歯周病、痛くないから大丈夫は間違い!!

明日から4月が始まりますね。

 

 

 

 

私の実家がある地元福岡では桜が満開だと先日、父親からLINEが来ました。

4649

4653

 

 

 

浦安でも早く春の暖かさを迎えて欲しいと思う今日この頃です、、、。

 

 

 

 

さて、今日の内容は歯周病についてです。

 

 

 

 

当院で歯周病治療を受けた患者様方は歯周病治療の重要性はご理解されてると思います。

 

 

 

 

特に初診で来院された方でお話をすると、ご自身で思っていた以上に歯周病が進行されていてビックリされる方が結構いらっしゃいます。

 

 

 

 

多くの方が「痛くなかったから大丈夫だと思っていた。」「痛みが消えたから治ったと思っていた。」と仰ることが多いです。
 

 

 

ここで大事なのが歯周病は自然治癒することはありません
 

 

 

歯周病は『Silent Disease(静かなる病気)』と表現されることがあり、ひどくなるまで病気と自覚されることの少ない病気です。

 

 

 

 

歯茎が腫れている状態では歯茎は炎症を起こしてる状態なのですが、ここで重要なのが炎症の種類です。

 

 

 

 

炎症は急性炎症慢性炎症と分けられるのはみなさんご存知でしょうか??

 

 

 

 

急性炎症は生体内に異常が生じた時、その初期あるいは軽微な異常に対処するために生じる反応を指します。

 

 

 

 

炎症のが起きると5大兆候と呼ばれる「発赤、腫脹、疼痛、発熱、機能障害」のような症状が起こります。早い話が痛みがある場合は急性炎症の状態だと思っていただければ大丈夫です。

 

 

 

 

例えば腕とか脚でこれらの症状が出ればすぐにわかりますよね??しかしこれが歯茎だとなかなかわかりません。

 

 

 

 

慢性炎症の場合、緩やかにかつ持続的に進行している状態を指し、歯周病の症状としてこれに属します。

 

 

 

 

なので痛みがないからといって油断せず、歯磨きの時に出血してても「痛くないから大丈夫!」と思わないで一度受診することをお勧めします。

 

 

 

 

 

もし、より詳しく歯周病について知りたい、治療法についても知りたいと思っていただけたのなら当院のスタッフブログでも歯周病について色々と書いてあるので是非読んで見てください!

 

 

 

 

医療法人社団 栗林歯科医院

和田俊一郎


僕、、矯正治療始めました 〜矯正治療が始まるまでに〜

皆さん、こんにちは!

歯科医師の津島です。

すっかり桜も満開で春到来ですね。

僕は、冬は苦手なので、この季節が好きです。

特に、お花見の予定はないですが、出勤ルートの桜が非常に綺麗なのでそれだけで大満足です。

 

 

hji03

 

 

さて、別れの寂しさと、新たな出会いのワクワク感が共存する春。

何か新しいこと始めるにはうってつけの季節ですよね。

 

そこで、私、津島  克哉。矯正治療を始めてみました。

 

自ら患者さんの気持ちを学びながら歯並びも治していこうということです。

 

この機会に矯正治療の本当の所の話を知ってもらおうと、定期的に矯正治療について書かせて頂きます。

第1回は『矯正治療が始まるまでに』

というタイトルで語らせて下さい。

 

 

では早速、感想ですが、

始めて、4か月。。

 

患者さんの痛みに共感していた「つもり」だったが、まだまだ甘かったなと早速反省。。

本当に自分が痛みを経験すると、患者さんにさらに優しくなれるのでは!?

 

と前向きな気持ちになりつつ、しかし、大変でした。

 

 

 

ではまず術前の写真です。

 

スクリーンショット 2019-03-31 20.03.27

 

 

矯正治療を始める目的は、

1)歯並びの改善

2)正しい噛み合わせの獲得

3)歯ブラシしやすい環境にすることによる歯周病予防

 

と私は考え、治療を開始しました。

 

そして、まずは矯正治療を始める前に歯を動かすために邪魔な親知らずを抜歯しました。

 

津島 パノラマ

 

この右下の真横に生えてる親知らずです。

※この写真では左下に写っています。

 

私は、過去多くの患者さんの親知らずを抜歯したことがありますが、自分の歯ですがかなり難易度が高い親知らずです。

 

ですから、抜歯した後は当然、

めちゃくちゃ腫れました。

 

 

 

スクリーンショット 2019-03-31 20.29.33

 

患者さんに

『お大事に』

と言われる日々でした(汗)

 

 

続いて、分析です。

矯正治療というのは、ただ歯を綺麗に並べるだけではなく、頭蓋骨と顎の位置など正確に把握していく必要があります。

 

tsushima セファロ分析

 

このように、特殊なレントゲン撮影を行い、顎の位置などをプロット(マークをつける)していきます。

 

このような分析を行った後、治療開始!

