治療で終わりじゃない!その先にある予防とメインテナンス

image   一見綺麗ですが、器具で触ると白いものが付着しているのがわかります。   これが歯垢(しこう)別名プラークと呼ばれるものです。     このちょっとの歯垢の中には1000〜2000億の細菌が潜んでいるのです。   面積にすると手のひらくらいの大きさ!!     歯を磨かない人は1兆を超える細菌が生息しています。     これらは便の10倍以上!1       恐ろしいです…                     わかりやすくいうと。           はああはい     排水溝のぬめり!!     これと同じものがお口の中に存在していると思うと…                 いますぐ歯磨きをしたくなりませんか??(笑)       歯医者で検診してもらおうかな、と思ってもらえたら嬉しいです。                       歯垢     先ほどのプラークが残ると、唾液と混ざり石のような塊ができます。     これが歯石(しせき)と呼ばれるものです。     歯石自体は悪さをしませんが、この歯石にもプラークがどんどん住み付くのです。     あ     歯の表面や歯茎の隙間にはこのように沢山の細菌が潜んでいます。                   ご飯を食べることが出来なければ栄養補給が出来ません。       つまりお口を清潔に健康に保つことは全身の健康にも繋がるのです。     いつまでも健康でいられるようにお口のメインテナンス、全身の健康を守りましょう!                       メインテナンスを行う目的   ☆虫歯、歯周病の予防 ☆発病・再発の防止 ☆進行抑制 ☆口腔内の健康維持 ☆バイオフィルム(歯周病や虫歯の細菌)の除去               定期的に診ていくことでお口の健康を維持していくことができます。   当院で行う内容は   ・虫歯のチェック ・歯周病のチェック ・クリーニング   です。     また、一年に一度歯のレントゲンとお口の中の写真を撮影します。   これらを行う理由は骨の状態の確認や虫歯や歯周病が見られないか確認、歯ぐきの状態や噛み合わせ(咬合)の確認をするためです。                         普段の歯磨きでは落としきれないバイオフィルム(虫歯や歯周病の細菌)を私たち歯科衛生士がクリーニングで落としていきます。 皆さんが行う歯磨き(セルフケア)と、歯科衛生士が行うクリーニング(プロフェッショナルケア)の二つがあることでお口の中の健康が保たれます。         痛いから…     ではなく     健康でいるために!       是非定期的にメインテナンスを受けましょう!   そして綺麗で健康な歯を守りましょう♩   は     医療法人社団 栗林歯科医院 歯科衛生士 小野寺志穂            ]]>

最近の記事

  1. お口の撮影でモチベUP!治療後の変化を見よう!

  2. 秋葉原総合歯科クリニック様に当院見学にお越しいただきました

  3. 【体験談】大人になってから矯正始めました!

アーカイブ
TOP