歯周病で手遅れになる前に知ること6つ

1.歯周病の特徴

歯周病はSilent Disease(静かなる病気)と表現されることもあるくらい、自覚症状の少ない病気です。

痛みをあまり感じず、気付いたら進行していることが多いのが特徴です。

2.歯周病の原因

歯周病の原因は、歯垢・歯石の中の歯周病菌という細菌です。
細菌はプラークとも呼ばれ、お風呂の排水溝や三角コーナーのヌルヌルと同じような状態です。

ヌルヌルは水をかけても落ちないため、たわしやスポンジなどでこする必要があります。歯垢も同じで、お口の中の細菌もうがいや薬では落ちないので、正しく歯ブラシを使う必要があります。

歯と歯肉の境目のお掃除が行き届かないと、そこに多くの細菌が停滞し、歯ぐき
の縁が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりといった症状が出ます。

3.歯周病の炎症の特徴

炎症は急性炎症と慢性炎症の2つに分けられます。
急性炎症は身体に異常が生じた時に、軽微な異常に対処するために生じる反応のことを言います。

炎症が起こると、5大徴候と呼ばれる「発赤・腫脹・疼痛・発熱・機能障害」という症状があります。痛みがある場合は、既に急性炎症の状態である可能性が高いので注意が必要です。

慢性炎症とは、ゆるやかに、かつ、持続的に進行している状態を指します。歯周病の症状は慢性炎症に該当します。
歯医者に来た時には既に歯周病が進行していて、抜歯になってしまった、ということも珍しくありません。

4.歯周病は10代で発症する

歯周病の発症者は、早ければ10代から発症し、60代では約50%の人たちが歯周病になっています(出典:厚生労働省 歯科疾患実態調査 平成23年より)。

5.歯周病が進行すると起こる症状

歯周病の症状は、歯ぐきの炎症や、歯を支える顎の骨を溶かしてしまい、さらに進行すると膿が出ます。その後、支えている骨がなくなると歯が揺れ、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

顎の骨の状態は見た目でなかなか判断がつかないので、当院では、1年に1回レントゲンを撮ることをおすすめしています。

6.歯周病の判断基準は?

歯と歯ぐきの隙間が5mmで出血がある状態が歯周病と言われています。
また、歯周病のレベルは4段階に分けられています。

歯周病の進行レベル1〜4はこちら

痛みがないからといって油断せず、早期の治療と毎日の予防が大切です!
気になった方はお気軽に当院にお問い合わせくださいね!

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. お子さまで歯の矯正が必要な噛み合わせ2つ

  2. 最高のライブでした…!

  3. 我が家のお花たち

アーカイブ
TOP