歯ぎしり・食いしばりで歯が痛いけど大丈夫?

今日は歯ぎしり、食いしばりについてお話しさせていただきます。
「歯ぎしり」と「食いしばり」は似ているようですが、違いがあります。

歯ぎしりは、上下の歯をギリギリと横にすり合わせてしまう状態です。
食いしばりは、横のすり合わせはないものの、強く噛み締めている状態です。

これらの症状があると、次の問題が出てきます。

①歯への負担
・歯の磨耗により歯がしみる、かける
・歯が割れて噛むと痛い
・噛み合わせが深くなり被せ物が取れやすい

②顎への負担
・口を大きく開けにくい
・口を開けるときに音がする
・朝、目覚めた時に耳の前あたりが痛む
・以前より噛み合わせが悪くなった

③全身への影響
・肩こり
・頭痛

これらの症状の一因は歯ぎしり・食いしばりだと言われています。

歯ぎしり・食いしばりは睡眠時や、集中している時に起こります。
そのため、自分が普段歯ぎしり・食いしばりをしているかどうかは分かりにくいです。

先ほどは、身体に起こる症状をお伝えしましたが、お口の中にも症状が出ます。
お口の中の症状は以下の内容です。

①頬の内側、舌の横に付く歯の痕

②上顎下顎にできる骨隆起

③ほっぺの内側に歯の跡がつく

このような症状があると歯ぎしり、食いしばりをしている可能性があります。

もし症状がひどく、生活に支障がある場合は治療が必要となります。

④歯ぎしり・食いしばりの治療方法

①矯正で理想の噛み合わせに近づける

歯列矯正を行って、理想の噛み合わせに近づけることで、歯や顎の不快さなどの軽減が期待できます。
噛み合わせが良くない状態で強く噛んでしまう部位がある場合は、歯全体で噛めるように治療していきます。
※矯正は、歯ぎしり・食いしばりを完全になくすものではありません。

②検査結果を元にマウスピースを作成する。

顎の動きを測定して、一番安定する噛み合わせの位置でマウスピース(スプリント)を作成します。
顎への負担軽減と、歯への直接的な負担を軽減します。

③上顎の型取りをし、マウスピースを作成する。

夜に使用するマウスピース(ナイトガード)を作成します。
マウスピースを装着することで、歯同士が強く噛み合うことを防ぎます。

このように歯ぎしり・食いしばり一つとっても人によりさまざまな症状がみられます。
もし症状が気になっている場合は、お気軽にスタッフにご相談くださいね!

栗林歯科医院 歯科医師 監修

浦安(千葉)で
予約する
丸の内(東京)で
予約する
国東(大分)で
予約する

最近の記事

  1. Q.朝食が大事なのはなぜ?

  2. Kids Duoさんで歯科検診を行いました!

  3. 夏休みイベント2024開催決定!

アーカイブ
TOP