響を及ぼしたり、その後のお口全体の治療に影響するからです。

今回は、抜歯した後の治療の1つ、インプラント治療に関してご紹介します。

※抜歯した部分を放置するデメリットはこちら、のようなリンク追加お願いします
Q.抜歯したままの部分を放置するとどうなる?(No.128)

抜歯後の治療の選択肢3つ

1.インプラント治療の前に行う治療
2.インプラント治療前に確認すること

1.インプラント治療の前に行う治療

インプラントとは、骨の中にチタン製の金属を入れ、骨との結合によって固定されるものです。
インプラント治療を行うためには、骨の厚みや、高さがないと行うことができません。

インプラントを行う予定の箇所が、

・骨が痩せている
・歯を抜く必要がある
・十分な骨の高さがない

などの場合、インプラント治療をする前に、骨を作る処置(骨造成)が必要になります。

建築に例えると、

①しっかりとした土地の上に家を建てる
②しっかりとした骨の中にインプラントを入れる

というイメージです。

家を建てる土地がしっかりしていないと、どんなに立派な家を建てたとしても長持ちしないように、インプラントにも同じことが言えます。

きちんとした幅・高さのある骨の中にインプラントを入れるのか、痩せた骨の中に無理インプラントを入れるのかによって、治療後の経過が全く違います。

骨造成の方法は、3つです。

1)ソケットプリザベーション
2)GBR
3)サイナスリフト・ソケットリフト

骨造成の3つの方法についてはこちら

2.インプラント治療前に確認すること

インプラント治療は、すべての人に行えるものではありません。
下記の4つに該当している方は、インプラント治療を行うことが難しいことがあります。

1)全身疾患がある
2)現在、喫煙している
3)歯周病になりやすいタイプと言われた
4)歯医者のかかりつけ医がいない

インプラント治療のリスクがある方はこちら

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.仕上げ磨きしようとしても口を大きく開けるのが痛いようです。

  2. 7月 歯科衛生士勉強会【2022.7.26】

  3. Q、歯のつけ根が白濁しているような…。歯磨きしてもとれないけど、これって何でしょうか?

アーカイブ
TOP