と思いましたが、

 

私、舌小帯という舌の裏側の筋が極端に短いのです。

 

矯正治療が始まるとMFTと言って矯正治療のスピードをあげたり、後戻りの防止のための舌のトレーニングが必要なのですが、そのMFTに支障が出る位短いのです。

 

スクリーンショット 2019-03-31 20.26.51

 

スクリーンショット 2019-03-31 20.27.25

 

口を最大限開けて、舌が上顎につくのが正解なので、相当短いことがわかりますよね。

 

 

 

ということで、この舌小帯を切除しました。

 

感想

舌小帯を切除した翌日から傷の癒着が始まります。

癒着すると、切除した意味がなくなります。

よって、翌日から癒着しようとする組織を自ら剥がす作業が始まります。

 

こちらも、想像以上に痛みが…

 

ちょっと先生!!

 

こんなに痛い思いしないといけないんですか?

それとも痛みが好きなんですか?

 

と突っ込まれそうなので。

この経験は、

①綺麗な歯ならびと正しい噛み合わせを手に入れる

②自ら体験し、患者さんに説得力のある治療を行う

ことが目的なので、少々の痛みは明るい未来を想像しながら耐えました。

 

 

yjimage-2

 

ただ、ご安心してください。

人間は、『慣れ』という最高の武器を持ってます。

初めの数日は、常に痛みを伴っていましたが一週間もすれば剥がすことに慣れてきました。

 

 

スクリーンショット 2019-03-31 20.41.42

この写真が二週間後です。

 

術後の画像もあるのですが、少しグロテスクなので控えさせていただきました。

 

そして、ようやく本格的な矯正治療が始まります。

 

まず、TADsと言って小さなインプラントを上顎に埋入しました。

 

7777 津島 克哉 2019.02.04 12

 

この真ん中の金属です。

こちらは、ご心配いりません。

全く痛くないです!!

 

そして、装置が入るようにセパレーターと言って歯と歯の間に青いバンドを入れて、歯と歯の隙間をこじ開けます。

 

正直に言いますが、これが地味に痛いです。

 

この辺で、勘が鋭い方はお気づきかと思いますが、

 

 

歯を動かす=痛い

 

ということです。

 

今回はこの辺で終わりにします。

 

第二回は、矯正装置が口腔内に入った後のお話と、矯正治療開始後のケアについて書かせていただきます。

 

では、最後になりましたが桜の満開とともに

 

 

 

yjimage-2

 

球春到来です!

今年も、野球で一喜一憂しながら、歯科医療に励んで参ります。

2019年度も宜しくお願いいたします。

 

医療法人社団 栗林歯科医院

本院 院長

津島 克哉


歯ぎしり、食いしばり 〜無意識に歯を傷つけていませんか?〜

カテゴリー:みんなが知りたい“歯”のはなし , スタッフブログ , 栗林歯科医院コラム 投稿者:【 歯科医師チーム リーダー 】

少しづつ暖かくなってきていますがまだまだ寒い日が続きますね。

また花粉症によって治療が辛そうな方、多くいらしゃいます。私も花粉症なので早く花粉のない季節になってほしいものです…

 

 

今日は歯ぎしり、食いしばりについてお話しさせて頂きます。

歯ぎしりと食いしばり何が違うかと言いますと、歯ぎしりは上下の歯をギリギリと横にすり合わせてしまう状態を言い。

食いしばりは横のすり合わせはないものの強く噛み締めている状態を言います。

 

 

これらの症状があると…

①歯への負担『歯の磨耗により歯がしみる、かける』『歯が割れて噛むと痛い』『噛み合わせが深くなって被せ物が取れやすい』

②顎への負担『口を大きく開け辛い、音がする』『朝目覚めた時に耳の前あたりが痛む』『噛み合わせが悪くなった』

③全身への影響『肩こり、頭痛』

 

 

 

 

 

これらの症状が全て歯ぎしり、食いしばりが原因で起こるとは言い難いですが、原因の一つと言われています。

 

 

歯ぎしり食いしばりは睡眠時や、集中している時に起こります。

なので自分が歯ぎしり食いしばりをしているかどうかは分かり辛いものです。

 

 

歯ぎしり、食いしばりで起こり得る症状は以下のものです。

 

①頬の内側、舌の横に付く歯の痕。

②上顎下顎にできる骨隆起

 

 

③歯の根元にできる溝

 

 

 

このような症状があると歯ぎしり、食いしばりをしている可能性があります。

 

 

 

もし症状がひどく、生活に支障がある場合は治療が必要となります。

①矯正により理想の噛み合わせに近づける。

噛み合わせの不正で強く噛んでしまう部位がある場合、矯正で歯全体で噛めるようにします。

歯ぎしり、食いしばりを完全になくすものではありません。

 

②検査結果を元にマウスピースを作成する。

顎の動きを測定して一番安定する噛み合わせの位置でマウスピースを作成します。

顎への負担軽減と、歯への直接的な負担を軽減します。

 

③上顎の型取りをし、マウスピースを作成します。

歯同士が強くかみ合うことを防ぎます。

 

 

 

このように歯ぎしり、食いしばり一つとっても色々な症状がみられます。

もし気になってらしゃる場合は、一度お話をしていただければと思います。

 

 

 

