歯科衛生士勉強会【10/6】

【課題】

◆口腔内写真(12枚法)をマスターする

 

◆MFTトレーニング練習

 

◆本院、第2診療所で情報共有したいこと、引き継ぎ

 

 

 

【内容】

 

◆前回の勉強会の続きで正確に、円滑に撮影ができるようにする。

今までの五枚法とプラスして口蓋側、舌側の撮影方法をマスターする。

カメラの構え方、ピントの合わせ方、ミラーの入れ方、患者様への撮影説明。

 

◆せきど矯正歯科を見学させて頂き、レクチャーを受けたので

衛生士間で情報共有をしました。

・吸い上げが苦手な方は奥から前方に出す練習

・一度舌を噛んでから後方に持って吸い上げる練習

・舌を前方に出すのが苦手な方は舌の挙上をしっかりと行い、繰り返し練習

その後先端に力を入れて前に出す。

前に出して左右の偏りがないかをチェックをし、側方に偏るようだったら力がない方を出すトレーニングを繰り返

す。

 

 

【感想】

 

今回の勉強会では実習をメインに行いました。

MFTは奥が深く、ステップステップに合わせて進めていくことで舌が動きやすくなると実感しました。

いかに患者様にわかりやすく説明できるか、習慣的に取り入れて頂けるか・・・・

筋トレと同じで時間が掛かります。

これからMFTの症例が増えていく思いますで私たちも力を入れていこうと思っています。

 

口腔内写真は患者様の治療過程がわかるものなので正確性が必要になります。

歯周病治療では炎症を見落とせないので少しの変化でもわかるように技術を上げたいと思います。