栗林歯科医院

歯科医師    川野裕貴子

 

 

 

 

 

 


TC勉強会【3/19】

カテゴリー:Information , 勉強会、セミナー 投稿者:【 歯科助手チーム リーダー 】

【メンバー】

菅家・宮本・田中怜・山本・松田・大越・大城・鈴木

 

【議題】

・インプランターの接続・注意事項復習

・4月に入る新入社員の教育についての情報共有

・連絡事項&情報共有

 

【内容】

・インプランターの接続・注意事項復習

→インプランターの接続方法が一人一人違っていたのでみんなで統一できるように実習しました。

 

・4月に入る新入社員の教育についての情報共有

→4月に入社するDrとDHさんは最初、アシストをメインにやっていただくのでそれについて話し合いました。

 

・連絡事項&情報共有

 

【感想】

4月入社のDrとDHさんは最初アシスト業務を行っていただくのでそれについて情報共有させていただきました。

今回は私たちの職種で新人さんは入ってこないですが、今回の新人教育が自分の職種の新人さんを教育する練習になれば良いなと思いました。


マウスピース型矯正治療

カテゴリー:Blog , みんなが知りたい“歯”のはなし , スタッフブログ , 栗林歯科医院コラム 投稿者:【 Medical Director 】

当院の矯正治療はワイヤー矯正(従来型)のみでしたが、昨年からマウスピース型の矯正治療も行うようになりました。

 

当院で行なっているものは Invisalign(インビザライン)です。

 

Invisalign(インビザライン)はマウスピース型の矯正装置の中でも世界シェアNo.1の製品です。

 

そもそもマウスピース型矯正のメリット・デメリットは何かを今回のブログにあげたいと思います。

 

【メリット】

1、透明で目立ちにくい。

2、クリンチェックという治療計画を作成し、患者様・医院側の双方にゴールを可視化することができる。

  コンピューター上で3Dシュミレーションされた治療計画を見ることができる。

3、取り外しが可能のため、歯磨きが楽。虫歯や歯肉炎になりにくい。

4、プラスチック製なので、金属アレルギーの方も矯正治療ができる。

5、少しずつ歯を移動させていくので、ワイヤー矯正よりも比較的痛みが少ない。(使い始めは痛みが出やすい)

 

【デメリット】

1、装着時間が20〜22時間以上を厳守しなくてはならない。(食事の際以外は装着)

2、患者様の協力が必要。(協力がないと治療が進まない)

3、ワイヤー矯正よりも費用が高くなる。

4、歯並びや噛み合わせによりマウスピース型矯正単独では治療できない場合があり、その場合は、ワイヤー矯正が必要になる。

 

 

以上が挙げられます。

矯正相談は無料で行なっております。

また初診の方は当院のホームページからネット予約も可能です。

歯並びや噛み合わせが気になる方は、是非お問い合わせください。


RE勉強会【3月15日】

カテゴリー:勉強会、セミナー 投稿者:【 受付チーム リーダー 】

【メンバー】

篠崎 野口 三河 市成 増田

 

【内容】

1、共有事項

2、新人教育について

3、電話での道案内

 

【感想】

やっと電話対応で道案内の練習が出来ました!

今回は、以前の受付勉強会で講師の方をお招きし実践した、

《道案内を録音し確認する》という練習を行いました。

実際に録音を聞くと、自分が話している声と、機械を通して伝わっている声が全く違かったり、

他のメンバーがどんな風に伝えているのかなどとても勉強になりました。

電話対応は相手の顔が見えないので、とても大切で伝え方次第で受け取り方が変わってしまいます。

今後もこういった練習を行い受付全員でスキルアップし、もっとよりよい対応ができるように頑張ります!


【4月の休診日について】

4月の休診日についてのご連絡です。

 

4月は休診日なしで診療いたします!

 

土・日・祝日全て診療しておりますので、

歯にお悩みの方がいらっしゃいましたら、

お気軽にご相談ください。

 

 

T  E  L      :047-381-7212

受付時間:平日 9:00〜19:00

土日祝 9:00〜18:00


堀口紀 歯科医師が歯周病認定医となりました!

本院の堀口 紀 歯科医師が

日本歯周病学会 認定医

の資格を取得いたしました!!

syasinn

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
歯周病とは?

歯垢など、歯についたゴミの中にいる菌が原因で発症する病気です。

歯ぐきが腫れたり、出血してしまったり、

歯を支える骨が溶けてしまったり

歯が抜ける、といった症状が起こります。

 

詳しく知りたい方は堀口先生が書いたこちらをご覧くださいね!

歯周病について

歯周病について〜治療編〜

 

 

歯周病認定医とは?

5年以上の期間、学会に在籍し

3年以上の期間、学会で認められた機関での研修・臨床経験を積み

症例を提出後、筆記試験を経て資格取得した歯科医師のことを言います。

歯科医師とはまた別の資格で、+αの経験を積まないと取得できない、

歯周病の専門資格です。

 

歯周病に限らず、歯についてのお悩みがある方は、

まずは相談だけでも大丈夫なので、

お気軽にお電話お待ちしております!